TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




単語を追いかけるな

英語学習者が陥りがちな罠の一つに単語一つ一つを追いかけるという罠があります。これはどっちか言うとまじめにコツコツと教材を勉強していく人が陥り勝ちな罠なようです。

具体的に言うとリスニングの際に最初は単語一つずつは聞き取れているのに、そのうち聞いているうちに話者が何を言いたいのかが分からなくなってくる。一つ聞き取れない単語があるとそれが気になってその後の部分が聞き取れなくなってしまうという症状です。

US President George W. Bush announced his courageous space development program including the project to send astronauts back to the moon as the main plan.

という文があるとします。単語一つ一つを追いかけるとどういうことになるかというと、US、President、George、W. Bush、announced…というように一つ一つ区切って単語を確認するように聞いてしまうのです。で最後まで聞いてみると、"単語は全部聞き取れたけどどういう内容だったっけ?"ということになってしまいます。

もちろんそんな聞き方ではとても疲れますし、意味がつかめません、それにわからない単語に出くわした時点で思考が停止してしまいます。

このようなアプローチはディクテーションなどの詳細部にこだわったリスニング訓練には有効です。しかし、試験や会話など話者が何を言っているかを理解することが目的な場合はこのアプローチは有効とはいえません。

極端な話、単語の半分ぐらいが聞き取れなくても意味がわかればいいのです。実際すべての単語を聞き取った上で意味が分かるようになるには相当なレベルのリスニング力が必要です。最低TOEIC900レベルは必要だと思われます。

ですので、ディクテーションなどの詳細部にこだわったリスニング訓練の場合は除いて、リスニングの際は意味がわかるように聞き取るようなアプローチが必要です。ポイントとしては

1、分からない単語があっても止まらないで聞き続ける

2、主語や目的語、否定、肯定など重要なポイント、話者が強調して発音するところなどを聞く

3、文脈をしっかりつかむ努力をする

4、そして何よりもリスニング訓練を繰り返す

コツとしては単語を一つ一つ捕まえようとするのではなく、文全体を受け止めるように聞くことです。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
コラム・ニュース・雑記帳