fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英語が聞き取れない真の理由とは?

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
     第177号 2007/11/07 (水) 発行    発行部数 79,360
       発行者:Ken Adams < http://www.thebelltree.com/ >
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)のご読者登録ありがとうご
ざいます。発行者のKen Adamsです。


    >>> “レバレッジの効く”英語教材とは?   <<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼「社会人の勉強は、ズバリ、確実なリターンがなければならない!」

▼「レバレッジが効く英語教材だけを使え」と主張するのは、発売1か月で
12万部を売り上げたベストセラー「レバレッジ勉強法」です。
その著者である本田直之氏が、“レバレッジの効く”英語教材として
 「スーパーエルマー」を推奨しています!

━━━━━━━━━━━━ ↓ ↓ ↓ ━━━━━━━━━━━━━━━━

★今なら「スーパーエルマー」体験レッスンCDとメールレクチャー「満点への
 道」を先着250名様に進呈!
→< http://tokyo-sim.com/enj_kyu/#fmb >


この体験レッスンCD、私も持っていますが、無料なのに、とても充実した内容!
「スーパーエルマー」の効果を垣間見ることが出来ます。

このCDとメールレクチャー、無料ですが、先着250名様限定ですのでお急ぎを!
→< http://tokyo-sim.com/enj_kyu/#fmb >



※:無料音声放送で英語学習を軌道に乗せる方法を解説しております!

  メルマガなど、文字でお伝えするのもいいんですが、
  音声で実際に人がしゃべっているのを聞いた方が分かりやすいときってあり
  ますよね?

  ↓から、英語学習に関するインターネット放送を無料で聞いていただけます
  通信簿2の英語嫌いだった私がどうやって1年TOEIC 900を達成できたのか?
  →< http://yes.legit8.com/ >


※:英会話表現を携帯メルマガ(無料)で学んじゃおう!

  英会話上達には、ネイティヴが使う英会話表現が一番!
  学校では教えてくれない、英会話表現を解説いたします。

  これ使ったら、ネイティヴもびっくりですよ!
  口語表現が一杯出る、TOEICリスニング対策にもピッタリ!
  →< http://www.thebelltree.com/cell.html >



┏━┓------------------------------------------------------------┏━┓
┛○┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛○┗
◆大好評! 1,450名以上の方が受講中の講座!
------------------------------------------------------------------------

大好評いただいております、英文法講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

ですが、現在、第17期生を募集させていただいております。


「TOEIC 850点突破しました!」
「リーディングだけで100点突破!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と嬉しいご感想をいただいている、人気講座で、
「品詞」という一番の基礎から学んでいただけます。


ネイティヴの音声もついていますので、
イントネーション、発音もしっかりと確認できます。

また、分からないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問し
ていただけます。
(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英語学習を一緒に頑張って行きましょう!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


┏━━━━━┓----------------------------------------------------------
┛★☆☆☆☆┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆当メルマガについて
------------------------------------------------------------------------

■今号から読まれる、新規の読者様へ
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

■当メルマガをどこで登録したか忘れてしまった、分からない方
→< http://www.thebelltree.com/subscribereason.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。



--------------┏━━━━━┓--------------------------------------------
━━━━━━━┛★★☆☆☆┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆Previously on 英JOY (前号までのおさらい)
------------------------------------------------------------------------

前号はリーディングのコツについてお話しさせていただきました。


リーディングはTOEIC、洋書・英字新聞などが目標の方はもちろん、
英会話、映画・海外ドラマが目標の方にも必要となります。


なぜなら、

・リスニングのトレーニングの際にスクリプトを読む
・英語を聞き取った順に真っすぐ理解する力をつける

ために必要だからです。


リーディングは学校でやるので、日本人は得意、と思われ勝ちですが、
逆に変なクセがついてしまっているマイナスもあるんです。


どうしても、日本人は日本語に訳して読むクセがあり、

1、日本語に訳す時間
2、前に戻ってもう1回読む時間

の2つで余計な時間を食ってしまいます。


これでは、大量の問題が出るTOEICのリーディング問題は終りませんし、
英会話、映画・海外ドラマでも、一発で理解することはできない確率が高くなり
ます。


リーディングで真っすぐに英語のまま理解するには、語彙と英文法の知識が必要
です。

知らない単語ばかりでは読めませんし、英文法の知識がないと英文の構造が分か
らないので、日本語訳に頼って読むことになってしまいます。

※:語彙、リスニングの英語学習法は↓で詳しく解説しております。
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

※:英文法は↓で、「品詞」という1から学習できます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


リーディングで真っすぐに読めるようになるためには、
語彙と英文法の知識を活用するトレーニングが必要になります。


リーディングのコツは、英文の構造の把握と予測です。

「どの英文にも必ず存在する2つのもの」である、SとVを探すことになります。


I broke the computer.

これは、すぐにIがSだと分かります。


Yesterday I broke the computer.

と来たら、「副詞は文の骨組みとは関係ない」という知識を活用して、
「これはSではない」と見抜いた上で、「次こそSは出てくるかな?」


In the morning I broke the computer.

と来たら、Inを見て、「あ、前置詞だ。次に名詞が来るな」と予測し、
the morningを見て、「あ、名詞が来た。In the morningで1つの副詞ブロック
だな。」と、また「S探し」に戻る。

ここでは、「"前置詞+名詞"は副詞か形容詞になる」という知識を活用。


When I was trying to email Jason I broke the computer.

と来たら、「あ、従属接続詞だから、次は文が来るな」と予測、そして、「従属
接続詞は必ず後ろに文を置き、それとセットで使われ、名詞か副詞になる」とい
う知識を活用。

I was trying to email Jasonまで読んだら、

「さて、Whenの後の文が終った。When I was trying to email Jasonで、1つの
 大きな副詞ブロックだな。」

と構造を把握した上で、また「S探し」になるわけです。


英文を真っすぐに読めるようになるのは、こういった、「把握と予測」のトレー
ニングが必要です。

これを繰り返して行けば、一瞬で、無意識のうちに↑のような思考が出来るよう
になり、最終的には日本語と同じように真っすぐに読めるようになります。


これには、「語彙と英文法 という知識をしっかりと固めること」が不可欠。

その後、その知識を活用するトレーニングをして、身に付けることになります。


英文法は↓で、「品詞」という1から学習できます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

語彙、リスニングの英語学習法は↓で詳しく解説しております。
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



----------------------------┏━━━━━┓------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━┛★★★☆☆┗━━━━━━━━━━━━━━━
◆英語が聞き取れない真の理由とは?
------------------------------------------------------------------------

前号のお話は今までのメルマガの中でも、かなりの反響がありました。

「英文法っていうと、問題を解くためのものだと思っていたけど、実はリーディ
 ング、リスニングなど、英語なら何にでも必要なんだ。」

「真っすぐ読める人はこういう思考をしていたのか!」

というように、新しい発見をされた方が多かったようです。


私も英語が苦手な時代は、日本語訳に頼って読んでいたり、
語彙や英文法が出来ていないのに、リーディングの勉強をして成果が出なかった
りしましたから、語彙と英文法の重要性は身を持って経験しています。


それに、日本語訳に頼っていてはどうしてもスピードが遅いし、
英語独特の表現が伝わらないんですよね。

私は今は海外ドラマや英語コメディーなどを毎日見ていますが、
英語じゃないと伝わらないって表現は一杯あります。


そのためにも、まず語彙、英文法を身につけて、
さらに、その知識を活用するトレーニングを積むことが重要です。



最近はあまりリスニングのお話をしていませんでしたし、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

の受講生さんから、何人かリスニングの質問をいただき、回答させていただく
過程で、いろいろと考える部分があったので、今回はリスニングのお話をさせて
ていただきます。


前号お話させていただいた、リーディングと違って、
リスニングは学校ではほとんどやりません。


最近はセンター試験にリスニングが導入されるなど、変化しつつありますが、
すでに高校を卒業してしまった人の場合は、関係ない話。

そのため、日本人は総じて「リスニングが弱い」と言われます。


高校卒業後、何らかの形で英語学習をしたことがない場合、

「経験がゼロ、もしくはゼロに等しい」

という方がほとんどで、

最初にリスニングのトレーニングをし始めたときは、あまりの自分の能力の低さ
にビックリすることが多いのが現状です。


私も例外ではなく、

知らない単語や、難しい単語はともかく、
知っている単語、それも誰でも知っている、itやputすら聞き取れなかったとき
はビックリしました。

早口でしゃべっている教材ではなく、むしろゆっくりとしたスピードの教材を
使ったりしても聞き取れないことが多かったです。


それだけ、カタカナ発音と、英語の音は違うってことなんです。

たっぷりとトレーニングをして、英語の音を耳に覚えさせる必要があるわけです


「英語の音」というと皆さんはどういう音を思い浮かべますか?

日本人にとっては区別ができない、「LとR」や「SとSH」を想像する方が多いの
ではないでしょうか?


もちろん、これも重要なんですが、
英語が聞き取れない真の理由は他にあるんです。


ちょっと考えてみてほしいのですが、

Oh, I'm sorry. Were you reading that?

という英文を聞いた時に、

もし、「LとRが区別できない」ことだけが理由であれば、

「あれ? readingって言った? leadingって言った?」

という疑問は出て来ても、

「あれ? なんて言っていたか分からないぞ。」

ってことにはならないですよね。


LとRが区別できないのではなく、まったくなんて言っていたのか分からない。

と言うことの方が多いのではないでしょうか?


もちろん、知らない単語であれば仕方がありませんが、
そうでないのなら、「誤解」はあっても、「聞き取れない」というのは、
「区別できない」ことが原因ではないんです。


知っている人からすると、

「何当たり前のこと言ってるんだ!」

と言われてしまいそうですが、

想像以上に、日本語の音と、英語の音って違うんです。


例えば、askという単語。

誰でも知っている単語ですよね?

「質問する」、「頼む」という意味です。


さて、このaskという誰でも知っている単語ですが、
母音はいくつ入っているか分かります?

1つ? 2つ? 3つ? もしかして4つ?


これまた、知っている人からすると、「当たり前だろ!」と言われてしまいそう
ですが、実は1つなんです。


でも、ここで、

「え? "アスク"だから3つじゃないの?」

と思った方も多いはずです。


実は私も昔は3つだと思っていました。

英語が苦手な時代はもちろん、

受験英語で、語彙や英文法、リーディングができるようになり、偏差値72を取っ
たときでも知りませんでしたし、

TOEICを受験し始めてからも、しばらくは3つだと思っていました。


でも、実は1つなんです。

日本語の音はご存知のように、あいうえおの50音です。

「ん」を除けば、すべての音に必ず母音が入っています。


例えば、「あいうえお」は、母音のみの発音。

それ以外の音は、子音+母音を発音します。


例えば、「す」という音は、sという子音とuという母音が合体した音です。


このように、日本語の音には「ん」以外は必ず母音が入っています。

そのため、英語も含めて、言語とはそういう音で発音されていると、
当たり前に思ってしまうのですが、実はそうではないんです。


英語には「子音のみ発音」が一杯あるんです。

例えば、askという単語。

カタカナにすると「アスク」ですが、

アの部分は確かに母音です。

日本語の「あ」とは違う音ですが、それに近い音で、そのまま発音してもネイ
ティヴに通じます。


でも、スの部分は、suではなく、sという子音だけを発音しているんです。

クの部分も同様で、kuではなく、kという子音だけを発音しているんです。


このように英語には日本人になじみのない、

「子音のみ発音」

が大量にあるんです。


そのため、子音のみ発音を聞くと、

「なんて言っているか分からない」

極端な場合、

「子音のみ発音が聞こえない」

ということになります。


心理学的に言うと、日本人は母音たっぷりの日本語に慣れているので、
脳が「子音のみ発音」を「雑音」として判断してしまうんです。

なので、ちゃんと聞こえているのに、脳がうまく処理できていない。

ということになってしまうんです。


これでは困るので、英語の音をたっぷりと聞くトレーニングをして、脳に

「この音はちゃんと聞き取る必要があるんだ」

と覚えさせる必要があるんです。


「子音のみ発音」はそれだけでも厄介ですが、
コンビネーションになると、さらに厄介です。

具体的に説明させていただくと、

それは「子音で終る単語」に「母音から始まる単語」が続いたときに起こる
「リエゾン」という現象です。


例えば、

put it

となった場合。


putの最後はtという子音、itの最初はiという母音です。

すると、この子音と母音が合体して、
putとitがつながった1つの単語のように発音されるんです。

カタカナ式に書くと、

プット イット

だったのが、

プッティット

という感じになるんです。


これは簡単な単語、よく使われる表現ほど起こりやすい現象で、
itと一般的な動詞にはよく使われます。

take it
give it

なんかがそうですね。


そのため、「誰でも知っている単語なのに聞き取れない」という現象が起こる
わけです。

「テイキット? 知らない単語だなぁ。」

と思って、スクリプトを見たら、take itだった。

なんて経験、皆さん1度はしていると思います。


子音のみ発音、リエゾンなどを聞き取れるようになるためには、
どうしても数多くの英文を聞くしかありません。

語彙や英文法のような知識ではなく、単純に能力なので、
リスニングは努力がモノを言う分野です。


ただ単にシャワーを浴びるように聞きまくればいいわけではなく、
やり方も重要ですが、やはりリスニングや量です。

聞き取れなくてイライラすることもあると思いますが、
長い目で見て、じっくりと頑張ってください。


英文法は↓で、「品詞」という1から学習できます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

語彙、リスニングの英語学習法は↓で詳しく解説しております。
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



------------------------------------------┏━━━━━┓----------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★★★★☆┗━━━━━━━━
◆オススメ! [厳選] 英語・英会話教材
------------------------------------------------------------------------

■ [英会話] スピードラーニング

・CNNでしょっちゅう流れている、85万人以上が使った超人気教材
・「英語+日本語」音声なので、聞いているだけで英会話表現が学べる
・無料試聴可能、1日5分のネイティヴとの電話英会話サービス

私も実際に使いました! 体験談など詳しくは↓から!
→< http://51.thebelltree.com/speedlearning.htm >


■ [英語学習全般] 1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習法

・通信簿2、偏差値30〜45でも、半年で偏差値45→72、1年でTOEIC 900!
・英会話も1年でNOVAの実質最高レベル
・映画・海外ドラマ・英語ニュースも字幕なしで楽しめる!

↓私が英語苦手を克服し、TOEIC 990、英検1級を達成した英語学習法を徹底解説
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >


■ [児童英会話] チャンツでポン! リズムで覚える英会話

・とにかく楽しく、数字や曜日など、基本的な英会話が身につく!
・親も一緒に楽しめる!
・NHK教育「えいごリアン」で有名な、マイケル・ネイシュタットが登場

↓から無料で試聴できます。
→< http://51.thebelltree.com/chants.htm >


■ [英文法] 1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!

・英文法はTOEICはもちろん、英会話でも重要
・英文法を一番最初の基礎、品詞からお教えいたします
・分からないところがあっても、制作者である私に直接メールで質問できます

メール+音声による英文法講座! 詳しくは↓をご覧下さい。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


■ [リスニング 英会話] マジックトーカーズ LM-450J

・スピードを9段階で調整できる究極のリスニング・英会話教材
・30時間分を収録しており、量もたっぷり
・ジーニアス英和・和英辞書内蔵なので、ワンクリックで意味を調べられる

↓のサイトから買えば、マジックトーカーズの英会話表現解説がついてくる!
→< http://51.thebelltree.com/dmt.htm >


■ [英会話 英文法] 前置詞がキッチリ分かってスッキリする本

・日本人には分かりづらい前置詞をイメージですっきり説明
・ネイティヴの監修付きで、英会話にも使える
・実戦で鍛えられる、問題集付き

↓から買うと、限定特典「前置詞を使った英文の設計図」を差し上げます!
→< http://51.thebelltree.com/preposition.htm >



--------------------------------------------------------┏━━━━━┓--
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★★★★★┗━
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

私のメルマガの編集後記では、たびたび横浜ランチスポットの話が出ますが、
今回もランチスポットのお話です(笑)。

沖縄料理
→< http://www.thebelltree.com/archives/2007/09/post_796.html >

中華料理
→< http://www.thebelltree.com/archives/2007/10/post_799.html >

など、どうも暖かい地域の料理が好きな私ですが、
今度も暖かい地域、インド料理です。


横浜の関内にある、ハマラジャってお店なんですが、
ここのナンはほんと美味しいです。
(もちろんカレーも)

ビックリするのは、その大きさと甘さ。

焼きたてで、もっちもち。
そして、すごーく甘みがあって本当に美味しい!

これから病み付きになりそうです。

写真とかメニューの話はブログにアップしましたので、
ぜひご覧下さい!
→< http://www.ace-blog.com/2007/11/hamaraja.html >



■このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!

このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
読者登録したい方には「読者登録は↓からできるよ」と教えてあげてください
→< http://www.thebelltree.com/maim/hungryforwords.html >


■配信停止(解除)

今までご読者登録ありがとうございました。
↓のページの指示に従って、アドレスを入れ、"解除"を押してください。
→< http://www.mag2.com/m/0000155834.html >



====================================

 メルマガ名 :1年でTOEIC900! 英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)
 発 行 者 :Ken Adams
発 行 ペース:毎週水曜日発行
発行 システム:まぐまぐ! http://www.mag2.com/
配信停止・解除:http://www.mag2.com/m/0000155834.html
メールアドレス:enjoy900[at]all-english.com

※1:スパム対策のために@を[at]にしています。

※2:当社販売の教材に関するお問い合わせは↑のアドレスではなく、
   ↓からお願いいたします。

「正統派の英語学習法」
→< http://www.legit8.com/contact.html >

「分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://www.grammar51.com/contact.html >

※3:「分かる! 解ける! 英文法!」を受講中の方は、受講者様専用アドレ
   スにご質問下さい。

※4:相互紹介は受け付けておりません。

※5:新規の広告主様は募集しておりません。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典