fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




「〜後に」と言うときのlateの使い方

◆--------------------------------------------------------------------◇
    まぐまぐメルマガ大賞2004ノミネート作品 The English Times
     第356号 2007/03/05 (月) 発行    発行部数 48,600
       発行者:Ken Adams < http://www.thebelltree.com/ >
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをご読者登録いただきありがとうございます。
発行者のKen Adamsです。


「英会話ができるようになりたい!」
「海外ドラマを字幕なしで楽しめるようになりたい!」

という方は多いと思います。

実際、この2つはTOEICに次ぐ、英語学習の動機の2位と3位のようです。

でも、英会話も海外ドラマを字幕なしで聞き取る能力も実はかなりハイレベルな
能力なんです。

当たり前ですが、基礎ができていないのに、いきなり英語が話せるようになった
り、海外ドラマを字幕なしで理解できるようになったりはしません。

私は昔は英語が大の苦手でした。通信簿はずっと2、偏差値は30〜45をうろうろ

でも、数学と物理、化学は得意だったので、難関大学を目指していました。

「難関大学を目指すなら、英語も難しい問題ができないとダメだ。」
と思い、難しい問題ばかりやってました。

英語は苦手だったので、
2ヶ月間、1日に8時間も英語を勉強し続けたこともあります。

でも、偏差値は伸びるどころか下がりました。

でも、そこで、基礎からやり直したところ、
半年で偏差値45→72、1年でTOEIC 900を達成できました。

そして今ではTOEIC 990(満点)を持っています。
その証拠は↓から!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


やっぱり英語、TOEICは基礎からなんです。

英語の基礎は語彙、リスニング、英文法の3本柱。

リーディングや英会話、海外ドラマはあくまで応用なんです。

リーディングは語彙と英文法、
英会話は語彙、リスニング、英文法、
海外ドラマはリスニングの高度な能力と、語彙と英文法の応用なんです。

基礎は正しい学習法でやれば、しっかりと身につきます。

語彙とリスニングの学習法は↓で解説しております。
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

通勤・通学時間を含めても毎日30分〜1時間の学習法です。
↓のイメージを目指して頑張って行きましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legit8image.htm >


そして、基礎3本柱のもう1つ英文法を1からしっかりとやるには、
↓からメール+音声でしっかりお教えいたします。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

↓のようなイメージで英文法を基礎から学べます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51image.htm >

分からない部分があったら私に直接メールで質問できます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



【今号もフレンズから英会話表現を紹介! シーズン3のエピソード2から】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今日はロスの学会。ロスはもちろん、モニカ、レイチェル、チャンドラー、
フィービー、ジョーイも一緒に行くことになっている。

集合場所はレイチェルとモニカのアパートになっている。
すでに、ロス、チャンドラー、フィービーは準備完了。

しかし、モニカは元彼のことが気になって電話しっぱなし。
元彼の留守電を盗み聞きしたりしている。

ジョーイとチャンドラーはいろいろふざけ合っている。
1つのソファーを巡って争ったりしている。

チャンドラーは最初に座っていたのは自分なので自分が座るべきだと考えている
チャンドラーが「どけ」とあまりにしつこいので、ジョーイはソファーのクッ
ションを持って着替えに行く。

クッションを取られた仕返しにチャンドラーはジョーイの下着を隠す。
ジョーイはチャンドラーに「正反対の仕返しをしてやる」と言い残して去る。

数分後、ジョーイが10枚は軽くあるような大量の服を来て戻ってくる。

ジョーイはその状態でストレッチを始める。チャンドラーはあきれ顔。
2人の悪ふざけにロスはついに怒り、「2人とも来るな」と言う。

ジョーイとチャンドラーは「ただ遊んでただけだろ。そこまで怒ることないだ
ろ。」と言う。


フレンズって何? という方は↓をご覧ください。
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://www.thebelltree.com/r/04ac9.htm >

1ヶ月無料! 便利なオンラインレンタル
→< http://www.thebelltree.com/livedoor_dvd.html >

前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2006/05/27920060515.html >


【スクリプト】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ロス: [to Joey] How 'bout instead you go get changed. [to Chandler]
   You give him back his underwear. I'm gonna go get a cab. I want
   everyone downstairs in two minutes. Monica!

[Joey turns to leave and walks out lunging with Chandler in tow.]

チャンドラー: [to Joey] Stop it! Stop it!

[Monica, who has got dressed, comes out of the bedroom.]

フィービー: Ross went to get a cab, so we could all...what are you doing?
      No, Monica, no!

[Monica is at the phone in the living room, dialing.]



Thinking Time ちょっと意味を考えてみてください。


「英文法なんて英会話に関係ない」
そう勘違いしてませんか?

・知っている単語ばかりだし、聞き取れた。でも文全体として意味が分からない
・伝えたい単語は知ってるんだけど、どう文にしたらいいのか分からない

実はこれって、文の構造の知識不足、
すなわち英文法力不足が原因なんです。

私は英文法力不足が原因で英語が苦手でした。
でも、本当の基礎からやり直したところ、1年でTOEIC900達成できました。

英文法は一番下の基礎、「品詞」から築き上げて行けば、理解できるようになる
んです! メール+音声で私がじっくり↓からお教えいたします。
→ < http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

↓のような感じでまるでセミナーを受けている気分です。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51image.htm >

分からないところがあったら、私に直接メールで質問できます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



【日本語訳】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ロス:(ジョーイに)そうじゃなくて、さっさと着替えろ。(チャンドラーに)
   お前は下着を返してやれ。僕はタクシーを捕まえてくる。2分後に下で集
   合だぞ。モニカもな!

(ジョーイは振り返り、ストレッチをしながら去って行く。
 チャンドラーも続く)

チャンドラー:(ジョーイに)やめろ! やめろって!

(着替えを終えたモニカが寝室から出てくる)

フィービー:ロスがタクシー捕まえに行ったわ。集合は‥、モニカ! 何してる
      の!? ダメだって!

(モニカは居間の電話をかける)



【英会話表現解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・instead ロス

「代わりに」、「そうじゃなくて」という意味の表現の表現です。

ジョーイはふざけてばかりいるのですが、
ロスは、「そうじゃなくてさっさと着替えろ」として、

How 'bout instead you go get changed.

と言っています。


ちなみに、具体的に「何の代わりに」かを示すときには、

instead of

とofをつけて使います。


例えば、レストランで、

Can I have bread instead of rice.
「ライスの代わりにパンをいただけますか?」



・get changed ロス

「外に行っても恥ずかしくない格好に着替える」という意味の表現です。

ロスはジョーイにさっさと着替えろとして、

How 'bout instead you go get changed.

と言っています。


他の「着替える」系の表現をいくつか紹介しておきます。

★put on 「〜を着る(動作)」

I put on my jacket and left.
「私はジャケットを着て、出て行った。」

★wear 「〜を着ている(状態)」

I'm wearing two sweaters.
「2枚セーターを着てるんだ。」

★try on 「〜を試着する」

Can I try on these pants?
「このズボンを試着していいですか?」



・give A back B AにBを返す

「返す」というと、returnを思い浮かべますが、
実際はgive backのほうがよく使われます。

チャンドラーはソファーのクッションを取られた仕返しにジョーイの下着を隠し
たのですが、ロスはそれを返してやれとして、

You give him back his underwear.

と言っています。



・downstairs ロス

「下の階で」、「1階で」という意味の単語です。

この場合はロスは「1階で」という意味で言っています。
タクシーを呼んでくるから、2分後に1階でとして、

I'm gonna go get a cab. I want everyone downstairs in two minutes.

と言っています。



・in two minutes ロス

「2分後に」という意味の表現です。

ロスは2分後に下で集合として、

I want everyone downstairs in two minutes.

と言っています。


一般的にはtwo minutes laterを思い浮かべ勝ちですが、
○○ laterというのは過去の話をするときに使う表現です。

I got to the station, and two minutes later Jason arrived.
「駅についてから2分後にジェイソンが来た。」

これからの未来のことを話すときには、in ○○を使います。

ちなみに、later単体だと、未来のことも過去の話も使えます。

See you later.
「また後で。」

He finished the document later.
「彼は後で書類を仕上げた。」


英語学習法についてさらに詳しくは↓から!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



【80万人突破のあの人気教材が大幅パワーアップ!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
CNNでしょっちゅう流れているあの超人気教材スピードラーニング。

80万人以上が使った超人気教材なのですが、
そのスピードラーニングがパワーアップしました。

この教材、基本的には「英語+日本語」という音声教材で、
辞書やテキストがなくても英会話表現をガンガン覚えられる優れもの。

実は私も使っている教材だったりします。

そのスピードラーニングに「イングリッシュオンリーCD」が加わりました。

イングリッシュオンリーCDはその名の通り、
英語だけが収録されたCD。

英語+日本語CDの英語の部分だけが入ったものです。

英語+日本語で大体の意味をつかんだあとは、イングリッシュオンリーCDでリス
ニング訓練やシャドーイングしたり、いろいろできますよね。


スピードラーニングは

○10日以内なら無料試聴可能
○1日5分のネイティヴとの電話英会話サービス
○途中退会、再開自由

などメリットが一杯。

無料で試せちゃうんで、
まず試してみてください。

私が実際に使った体験談など詳しくは↓からご覧ください。
→< http://www.thebelltree.com/speedlearning.html >



【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私は横浜の中心地に住んでいるのですが、

今の時期はカモメが一杯いて海の近くの公園、
(臨港パーク、新港パーク、赤レンガパーク、山下公園など)
に行くと、とてもいい気持ちです。

カモメってよく飛び回るので、頭の上を飛んで来たりするときはすごい怖い
んですが、慣れると絶対ぶつからないと分かるんでかわいいものです。



【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガ、The English Timesをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介し
てください!
メルマガ読者の仲間を増やして行きましょう。

このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。

読者登録したい方には「読者登録は↓からできるよ」と教えてあげてください
→< http://www.thebelltree.com/maim/hungryforwords.html >



【読者登録を中止したい方】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今までご読者登録ありがとうございました。

読者登録の中止は↓のページの指示に従って、
メールアドレスを入れ、"解除"を押してください。
→< http://www.thebelltree.com/unsubscribe.html >



【広告掲載について】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当メルマガにあなたの広告を掲載することができます。
他のメルマガよりも英会話表現の解説を丁寧に行っております。
ただ単に意味を掲載するだけのメルマガよりもはるかに"読まれている"メルマガ
です。

部数×0.9円(税込)/1回掲載
部数×0.8×3円(税込)/3回セット
部数×0.7×5円(税込)/5回セット

お問い合わせは↓からできます。
→< http://www.thebelltree.com/ads.html >



【海外ドラマが字幕なしで楽しめる The English Times】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 発 行 者 :Ken Adams
バックナンバー:→< http://www.thebelltree.com/theenglishtimes.html >
発 行 ペース:毎週月・金曜日発行
発行 システム:まぐまぐ! →< http://www.mag2.com/ >
        コンビーズ →< http://51.thebelltree.com/combz.htm >
 連 絡 先 :theenglishtimes[at]all-english.com

メルマガやサイトでお便りをご紹介させていただくことがございます。
必ず「お名前」か「ハンドルネーム」もしくは「匿名希望」をお書きください。

スパム対策のために@を[at]にしています。
メールの際は[at]を@に変えてお送りください。

このメルマガに返信していただいても私にメールが届きます。

※:相互紹介は受け付けておりません。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times