TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英文法書を選ぶのは難しい

苦手解消のカギは英文法で英文法を理解することの大切さを書きました。

ではよい英文法書はどうやって選べばいいのでしょうか? それが困ったことに世の中にはあまりいい英文法書がありません。

しかも英文法書ほど選ぶのが難しい英語教材はありません。初心者から見ると一見いい英文法書でも実は全然役に立たないものだったりします。

ほとんどの英文法書は以下の2つに分けることができます。

1、やたらとマニアックで分かりづらいもの
2、暗記に頼ったもの

2の暗記に頼ったものがダメな英文法書であることは苦手解消のカギは英文法を読んだ方ならお分かりいただけると思います。

1のやたらとマニアックで分かりづらいものもいい英文法書とはいえません。これらの英文法書は理解を重視している点はいいのですが、どうでもいい例外的なことばかり書いてあったり、初心者には分からないことばかりだったりします。

ということはよい英文法書は説明がマニアックではなく分かりやすく、しかも暗記に頼っていないものということになります。

私はいろいろな文法書を見てきましたが、私が100%オススメできるものというのはありません。

私が通信簿がずーっと2だったほど苦手だったのに、半年で45→72、1年でTOEIC 900を達成できたのは「英文法が分かるようになったから」というのが大きいんです。

英語が苦手だった一人の人間として、英語が苦手な人は例外なく、英文法が苦手だと実感してます。
その経験を照らし合わせても、100%オススメできる英文法書というものはありません。

そこで、「オススメできるのがないのなら、自分で作ってしまおう」ということで、現在、英文法メール講座、「分かる! 解ける! 英文法!」と「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」を行っております。

こちらで英文法をしっかりと理解してください。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英文法勉強法