fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




TOEFLの概要

1、利用状況

TOEFLはみなさんご存知のように、ほとんどのアメリカとカナダの大学・コミュニティーカレッジ(短大のようなもの)・大学院が留学生の入学を選考する際に授業についていけるだけの英語力があるかチェックするために使用しています。

ほとんどの大学では「我が校に入るためにはTOEFLは○○○点以上必要です」というようにボーダーを設けています。TOEFLの点さえよければ入学できるわけではないですが。

どうしてもTOEFLの点は必要です。また学校によってはTOEFLを必要としなかったり、基準より多少下回っていても入学を認めるところもあります。

しかし知名度の高いしっかりとした学校はだいたいの場合スコアを要求します。また基準を下回った場合は入学できてもその学校でESL(ELSとは違います)という英語コースを修了してからじゃないと正規の授業を受けられなかったり、ESLと正規授業を両方受けなければならなかったりと条件がつきます。どっちにしろネイティヴに混じって英語の授業を受けるわけですからどちらにしろ英語力は要求されます。

2、TOEICとTOEFLの違い

TOEFLの主催団体はTOEICと同じETSというアメリカのテスト製作団体が作っています。名前も似ているし、両方とも社会的認知度が高いので両者の区別がつかない人もけっこういます。TOEICが日本で就職の際に使われ、内容は一般的な会話+ちょっとしたビジネスであるのに対し、TOEFLは北米の大学に入るのに使われ、内容はアカデミックなものが多いです。

詳しく言うとリスニングでは「今日は○○時代の○○族の生活ぶりについての授業です…」のような授業内容だったり、「ねぇ、今晩野球見に行かない?」「ごめん、明日までの生物学のレポートが終わってないから今日必死でやらなきゃいけないんだ、今図書館に行くところなんだよ…」のようなキャンパス内での会話などです。

またライティングの問題もありますし、問題のバランスも違います。TOEICはリスニング50%、語彙・文法30%、リーディング20%なのに対し、TOEFLはリスニング33%、ライディング+文法33%、リーディング33%とバランスよくなっています。

またTOEFLはアメリカやカナダでもかなり認知されていますが、TOEICはほどんど知られていません。そして一番の違いはTOEICがペーパーテストなのに対して、TOEFLはコンピュータでテストを行なうというところでしょう。コンピュータでやるため、TOEICと違いTOEFLセンターの席に空きがあれば好きな日に受けられます。

3、問題構成

問題のバランスはリスニング33%、ライディング+文法33%、リーディング33%の3セクションからなっています。それぞれのセクションの時間と問題数は下記のようになっています。順番も下記のとおりです。

リスニング:40~60分、30~50問
ストラクチャー(文法):15~20分、20~25問
休憩:5分
リーディング:70~90分、44~55問
ライティング:30分、1問

時間と問題数は回数などによって変わります。

4、評価のされ方

それぞれのセクションは30満点です。TOEICと同様、問題の難易度により変わる方式です。ですから簡単な問題の時80%正解した人と難しい問題の時80%正解した人では後者の方が点数が高いわけです。

そして総合点は{リスニング+(ストラクチャー+ライティング)+リーディング}×10÷3で計算され、満点は300点です。例えばリスニング24、ストラクチャー+ライティング25、リーディング29の人は{24+25+29}×10÷3=260となります。ただしコンピュータ形式(CBT)が日本で導入されたのはつい最近ですし、昔のペーパー形式(PBT)では採点方式が違い満点も違うため一般には点数が非常にわかりづらいです。ちなみにPBTの満点は677です。一応CBT⇔PBT⇔TOEICの換算表を載せておきます。

TOEFL(PBT)TOEFL(CBT)TOEIC
6773001095
6502801017
600250875
550213730
500173586
450133443

※TOEICの点数は5点刻みです。あくまで比較ということで。またTOEICの満点は990です。つまり650を取った人はTOEICではもう物足りないということです。

TOEICとTOEFLの両方を製作しているETSがCBT、PBTとTOEICの換算式を発表しているのでそれに基いています。ただし形式も違いますし、TOEICとPBTはペーパーのためいろいろなテクニックが使えますし、CBTにはライティングがあるためぴったり当てはまるというのはまれです。実際のところTOEFLの方が難しいのでこの表より低い点がでるそうです。例えばTOEICで875とった人がCBTで250取るのは相当難しいそうです。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
TOEFL対策、攻略法