TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英文法ができてもしゃべれない

Keiさんからのご質問

『いつも楽しく読ませていただいております。
ところで私は現在カリフォルニアに住んでおります。

ところが周りは日本人だらけ・・・気がつくと1日、日本語の会話だけで終わってしまった!なんて言う日も多く、ただ長年住んでいると耳だけは慣れてきて英語を理解できるようにはなってきています。

問題は話すことができないのです。私の他にもたくさん悩んでいらっしゃる方がおられます。
ESLに行っても日本人はレベル的には上のクラスに入れるのですが、
(文法ができる方が多いので)ところが、会話力はヒスパニック系の
方に圧倒されてしまい辞められる方も多いです。

この問題は日本人が英語を日本語に訳すことばかりしてきたからだと言われたことがあるのですが・・・。

一体どのような勉強の仕方、またはどのような教材を使用すればいいのでしょうか?
アドバイスを頂ければ幸いです。』


私もアメリカに語学研修に行ったことがあります。
ですので、日本人ばかりで日本語でばかり会話するというのはよく分かりますし、ヒスパニック系に圧倒されるというのもよく分かります。

もちろんKeiさんがおっしゃるように日本語ばかりに訳すクセがあるのも問題だとは思いますが、本当の原因は国民性といいますか、性格だと思います。

我々にとっては、他人がしゃべっているときは黙って聞く、自分がしゃべるのは他の人がしゃべり終わってからにするというのは最低限の礼儀です。

またたとえ誰もしゃべっていなくても自分ばかりずっと話し、他の人にしゃべる機会を与えないのも礼儀に反すると考えていると思います。

ところが欧米、特にヒスパニック、ラテン系はそういう考え方はしていないと思います。
会話や議論はある意味戦いであるように考えている人すらいるように感じます。
とにかく自分の意見をしっかり言うことを考え、相手のしゃべっているときでも割り込んできますし、自分ばかりしゃべっていてもおかまいなしの人が多いように見受けられます。

なので、日本人は自ずとしゃべる機会が少なくなってしまうのです。

なので、こっちは意識的に我々の考えで言えば、ある程度"無礼"になる必要があると私は思っています。
私はそんなに普段しゃべる人間ではありませんが、自分が話せる話題であれば、積極的に絡むように努力しました。


あともう一つ、英語がへたでも気にしないことです。
これも国民性ですが、日本人の場合は、間違ったことを言うぐらいならしゃべらないほうがいいという考え方の人が多いのですが、欧米ではその逆です。
(もちろん会社の重役や政府関係者のように責任のある立場の人は違いますが)

欧米に行って道を聞くと、大して分かってないのに"多分こうだろう"ぐらいの気持ちで教えてくれます。
合っていればいいのですが、けっこう間違っていたりします(笑)。
とにかく自分の主張をしっかりと伝えることを優先する文化のようです。

日本人ならちょっとでも自信がなければ、「分からない」とはっきりと言いますよね。
「分からない」とは言わないまでも、「自信はないけど‥」と前置きをします。

Keiさんは毎日のように体験されていると思いますが、ヒスパニック系の方の英語はかなりブロークンです。
平気で全部現在形でしゃべる人もいれば、複数形を一切使用しない人もいます。

普通の日本人からすると彼らは英語がペラペラのように見えますが、彼らは別に英語が上手なわけではないのです。
間違っているかどうかをあまり気にしていないだけという部分が少なからずあります。
(もちろん本当に上手な人もいますが)


なので、こちらも間違いを気にせずにしゃべる姿勢で臨む必要があります。
さっきのしゃべる機会を増やす努力と合わせれば絶対に会話もうまくなります。
間違いをしたらあとで自己分析して次から気をつければいいだけです。


あと話は変わりますが、
アメリカにいらっしゃるのですから、
ニュースや海外ドラマなどテレビを見まくるのも効果的ですよ。

しゃべれるようになるにはしゃべる練習をしないとダメだと思っている方は多いですが、ネイティヴの会話を聞きまくるのは相当に役に立ちます。
聞けないものはしゃべれないですし、ネイティヴのしゃべり方をいっつも聞いていれば、それが自分にも染み付いて来て、いつの間にかそれに近いしゃべりができるようになってきます。

ヒスパニック系の方とは文化や国民性が違うのでけっこう苦労すると思いますが、頑張ってください!

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
皆様のお便り・ご質問