fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




アメリカ人の単位 - 温度

我々は摂氏を使いますが、アメリカ人は華氏を使います。マイケル・ムーアの"華氏911"の華氏です。

換算式はC=(F-32)×5/9となっています。Cは摂氏、華氏はFです。

数学が苦手な方は見ただけでイヤになりそうですが、身長、体重、距離と違って正確に計算する必要はありませんからね。化学者の実験とかは別でしょうけど、我々が温度の話をするときは大抵気温の話ですからね。28℃だろうと29℃だろうと対して関係ないですよね。

ということで、まずは基準となる温度を覚えましょう。

0C=32F、10C=50F、20C=68F、30C=86Fとなります。

そんなに覚えられないという方は10C=50Fだけでも覚えておきましょう。あとは10Cごとに18Fを加えたり、引いたりすればOKです。

あとはこの0C、10C、20C、30Cの一番近いものから、1Cごとに2Fを引いたり、加えたりすれば大体分かりますよね。

32Cだったら86+2×2で90F。

5Cだったら50-2×5で40F。

56Fだったら50+2×3=56だから10+3で13C。

けっこう簡単に計算できますよね。

ちなみに普通に温度の話をするときは25 degreesというようにただ単に"度"と言いますが、これが通用するのは同じ単位を使う人の間のときだけ。

アメリカ人同士、日本人同士だったら普通に通じますが、

The average temperature in Tokyo exceeds 25 degrees in August.
「8月の東京の平均気温は25度を越える。」

なんていうと、アメリカ人は"なんて寒い国なんだ!"と誤解しかねません。

その場合は25 degrees Centigradeもしくは25 degrees Celsiusといいます。華氏の場合は25 degrees Fahrenheitといいます。

こうすれば誤解されることはありません。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
コラム・ニュース・雑記帳