fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




今週27日(木)締切 あー、そうだった oh right

◆--------------------------------------------------------------------◇
    まぐまぐメルマガ大賞2004ノミネート作品 The English Times
     第462号 2008/03/24 (月) 発行    発行部数 55,508
       発行者:Ken Adams < http://www.thebelltree.com/ >
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者のKen Adamsです。


今週の木曜日、3月27日(木)締切!

1,650名以上の方が受講中の、大好評の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

の第22期生の募集締切が今週の木曜日、3月27日(木)と迫ってまいりました。

「TOEICで850点突破しました!」
「リーディングセクションだけで100点近く上がりました!」
「質問しても、いつも丁寧に答えてくれて、本当に助かっています!」
「これだけ英語が楽しいのは初めて!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


英文法というと、「暗記」「問題を解くためのもの」というイメージがあるか
もしれませんが、実際はそうではなく、

TOEICの英文法問題はもちろん、リーディングやリスニング、そして英会話、
映画・海外ドラマ、洋書・英字新聞にも必要なんです。

「全部知っている単語なのに、文全体の意味が分からない。」

なんて経験ありませんか?


これは英文の構造の知識、つまり英文法の知識が欠けているために、
それぞれの単語がどんな役割を果たして、どんな意味になっているのかが分から
ないからなんです。


約1,900名の方に英文法を指導させていただいた経験上実感しておりますが、
英語が苦手な方は総じて英文法苦手が原因なんです。

私自身も、通信簿2、偏差値30~45という英語嫌いの状態から、
半年で偏差値45→72、1年でTOEIC 900を達成できたのは英文法を「品詞」とい
う1から「理解」「他にも応用できる本物の知識」を目指してやりなおしたこと
がきっかけなんです。


その英文法をしっかりと理解する形で、「品詞」という一番の基礎から学んでい
ただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


ネイティヴの音声もついていますので、発音、イントネーションもちゃんと確認
していただけます。

また、分からない部分がありましても、制作者である私に直接ご質問していただ
けます。(こちらのサポート制度が大変好評です!)

英文法を1から一緒に頑張って行きましょう!
今週の木曜日、3月27日(木)締切です!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



※:無料音声放送で英語学習を軌道に乗せる方法を解説しております!

  メルマガなど、文字でお伝えするのもいいんですが、
  音声で実際に人がしゃべっているのを聞いた方が分かりやすいときってあり
  ますよね?

  ↓から、英語学習に関するインターネット放送を無料で聞いていただけます
  通信簿2の英語嫌いだった私がどうやって1年TOEIC 900を達成できたのか?
  →< http://yes.legit8.com/ >


※:英会話表現を携帯メルマガ(無料)で学んじゃおう!

  英会話上達には、ネイティヴが使う英会話表現が一番!
  学校では教えてくれない、英会話表現を解説いたします。

  これ使ったら、ネイティヴもびっくりですよ!
  口語表現が一杯出る、TOEICリスニング対策にもピッタリ!
  →< http://www.thebelltree.com/cell.html >



┏━━━━━━┓--------------------------------------------------------
┛★☆☆☆☆☆┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆当メルマガについて
------------------------------------------------------------------------

■今号から読まれる、新規の読者様へ
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

■当メルマガをどこで登録したか忘れてしまった、分からない方
→< http://www.thebelltree.com/subscribereason.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。



--------------┏━━━━━━┓------------------------------------------
━━━━━━━┛★★☆☆☆☆┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆あらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード5)
------------------------------------------------------------------------

フィービーのアパート。フィービーと、フィービーの弟のフランクJr.がいる。

フィービーの父はフィービーが生まれてすぐに蒸発してしまい、フィービーは父
の顔を知らない。

最近、蒸発した後、父が住んでいた場所を知る。しかし、そこには父はおらず、
女性とその息子(フランクJr.)がいただけだった。この息子とフィービーは父
親が同じで、腹違いの姉弟ということになる。

フィービーはフランクJr.と親交を深めようと、家に招待したのだが、フラン
クJr.はかなり変わった性格で、話が弾まず、沈黙の時が続く。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ref=nosim >

■1ヶ月無料! 便利なオンラインレンタル
→< http://www.thebelltree.com/livedoor_dvd.html >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2008/03/27_a_it_take_a.html >



----------------------------┏━━━━━━┓----------------------------
━━━━━━━━━━━━━━┛★★★☆☆☆┗━━━━━━━━━━━━━━
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

フィービー: Oooh, oooh!

フランクJr.: What?

フィービー: Yeah I know what I wanted to ask you. Um, can you roll your
      tongue? Because I can, and my Mom couldn't, and I thought
      you know, I figured that was something I got from our Dad.

フランクJr.: Well, uh, wait, you mean like this? (does it)

フィービー: Yeah, yeah. You can do it too! (sticks out her non-rolled
      tongue, quite proud of herself)

フランクJr.: You're not doing it.

フィービー: Oh right, yeah okay, my Mom could, and I can't. We don't
      have that.... (back to abject boredom)

フランクJr.: When's your birthday?

フィービー: Feburary 16th.

フランクJr.: I know a guy who's the 18th.

フィービー: That's close (looks impressed). When's yours?

フランクJr.: October 25th.

フィービー: (after some thought) That's the same month as Halloween.
      So, um, what kinda things do you like to do at home?

フランクJr.: Melt stuff.



Thinking Time ちょっと意味を考えてみてください。


昨日TOEICを受験された皆様お疲れさまでした。

5、6、7月もTOEICがありますね。

TOEICは就職、昇進、昇給などに必須となってきています。
ある程度以上スコアを取らないと、審査の対象にすらならなかったりします。

現在は大学の単位認定、大学院への入試でも必須となっている学校が増えており
学生もTOEIC必須の時代となってきました。

しかし、TOEICはそう簡単にいい点を取れるわけではありません。
実際に受験されたことがある方なら実感されていると思います。

私はそんな中で、通信簿2と英語苦手だったのですが、
1年でTOEIC 900を達成できました。

その方法は↓で徹底的に詳しく解説しております。
→ < http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

TOEICに関係なく、英語の力はもちろん、
TOEICのためのコツやテクニックも解説しております。
→ < http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



フィービー:あ、そうだ!

フランクJr.:どうしたの?

フィービー:そうそう、聞きたいことがあったのよ。舌丸められる? あ、ほら
      私は出来て、ママは出来なかったのよ。だから、ほら、これって私
      たちの父さんからの遺伝なのかなって。

フランクJr.:えーと、待って、こういうこと? (舌を丸める)

フィービー:そうそう! フランクも出来るんだ! (舌を出すが、丸められな
      い。しかし、誇らしげ)

フランクJr.:丸まってないけど。

フィービー:あ、そうだった。ママは出来たけど、私は出来ないんだった。じゃ
      あ遺伝じゃ‥ (再び沈黙へ)

フランクJr.:誕生日っていつ?

フィービー:2月16日よ。

フランクJr.:2月18日の人知ってるよ。

フィービー:近いわね。(感動したふり) フランクの誕生日は?

フランクJr.:10月25日。

フィービー:(ちょっと考えて)ハロウィーンと同じ月ね。家じゃ趣味はどんな
      ことするの?

フランクJr.:モノを融かすこと。



----------------------------┏━━━━━━┓----------------------------
━━━━━━━━━━━━━━┛★★★★☆☆┗━━━━━━━━━━━━━━
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

・you know フィービー

特に意味があるわけではなく、間を取ったり、言葉に詰まったと時に使う表現で

「あー」、「そのー」、「ほら」という意味になります。

フィービーはフランクJr.との気まずい沈黙をなんとかしようと、「舌を丸めら
れる」と聞き、その理由として、「自分は出来て、ママが出来なかったから」と
言った後に、「父さんからの遺伝かなと思って」という前に、

you know

と言っています。



・figure フィービー

名詞では、「姿」という意味ですが、実際には動詞としてよく使われます。

動詞として使った場合、「~と思う」、「~だと分かる」という意味になります。

フィービーは、母親が舌と丸められないのに、自分が出来るのは、父親からの遺
伝じゃないかと思う、として、

I figured that was something I got from our Dad.

と言っています。



・oh right フィービー

rightは「右」という意味で知られていますが、実際には「正しい」という意味
でよく使われます。

ここでもそういう意味で使われています。

oh rightは相手に指摘され、「あ、そうか」と気づいたときに使う表現です。

フィービーは、母親が舌を丸められず、自分は出来ると勘違いしていて、
実際に舌を丸めようとしたら出来ず、フランクにそれを指摘され、

「あ、そうだった」と言った後に、ママが出来て、私が出来なかったんだ、と

Oh right, yeah okay, my Mom could, and I can't.

と言ってます。



・close フィービー

「~を閉じる」という意味で知られている単語ですが、実際には形容詞で使われ
ることが多く、

「近い」、「惜しい」という意味で使われます。

フィービーは自分の誕生日が2月16日だと言ったら、フランクJr.が2月18日の人
を知っていると言うので、「近いわね」と、

That's close

と言っています。


ちなみに、カタカナで書くと形容詞として使うcloseは「クロース」と、濁りま
せん。

「クローズ」と濁るのは、動詞として、「~を閉じる」という意味で使うときで
す。

しかし、形容詞として使うcloseには「閉じている」、「閉店中」という意味は
ありません。

よく、お店の看板に、CLOSEと書いてありますが、
「閉じている」、「閉店中」という意味で使う場合には、

CLOSED

と、過去分詞にする必要があります。

こちらの文法的な論理は↓から学べます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


CLOSEでは、「近い」、「惜しい」という意味になってしまいます。



・kinda フィービー

kind ofの略語で、カタカナで書くと「カインダ」という発音になります。

フィービーはフランクJr.に「家で趣味はどんなことをするの?」と、

what kinda things do you like to do at home?

と言っています。

「趣味は何ですか?」という意味の質問、

What kind of things do you like to do?

は定番の英会話表現ですね。


英文法は↓で、「品詞」という一番の基礎から学べます。

分からない部分があっても、制作者である私に直接メールで質問できます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


英語学習法についてさらに詳しくは↓から!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



------------------------------------------┏━━━━━━┓--------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★★★★★☆┗━━━━━━━
◆オススメ! [厳選] 英語・英会話教材
------------------------------------------------------------------------

■ [英会話] スピードラーニング

・CNNでしょっちゅう流れている、85万人以上が使った超人気教材
・「英語+日本語」音声なので、聞いているだけで英会話表現が学べる
・無料試聴可能、1日5分のネイティヴとの電話英会話サービス

私も実際に使いました! 体験談など詳しくは↓から!
→< http://51.thebelltree.com/speedlearning.htm >


■ [英語学習全般] 1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習法

・通信簿2、偏差値30~45でも、半年で偏差値45→72、1年でTOEIC 900!
・英会話も1年でNOVAの実質最高レベル
・映画・海外ドラマ・英語ニュースも字幕なしで楽しめる!

↓私が英語苦手を克服し、TOEIC 990、英検1級を達成した英語学習法を徹底解説
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >


■ [児童英会話] チャンツでポン! リズムで覚える英会話

・とにかく楽しく、数字や曜日など、基本的な英会話が身につく!
・親も一緒に楽しめる!
・NHK教育「えいごリアン」で有名な、マイケル・ネイシュタットが登場

↓から無料で試聴できます。
→< http://51.thebelltree.com/chants.htm >


■ [英文法] 1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!

・英文法はTOEICはもちろん、英会話でも重要
・英文法を一番最初の基礎、品詞からお教えいたします
・分からないところがあっても、制作者である私に直接メールで質問できます

メール+音声による英文法講座! 詳しくは↓をご覧下さい。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


■ [英会話 英文法] 前置詞がキッチリ分かってスッキリする本

・日本人には分かりづらい前置詞をイメージですっきり説明
・ネイティヴの監修付きで、英会話にも使える
・実戦で鍛えられる、問題集付き

↓から買うと、限定特典「前置詞を使った英文の設計図」を差し上げます!
→< http://51.thebelltree.com/preposition.htm >



--------------------------------------------------------┏━━━━━━┓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★★★★★★┗
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

何か最近、横浜に観光客が多いなぁ、と思ったら、今は「春休み」なんですよね

よく考えると、春休みが一番学生と社会人で差を感じる休みかもしれません。

ゴールデンウィークは学生でも社会人でも長さはまったく同じ
夏休みは長さは全然違いますが、社会人にもお盆休みがあります
冬休みも長さは違いますが、社会人は年末年始は休みです。

しかし、社会人に春休みはありません(泣)。

横浜で楽しそうに観光している学生を見て、
「学生時代はそういうものがあったなぁ」と懐かしく思ってしまいました(笑)



■このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!

このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
→< http://www.thebelltree.com/maim/hungryforwords.html >


■購読中止、配信停止、解除

今までご購読ありがとうございました。
↓のページの指示に従って、アドレスを入れ、"解除"を押してください。
→< http://www.mag2.com/m/0000094089.html >



====================================

 メルマガ名 :海外ドラマが字幕なしで楽しめる The English Times
 発 行 者 :Ken Adams
発 行 ペース:毎週月・金曜日発行
発行 システム:まぐまぐ! http://www.mag2.com/
配信停止・解除:http://www.mag2.com/m/0000094089.html
メールアドレス:theenglishtimes[at]all-english.com

※1:スパム対策のために@を[at]にしています。

※2:教材に関するお問い合わせは↑のアドレスではなく、
   ↓からお願いいたします。

「正統派の英語学習法」
→< http://www.legit8.com/contact.html >

「分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://www.grammar51.com/contact.html >


※3:「分かる! 解ける! 英文法!」を受講中の方は、受講者様専用アドレ
   スにご質問下さい。

※4:相互紹介は受け付けておりません。

※5:新規の広告主様は募集しておりません。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times