fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




TOEFL受験記

今日はTOEFLを初めて受けてきました。会場は新横浜です。初めてなので勝手がわからずけっこういろいろと戸惑いました。

まず着くと会場ナンバーと受験番号を言ってパスポートを見せてID確認。そのあと同意書を渡されそれに必要事項を記入するのだが、それが大変だ。4行もある英文を写し書きしなければならない。しかも机はない。しかも筆記体で書けと書いてある。しかしボクは筆記体は書けないので普通の字体で書いて出してしまった。

なぜ筆記体なのか理由はわかりません。なんでだろ?筆記体で書けと言われたら書けませんと言う予定だったが何事もなかったようです。ちなみ最近のネイティヴでも筆記体書けない人がかなり多いし、読みづらいのであえて書かないという風潮が広まりつつあるそうです。

そのあとパスポート以外のものをロッカーにしまった。今回とても驚いたのだがTOEFLはやたらと警備が厳重である。TOEICや英検とはぜんぜん違う。試験室にはパスポートとロッカーのカギしか持って入れないのだ。しかも試験室には一人ずつ名前が呼ばれ一人ずつ入念に電話番号、住所などのチェックを受けなければならない。しかもIDはパスポートが必要だ。別に免許書でもいいのだが余分な書類を書かなければならなかったり、別のIDも必要だったりとすごくめんどくさい。パスポートならパスポートだけでいいのでそれがベストな選択なような気がする。

ロッカーの番号は好きな番号の7を選んだ。そしてしばらくすると名前が呼ばれ、住所、電話番号などを確認し入室。ドアが2重になっているし監視カメラもついている。ほんとに警備が厳重だ。

席につくとヘッドフォンをつけて試験の指示をコンピュータスクリーン上で読む。やたらと説明が長く読むだけでもかなり疲れる。そしてパソコンを使っている人には無用なクリックの仕方とかマウスの移動の仕方とか画面のスクロールのさせ方とかも知っていても聞かなければならずすんごくめんどくさい。

そして次にヘッドフォンの音声調節。しかしこのヘッドフォンはかなり質が悪い。音が割れまくりである。大きくすると音が割れてしまい、余計聞きにくい。一人の空間でヘッドフォンを使えるTOEFLより大教室だけど音の質のいいTOEICや英検の方がはるかに聞きやすいなぁと思った。そんな状況で音割れまくりの状態でリスニングスタート。あまり手ごたえはよくなかった。当たり前だがTOEICと違ってすべて大学キャンパス内での会話だった。その点は私は大学生なのでアドヴァンテイジがあるかもしれない。

しかし、ディレクションを読む時間も試験時間に入ってるのはかなり不公平な気がする。あと注意すべきなのはTOEICのリスニングと違って1問当たり回答時間は特に決められてない。TOEICだと受験者がマークをしようがしまいが勝手にどんどんテープが進んでいくが、TOEFLでは受験者が回答するまで前に進まない。その代わりリスニングの回答の合計時間が指定されている。つまりゆっくり考えてもいいがその分あとの問題に使える時間が減ってしまうのだ。TOEICのリーディングセクションと同じである。だからTOEICと違ってリスニングが最後まで終わらないこともある。

そのあとストラクチャーセクションに突入。またわかりきった説明を聞いたあとテスト開始。このセクションだけはあらかじめある程度対策をしてあったのでなかなかいい手ごたえだった。所定時間の約半分で終わってしまった。1問だけよくわからない問題があった。あとストラクチャーセクションとリスニングセクションでは1度答えた問題には戻ることができないので見直しはできない。

そのあと5分の休憩である。この間退室はOKなのだが、時計はロッカーにしまわなければならないので、試験監督に"5分以内に戻ってきてください"といわれても…。ちなみに試験開始時刻も受験者によって違うし、私みたいに所定時間より早く終わってしまう人もいるので休憩時間は人によって違う。なのでますます"5分以内に戻ってきてください"といわれても困ってしまう。

とりあえずトイレに行き1分ほどソファーに座って再入室した。そして私の苦手なリーディングセクションである。3度わかりきった説明を聞きテスト開始。けっこう簡単だなぁとすらすら進んでいった。3~5問自信がない問題があったが、いい手ごたえだと思ったんだけど…。リーディングセクションではリスニングやストラクチャーと違って前の問題に戻れるのでご安心を。

そして最後のライティングセクションに突入。テーマは「人間は地球を破壊しているのかそれとも発展させているのか?」というものだった。私は発展には多少の破壊は伴うのは仕方がないと思うが、例えば木を切ったら新しく種を撒いて木を育てるなどの形で自然を守るべきだと書いた。あまりいいできではなかったように思う。

試験が終わったと思ったら、興味もないのにアメリカの大学にスコアを送る方法という長い説明を聞かされてうんざりする。そしてスコアの発表。リスニング24/30。うーん調子悪かったしこれはしょうがないな。ストラクチャー+ライティング13(だいたいこんぐらいだった気がする)~29。まぁこんなもんだろ。リーディング25?なにぃ?なんでやねん。はっきり言って手応えは抜群だっただけに納得行かず。おそらくTOEFLの引っ掛けにもろに引っかかっていたのだろう。リスニングとリーディングは対策はしなかったんで。総合210(こんぐらいだった気がする)~260。そうかぁまぁ今回は下見受験だからなぁ。でもちょっと思ったよりできが悪いなぁ。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
TOEFL対策、攻略法