fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




ノートの作り方

ノートの作り方 from 匿名希望さん

「こんにちは!私はもうすぐ卒業の高三です。大学では英語を専門的に学習するつもりなのですが、最近学校がないこともあり全然勉強していません。

大学合格という目標も達成することができたので、この二ヶ月ほどの休みでTOIECに挑戦したいと思います。なのでTOIECの勉強を始めたいのですが どこから初めていいのかわかりません。一応問題集は買ってみたのですがノートにやって間違えた問題は別のノートに写して答えを書き写す・・・みたいにするのは効果的なことなのでしょうか?

具体的に問題集を利用する際のノートの作り方などアドバイスいただければうれしいです。問題集をやっていて知らなかった単語を抜いて単語帳を作ろうとおもっているのですが、やはり英英辞書の方がいいのでしょうか?ずっと前に買った英英辞書を全然使っていないので(汗v)

長々とすみませんでした。どうぞアドバイスよろしくお願いします☆ 」


問題集のノートを作るのはいいことだと思いますよ。いつでもすぐに自分が間違えたところを確認できますからね。英語は間違えたところを何回も確認することにより上達しますから。
でも2つのことに注意する必要があると思います。

1、ノートは自分の間違えが確認できる最低限のものにする。
→ノートを作るのは予想以上に時間がかかりますからね。できるだけ手短に済ませたいですよね。

2、間違えたところはちゃんと理解するようにする。
→間違ったところをノートに書いても、なぜ自分の考えが間違えなのか、なぜこういう答えになるのかをちゃんと理解しておかないと意味がありません。ノートに書いただけで満足せずにちゃんと理解に努めるべきでしょう。

あと英英辞典はできれば使ったほうがいいと思います。最初は使い慣れてないのですごく大変に感じますが、慣れてくればすらすら読めるし、英和辞典よりも意味を深くできますからね。

ただ自分の単語帳を作るときは英英辞典の内容を書かなくてもいいと思います。やっぱり英英辞典のほうが長いですから、書くのが大変です。それにパッと見て分かりませんからね。例えばfosterという単語の場合
英和だと"育成する"でいいのですが
英英だと"to help to develop a skill, feeling, idea etc. over a period of time"
と長くなりますから、パッと見て意味がわかりません。復習はできるだけ短くしたいですからね。単語帳に書く場合は英和のほうがいいと思います。

ただどうしても日本語では表しにくい単語というのがありますから、その場合は英英で書くとか、日本語で説明をつけておくなどの工夫が必要でしょう。

またその単語が出てきた文の一部または全部を書いておくのも効果的です。その英文と一緒に覚えちゃえますから。より深い理解と早い理解が可能です。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
皆様のお便り・ご質問