TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




TOEICリスニング攻略

※お知らせ:下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEICはTOEFLや英検と違い、TOEICでは半分がリスニングの問題となっており、リスニングは非常に重要になっています。

さて、そのリスニング問題ですが、実はリスニング力と同じぐらい重要な要素があります…。

それは集中力です。

TOEICを受けたことがある人は分かると思いますが、45分間も集中して外国語を聞くというのはかなり大変な作業です。どうしてもふっと気が抜けてしまい、聞き逃してしまうことがあるものです。ですので、それをできるだけ少なくするため頑張って集中しましょう。

とりあえず集中力を切らさない対策としては、

1、次の問題文をあらかじめ読んでおく。
2、分からなかったらいつまでも悩んでないで直感で選んで次に備える。
3、終わった問題はもう気にしない。
4、ディレクションでは休憩を取る。

このような点が挙げられます。

まず1の"問題文をあらかじめ読んでおく"ですが、これはTOEICの参考書にはかならず書いてあることですが、とても重要なことです。例えば、

51. Where is Jason likely to go tomorrow?
A, Mr. Zito's house.
B, A supermarket.
C, A liberary
D, A convinience store

と書いてあるとします。

これを読んでおけばJasonが明日どこに行くのかという情報のみを聞けばいいわけですから、そこにのみ集中すればいいので、ポイントが絞れてきます。さらに選択肢を読んでおけばその候補まで分かるのでますます絞れてきます。

次に2の"分からなかったらいつまでも悩んでないで直感で選んで次に備える"です。

これは1の"問題文をあらかじめ読んでおく"ためにやることなのですが、リスニングで一問の音声が終わってから、次の問題の音声が流れるまでの時間は6秒程度と言われています。つまり6秒の間に

1、どれを選ぶか決める
2、マークをする
3、次の問題文を読む

という作業を行わなければならないのです。1であまりに時間をかけすぎると3の時間がなくなってしまいます。さらに悲惨な場合には次の問題の音声が流れ始めてしまい、聞き逃してしまいます。

そのため、考えてもなかなか分からない1問のために次の1問が台無しになってしまうのです。リスニングでは悩んでいる時間はありません。

それに時間をかけても正答率がそれほど上がるわけでもありません。

それに3択、もしくは4択なのですから、最低でも25パーセントの確率で当たるわけです。

それに大抵の場合1つか2つはどうみても違う選択肢がありますから、少なくとも33パーセントの確率であたるわけです。ですのでじっくり考えても分からない1問は直感で選んでしまい、次の問題にしっかりと備えるほうが高得点を取れるわけです。

そして次の3の"終わった問題はもう気にしない"です。

これは2よりも悪いことです。2は今解こうとしている問題に時間をかけすぎているわけですが、3はもう終わってしまった問題を気にしているのです。

はっきり言って、普通についていくだけでも大変なTOEICのリスニングで、前の問題を直すなんてことはできません。もう1度言いますが問題と問題の間には6秒しかないんです。

直す暇さえない問題のことを気にして今やっている問題への集中力がそがれるなんて本当にもったいないことですよね。

そして最後に4の"ディレクションでは休憩を取る"です。

はっきり言って45分間もずーっと集中しているのは不可能だと思います。そこでどこかで多少は休憩を取りたいわけですが、そこはやはりディレクションの間しかないでしょう。ディレクションというのはPart1~Part4の前に流れる指示文のことで、"これからこういう問題を出します"というアナウンスメントです。

毎回同じことを言っているだけですし、どういう問題が出るかは模試を1回解けば分かることです。この文を集中して聞く必要はありません。休憩を取るなり、問題文をあらかじめ何問か読んでおくなり、この時間を有効に使いましょう。

やはりTOEICのリスニングの決め手はリズムです。

1、どれを選ぶか決める
2、マークをする
3、次の問題文を読む

このリズムを壊さずしっかりと集中する必要があります。それには考えてもよく分からない問題をいろいろ考えている暇はありませんし、ましてや前にやった問題を考えている暇もありません。本当に大変な45分間ですが、なんとか乗り切りましょう。

オススメTOEIC対策は↓から!

1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!
「TOEIC 900突破しました! しかも文法問題満点です!」など、続々成果を出されていて、名以上の方が受講されている人気講座。

ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning
「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破しました!」など、初心者でも成果が出ている人気講座です。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
TOEIC対策、攻略法