TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英検は合格しないと意味がない?

英検の特徴の一つが級です。自分のレベルに合った試験を受けられるというメリットがあるのですが、逆にデメリットもあります。

それは結果が合格と不合格の二つしかないことです。1点差で落ちた人も0点で落ちた人も同じ不合格ですし、ギリギリ受かった人も満点で合格した人も合格です。

一応、不合格の中にも不合格A、不合格Bなどとありますが、残念ながら世間ではこの基準はあまり知られておらず、不合格となってしまいます。

ついでに言えば不合格の人も受験すらしたことがない人も同じ扱いとされてしまいます。

TOEICやTOEFLの場合はこういうことはおきません。例えば600点を目指している人が595点取った場合と100点だった場合では大きな開きがあります。

両方とも目標点に届かなかったという点は変わらないのにです。

また600点の人も860点の人も目標点を越えているという点は同じですが、その差は大きいですよね。英検では595点と100点の人、600点の人と860点の人が同じ扱いになってしまい、595点と600点の人ではまったく扱いが違います。

ですので、級を選ぶ際には慎重に選んでください。先ほども書きましたが最初はダブル受験をオススメします。

もちろん自分の力試しという意味で受験し、合格か不合格かはどうでもいいという方にとっては1点差と不合格とギリギリ合格は同じぐらいの価値です。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英検対策、攻略法