fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




管理人が英語苦手を克服した過程は?

ちょこさんからのご質問

「はじめまして。メルマガいつも楽しく拝見しています。

実は来年、大学院試験を受けようと考えているんです。試験は英語(訳のみ)と専門科目なんですけれども、私は英語が大の苦手で、今年の4月から毎日5時間~8時間勉強をしているんですが、なかなか思う通りに覚えられていないような気がします。

少しづつ学力はあがっていると思うのですが…

先日、大学院の英語の過去問を見たらまったく訳せませんでした。なんだがすっかり自信をなくしてしまって。

あと8ヶ月しかないので本当に間に合うのかどうか。

kenさんは、英語が苦手だったとおっしゃっていましたが、受験のために一日どれくらい勉強したんですか?

英語を勉強し始めてどれくらいで、手ごたえを感じ始めましたか?

お忙しいところ申し訳ありません。よろしくお願いします。」


私の勉強歴が多少参考になるかもしれないので、少し関係ない話になってしまうかもしれませんが、少し紹介しておきます。

私が英語の勉強を始めたのは高校2年生の夏休みからです。それから10月ごろまでは予備校の授業をのぞけば1日1~3時間ぐらい勉強していました。夏に45だった偏差値が10月に56になりました。

当時はまだ英語苦手意識が強く、私は嫌いなものはやらない性格なので授業の復習や単語帳など最低限のことしかやっていなかった気がします。(後で考えるとそれがよかったのですが)

56になったことで調子に乗り、基礎ができていないのにも関わらず難しい問題を解きまくっていました。2年生の当時は数学と英語しか勉強していなかったのですが、3年生になったら数学や物理、化学と理系科目で忙しくなるので2年生のうちに英語を得意にしておこうと考えたのです。そのため数学1に対して英語は3ぐらい勉強していました。1日8時間勉強したら、数学は2時間、英語は6時間という感じです。

しかしまだ基礎が全然できていないのに難しい問題ばかりやっても意味がありませんでした。そのため1月には偏差値が53に下がってしまいました。逆にあまり勉強していないと思っていた数学は10月の59から1月には67に上がっていました。英語に時間をかけたために基礎しかやる時間がなかったのですが、逆に基礎に集中できたためによかったようです。

このときは自分には英語の才能がないんだとつくづく思いました。毎日6時間ぐらい勉強しても偏差値が下がるんですから。でも後で分かったのですが、それはやり方が悪かっただけでした。

1月当時の私は56より上は上級レベルだから難しい問題を解けるようにならないといけないと考えていました。単語帳や英文法の基礎などは下のレベルの人がやるものだからそっちをやったら偏差値が下がると考えていました。しかし1月下旬か2月の上旬の模試でも54と大して偏差値が変わりませんでした。

そこで一時的に偏差値が下がってもいいから基礎をやることにしました。単語帳や英文法の基礎をやったわけです。しかし下がると思っていた偏差値は一気に上昇し、2月の下旬には63になりました。そして3月上旬には72まで伸びました。このころも勉強時間は1日6時間ぐらいやっていたと思います。

しかし偏差値は上がっても英語ができるようになったという感覚はなかった気がします。英文法の問題やリーディングの問題でも"これが答えである理由はこうだ!"と説明ができなかったからです。自分は英語ができるようになったという感覚ができてきたのは3年生の6月から夏休みあたりにかけてだと思います。

3年生になってからは理系科目が忙しく、英語を勉強する時間は1~4時間ぐらいと短くなったのですが、3年生になって新しく取った授業の講師がとてもいい講師で、"これが答えである理由はこうだ!"と分かるように授業をしてくれたのが大きかったと思います。このころになると英文がすべてパズルのような感じですらすらと読めるようになっていましたし、文の構造もすぐに見抜けるようになっていました。

長くなってしまいましたが、私が英語苦手を克服した過程はこのような感じです。

ちょこさんがどのような勉強をしてらっしゃるのかは分かりませんし、ちょこさんの英語のレベルがどの程度のものか分からないのではっきりとしたことは言えませんが、英語が苦手であればまだ8ヶ月もあるのですし、一度基礎からやり直してみるといいかもしれません。

詳しくはホームページで解説しているので、そちらを参照していただきたいのですが、英語の基礎は語彙・リスニング・英文法です。ちょこさんの場合は院試でリスニングは出ないでしょうから、語彙と英文法ということになります。

私の経験上、英語が苦手な人は英文法が苦手であるために英語が苦手になってしまっていますから特に英文法をやるといいと思います。

詳しい勉強法はホームページを参考になさってください。
語彙
英文法

ちょこさんの場合は院試対策ですから、英文はもしかしたら専門的な英文が出るのかもしれませんね。もしそうだとしたらこれに加えてその専門分野の英単語も勉強してみるといいと思います。

まだ8ヶ月ありますし、毎日かなりの時間勉強してらっしゃいますので、正しい方法で勉強すれば院試までに英語苦手を克服するのは十分可能だと思います。頑張ってください。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
皆様のお便り・ご質問