fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




fineとpleaseの意外な使い方

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第541号 2009/01/05 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「今年こそ英語をやるぞ!」

という皆さん! がんばって行きましょう!

実は、1月は1年で一番「英語学習したい!」方が多い月なのです。

去年は英語ができなかった方も、去年から成果が出ている方も、
今年は(も)英語学習がんばって行きましょう!


英語は苦手でも、正しい方針で、継続すればできるようになります!

私だって、通信簿2、偏差値30と英語が苦手でしたが、
1年でTOEIC 900を達成し、今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を持っています


本格的に英語をがんばりたい方に自信を持ってオススメできるのが、
今までに、6,600名の方に英語指導させていただいた経験を凝縮した、

「1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習プロジェクト」
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >


初心者、中級者、上級者 レベルを問わず

TOEIC、英会話、映画・海外ドラマ、洋書・英字新聞 目標を問わず


語彙、英文法、リスニング、リーディング、英会話、TOEIC対策、メンタル

と英語学習の各分野を幅広く鍛えていただけます。


わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問いただけ
ますので、ご安心ください!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



「英文法を丁寧に基礎から理解したい!」

という方には、こちらがオススメ

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

「TOEICで850点突破しました!」
「TOEICで150点アップしました!」
「リーディングセクションだけで100点近く上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、いつも丁寧に答えてくれて、本当に助かっています!」
「これだけ英語が楽しいのは初めて!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


英文法を1番の基礎、「品詞」から、「暗記」ではなく、「理解」で学んでいた
だけます。

こちらもわからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問い
ただけます!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


皆さん、今年も英語学習がんばって行きましょう!



※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード7)
------------------------------------------------------------------------

セントラルパーク(喫茶店)。ジョーイ以外のメンバーがいる。

レイチェルは電話をしており、ロス、チャンドラー、フィービー、モニカはくつ
ろいでいる。

レイチェルはどうやら父親と電話している模様。恋人のロスと父親を仲良くさせ
ようと、ディナーのセッティングをしようとしている。

しかし、レイチェルの父はあまりロスのことを好いていないようで、よくイヤミ
を言う。ロスはレイチェルの手前、父親の前では耐えているが、かなり嫌がって
いる。

行きたがらないロスをレイチェルが説得。チャンドラーとセントラルパークの
店長のガンターも話を聞いている。

ちなみに、ガンターは密かにレイチェルのことが好きで、ロスに嫉妬している。
(ロスはそのことを知らない)


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2008/12/dinner.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

レイチェル: Ross, my father doesn't hate you.

ロス: Please, he refers to me as "wethead".

レイチェル: But honey he calls everybody by a nickname! Okay, look,
      I know, all right, just one dinner, please, just one night
      for me, please. I just want him to love you like I do. (Ross
      looks at her) All right, well not exactly like I do, but,
      but, if you do come to dinner, I'll love you like I do in
      that black thing that you like.

チャンドラー: (leaning in) I'll go.

ロス: Fine.

レイチェル: Thank you.

ロス: Hi Gunther.

ガンター: Yeah, we'll see!



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー

非効率な学校英語の勉強法や、
「聞き流すだけで」「1日10分だけで」というような奇をてらった教材・勉強法

では、英語はなかなかできるようになりません。

やるべきなのは「学校英語とは違い効率的でも、ある程度努力は必要な学習法」
なのです。

通信簿2、偏差値30と英語が苦手な過去がありながら、TOEIC 990(満点)を達成
し、6,600名に英語指導をしてきた経験からお教えいたします。
→ < http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



レイチェル:パパはロスのことを嫌ってるわけじゃないのよ。

ロス:あのなぁ、僕のことを「濡れ頭」って呼ぶんだぞ。

レイチェル:でも、パパはみんなニックネームで呼ぶのよ! ねぇねぇ、あのさ
      1回のディナーでいいからさ、明日の夜だけでいいから、私のため
      にね。パパにもロスを気に入ってほしいのよ、私がロスのこと好き
      なように。(ロスはレイチェルを見る) んー、同じように好きに
      なられちゃ困るけど、でも、でも、ディナーに来てくれたら、あな
      たが好きなあの黒いヤツ着てあげるから。

チャンドラー:(寄りかかって)俺が行くぜ。

ロス:わかったよ。

レイチェル:ありがと。

ロス:あ、やぁ、ガンター。

ガンター:あぁ、今に見てろ!



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

・please ロス

「お願いします」という意味で知られている表現で、海外旅行では、

Check out please.

のように、初心者でもよく使う定番フレーズで知られています。


しかし、ほかにもいろいろ使い方があり、場合によっては良い意味ではないこと
もあるのです。

ロスが使っているのが、その用法のうちの1つ。

相手の発言に対して、不快感を示す表現で、

「あのなぁ」「あのねぇ」「バカなこと言うなよ」

という意味です。


レイチェルが父はロスのことを嫌っていない、というので、ロスは

「あのなぁ」

Please

と言っています。



・call A by a nickname レイチェル

「Aをニックネームで呼ぶ」という意味の表現です。

ロスはいつも頭にワックスをたっぷりつけており、濡れているようにも見え、
それをからかって、レイチェルの父はロスを「濡れ頭」と呼んでいます。

明らかに悪口なのですが、レイチェルはロスを励ますために、

「パパはみんなニックネームで呼ぶの」

he calls everybody by a nickname!

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

「ニックネームで呼ぶ」という場合は、call A by a nicknameという表現を使
いますが、具体的にニックネームを言う時は、

He calls me Jack.
「彼は僕をジャックと呼ぶ」

というように、call A Bで「AをBと呼ぶ」とします。

くれぐれも

He calls me by Jack.

としないように注意してください。



・fine ロス

「元気ですよ」という意味の挨拶の返答として知られていますが、
生の英語では、いろいろとほかの意味でも使われます。

今回、ロスが使っているのも、そのうちの1つ。

相手の提案に、半ば仕方なく了解を示す意味で、

「わかったよ」「しょうがないな」

という意味で使われます。


ロスはレイチェルに説得され、父親と会うことにし、

「わかったよ」

Fine

と言っています。



・we'll see ガンター

自信を持っている相手に対して、

「今に見てろ」「さて、それはどうかな」「そうは行かないよ」

というように、牽制を入れる表現です。


ガンターは密かにレイチェルのことが好きで、ロスに嫉妬しています。

そのため、ロスとレイチェルが仲良く話しているのを聞いていて、
あまり機嫌がよくありません。

しかし、ロスにはそんなことを知る由もなし。

そこで、ロスがガンターに普通に「やぁ、ガンター」と挨拶をしたら、
ガンターは

「今に見てろ」

we'll see!

と発言。ロスは困惑してしまいました。



★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今年初のメルマガ発行になります。

昨年は(も)ありがとうございました。
今年も何卒よろしくお願いいたします。


今年も今までと同様、

・通信簿2、偏差値30と英語が苦手過去がありながら1年でTOEIC 900を達成し
 た自分自身の経験

・6,600名以上の方に英語指導をさせていただいた経験

から、英語が苦手な方も英語が得意な方にも、英語学習のお役に立てればと思っ
ておりますので、何卒よろしくお願いいたします。


今年は初日の出を見に行き、その写真を撮って来ましたので、
ぜひご覧下さい。
→< http://www.ace-blog.com/2009/01/2009.html >



■このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!

このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
「↓から無料で読者登録できるよ」と教えてあげてください。
→< http://www.thebelltree.com/archives/the_english_times/ >


■【注意】必要なメールも「迷惑メール」に入ってしまうことがあります

迷惑メールフィルターは完璧ではなく、必要なメールも誤って「迷惑メール」と
してしまうことがあります。詳しくは↓で解説しております。
→< http://www.legit8.com/spam.html >


■配信停止・解除

今までお読みいただきありがとうございました。
↓のページの指示に従って、アドレスを入れ、"配信停止"を押してください。
→< http://www.thebelltree.com/unsubscribe-et.html >



────────────────────────────────────

 メルマガ名 :英語力向上メルマガ The English Times
 発 行 者 :鈴木 拓(ハンドルネーム:Ken Adams)
発 行 ペース:毎週月・金曜日発行
発行 システム:まぐまぐ! http://www.mag2.com/
配信停止・解除:http://www.thebelltree.com/unsubscribe-et.html
メールアドレス:drama-et[at]all-english.com

※1:スパム対策のために@を[at]にしています。

※2:教材に関するお問い合わせは↑のアドレスではなく、
   ↓からお願いいたします。

「正統派の英語学習プロジェクト」
→< http://www.legit8.com/contact.html >

「分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://www.grammar51.com/contact.html >


※3:講座を受講中の方は、受講者様専用アドレスにご質問下さい。

※4:相互紹介は受け付けておりません。

※5:新規の広告主様は募集しておりません。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times