TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




TOEICスコアは偏差値?

※お知らせ:下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEICのスコアはなかなか理解するのが難しいものです。私のところにもよく質問が来ます。100%わかっている人はほとんどいないと思いますし、私も詳細部分はよく分かりませんが、こちらのコーナーではできるだけわかりやすいように概略を説明したいと思います。

一番多い勘違いが"1問5点"という勘違いです。TOEICにはリスニングセクション、リーディングセクションそれぞれ100問ずつあり、満点が495点。さらに5点刻みということで"1問5点"のような絶対評価と勘違いする方が多いのです。

そこでよく"なんで500点満点じゃないんですか? それとも99問正解なら満点ということですか?"という質問をよく受けます。

次に多い勘違いが"パート1は1問3点、パート4は1問7点"というように難易度によって配点があるという勘違いです。これも間違えで、パート1の1問もパート4の1問も価値は同じなんです(少なくともそういうことになっています)。

実はTOEICの点数は1問何点という方式ではないんです。"TOEICの点数は偏差値みたいなもの"と考えると分かりやすいと思います。

偏差値はほとんどの方がご存知ですよね。はい、そうです。大学受験でよく出てくるやつです。50が平均で上に行けば行くほど他の受験者よりいい点を取った。50より下に行けば行くほど他の受験者より悪い点だったというやつです。

例えば100点満点のテストで平均が70点だったとしましょう。すると85点の人は偏差値55ぐらいでしょうか。

しかし平均点が30点だったとしたら同じ85点でも偏差値は75ぐらい行くかもしれません。また75点でも平均が30点なら偏差値69ぐらい行くかもしれません。

このように重要なのは"何点取ったか"ではなく"他の人と比べてどうだったか"ということです。

TOEICの点数も同じようなものなんです。リスニングセクションで平均で100問中50問正解だったとしましょう。そこで70問正解なら350点ぐらいでしょうか。しかし同じ70問正解でも平均が30問正解だったとすると430点ぐらい行くかもしれません。

だから"今回は簡単だった"と喜ぶことはできません。なぜならたとえあなたが50問正解できたとしても、みんなが60問正解したら平均以下になってしまうからです。

また逆に"今回は難しかった"と悲観することはありません。たとえ40問しか正解できなかったとしても平均が30問正解なら平均より上だからです。もちろん前者の50問正解の人より後者の40問正解の人のほうがいいスコアになります。

「いつ受けても、その人の実力が同じなら毎回ほぼ同じスコアが出る」というTOEICの秘密はここから来ているのです。
「1問5点」というような絶対評価では簡単なときに受ければ、いいスコアが取れ、逆に難しいときに受ければ悪いスコアになってしまう不公平な状況になってしまいますからね。

難しいときに受けても、簡単なときに受けても、実力が同じならほぼ同じスコアが出ることになっていますので、安心してTOEICを受けてください。

TOEIC満点を目指す人以外には関係ない話ですが、TOEICがこのような仕組みになっっているために、問題が難しいときにはリスニングで90問正解でも満点の495点を取れることがあります。あまりに問題が難しく平均が低いため、100問正解の数値が495を超えてしまい、515などとなってしまうからです。

しかしTOEICでは495が上限のため本来は515なのに495と出てしまうのです。逆にあまりに問題が易しいと10問正解でも最低点の5点になるかもしれません。

またさらには問題があまりに易しいとみんなが正解してしまい、たとえ100問正解しても495行かずに480などになってしまうことがあります。ですから合計980点でも1位ということもあります。

そのためTOEICはどの回を受けても英語力が同じならほぼ同じスコアが出るようになっているのです。偏差値のようなものですからね。問題が簡単だろうと問題が難しかろうとほぼ同じスコアが出るようになっているんです。ちなみにTOEIC製作側によると誤差は±25点だそうです。

一応私がわかっている限りはこんなところです。理解しにくいですが、

1、偏差値みたいなもの。
2、自分の正解数ではなく、他人との比較で決まる。
3、いつ受けても英語力が同じならほぼ同じスコアが出る。

これさえわかっておけば大丈夫です。

オススメTOEIC対策は↓から!

1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!
「TOEIC 900突破しました! しかも文法問題満点です!」など、続々成果を出されていて、名以上の方が受講されている人気講座。

ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning
「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破しました!」など、初心者でも成果が出ている人気講座です。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
TOEIC対策、攻略法