TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




Japan must face Cuba 日本はキューバとの対戦へ

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第562号 2009/03/19 (木) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


明日金曜は祝日なので、今週は木曜日の発行になります。

3,150名以上の方が受講している大人気講座が本日締切!

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

の第39期募集締切が本日19日(木)と迫ってまいりました。


「分かる! 解ける! 英文法!」は、

「TOEICで850点突破しました!」
「TOEICで150点アップしました!」
「リーディングセクションだけで100点近く上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、いつも丁寧に答えてくれて、本当に助かっています!」
「これだけ英語が楽しいのは初めて!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


実は英語のパーツの単位って、たったの5つしかないって知ってました?

そのパーツとは、名詞、動詞、形容詞、副詞、文です。

「え? 前置詞、等位接続詞、従属接続詞、関係副詞、関係代名詞、疑問詞と
 か、他にもいろいろあるんだけど‥。」

実は他のパーツはすべて、単独では存在できないもので、
何かと合体して、何かを作るものなんです。

例えば、「前置詞」

inという前置詞単独では使えず、必ず名詞とセットで使います。

in the university
「大学内に」

そして、この「前置詞+名詞」は形容詞か副詞になります。

ね? 結局は名詞、動詞、形容詞、副詞、文のどれかになるでしょ?


では、「従属接続詞」は?

althoughという従属接続詞単独では使えず、必ず文とセットで使います。

although he was in the university
「彼は大学内にいたにのに」

この「従属接続詞+文」は名詞か副詞になります。

はい、また名詞、動詞、形容詞、副詞、文のどれかになりますよね?


このように、この5つ以外のパーツは、この5つとの組み合わせで、
またこの5つのどれかに変形するんです。


このように、「合体」→「新しいパーツの完成」を理解できれば、
英語は一気に分かるようになります。

通信簿2、偏差値30~45と英語苦手だった私が、
半年で偏差値45→72、1年でTOEIC 900を達成できたように。


この知識は、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

で、「品詞」という一番の基礎から学んでいただけます。


ネイティヴの音声もついておりますので、イントネーション、発音も確認してい
ただけますし、

分からないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問していただ
けます。

一緒に英語学習を頑張って行きましょう!
締切は本日19日(木)になります。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号の新聞記事
------------------------------------------------------------------------

Hara's team must face Cuba again

South Korea pounced on Darvish in the first and pitcher Bong Jung Keun
had another quality start as South Korea reached the semifinals of the
WBC with a 4-1 win over Japan on Tuesday night at PETCO Park.

The loss sends Japan into a rematch against Cuba on Wednesday, with the
winner advancing to the semifinal round and the loser eliminated.

-From The Japan Times Online
→< http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/sb20090319o1.html >


────────────────────────────────────
◆構造チェック
------------------------------------------------------------------------

☆本メルマガでは以下の記号を使用します。
→< http://www.thebelltree.com/kigou.html >

☆↓の図が崩れて見える方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/monospace.html >


1文目 前半

.   S      V
│South Korea │pounced (on Darvish) (in the first) │
└──────┴──┬───────────────┘
.          SP1


1文目 後半

.     S        V      O
│pitcher Bong Jung Keun│had │another quality start (as South Korea
└───────────┴─┬┴───────────────────
.              SP3

reached the semifinals of the WBC with a 4-1 win over Japan on Tuesday
───────────────────────────────────

night at PETCO Park)│
──────────┘


as節

.   S      V      O
│South Korea │reached │[the semifinals <of the WBC>] (with [a 4-1 win
└──────┴──┬─┴───────────────────────
.          SP3

<over Japan>]) (on Tuesday night) (at PETCO Park) │
─────────────────────────┘


2文目

.  S    V    O
│The loss│sends │Japan (into [a rematch <against Cuba> <on
└────┴─┬─┴─────────────────────
.       SP3

Wednesday,>]) (with the winner advancing to the semifinal round and the
────────────────────────────────────

loser eliminated) │
─────────┘


advancing

.   S     V
│the winner│advancing (to the semifinal round)│
└─────┴──┬──────────────┘
.         SP1


eliminated

.   S     V
│the loser │eliminated│
└─────┴──┬──┘
.        SP3p



※:↑の図が崩れて見える方は、↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/monospace.html >



★ 真っすぐ読めるようになるには、英文の構造が見抜ける英文法力が必要です
  英文法を↓で、一番の基礎から一緒に身につけて行きましょう!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 読めるだけでなく、自分でも英文を作って英会話でしゃべれるようになりた
  い方、あるいは初心者の方は↓がオススメです。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


────────────────────────────────────
◆語彙解説
------------------------------------------------------------------------

☆本メルマガでは以下の記号を使用します。
→< http://www.thebelltree.com/kigou.html >


・face [3V] 立ち向かう、対戦する

・South Korea [名] 韓国

北朝鮮はNorth Koreaと言います。


・pounce [1V] 急に襲う、急に飛びかかる

・first [名] 1回

・quality [形] 質の高い、良い [C, U] 質

・start [C] 先発ピッチャーとしての登板機会

・reach [3V] たどり着く [1V] 手を伸ばす

・semifinal [C] 準決勝

・WBC [名] WBC、ワールドベースボールクラシック

2006年から始まった、野球のワールドカップのようなものです。
第1回の2006年は日本が優勝し、今回の第2回で連覇を目指しています。


・PETCO Park [名] ペトコパーク(アメリカのサンディエゴにある野球場)

・rematch [C] 再戦

・winer [C] 勝者

・advance [1V] 進む

・semifinal [C] 準決勝

・loser [C] 敗者

・eliminate [3V] 取り除く、資格を失わせる


★ 単語の覚え方にはコツがあります。やり方を間違うと「ザルに水」に?
  通信簿2, 偏差値30と英語苦手が1年でTOEIC 900を達成した英語学習! 
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >


────────────────────────────────────
◆日本語訳
------------------------------------------------------------------------

原監督のチームは再びキューバとの対戦を強いられる

韓国は1回にダルビッシュに急に襲いかかり、ボン・チュングンは再び良い先発
としてのピッチングをし、韓国はペトコパークで、火曜の夜、日本への4対1の勝
利により、WBCの準決勝へ進出した。

この敗戦により、日本は水曜日のキューバとの再戦になり、勝者は準決勝へ、敗
者は敗退する。



────────────────────────────────────
◆背景知識解説
------------------------------------------------------------------------

最大のライバル韓国と3度目の対戦になった、日本でしたが、4対1で敗戦。
これで、今回のWBCの対韓国戦の戦績は1勝2敗に。

先発のダルビッシュは1回にコントロールが定まらず、守備陣もエラーがあり、
いきなり3対0と先制され、攻撃陣も再三チャンスは作ったものの、決定打が出ず
そのままズルズルと試合は進み、4対1で負けてしまいました。

勝てば準決勝が決まるところでしたが、負けたことにより、敗者復活戦に回り、
本日キューバと対戦。

勝てば準決勝に進めますが、負ければ敗退が決定してしまいます。


★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >


────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

このメルマガ出る頃にはキューバ戦の結果が出ているかもしれませんが、
昨日の敗戦は本当に残念でしたね。

日本の野球は、「チャンスは作るものの、決定打が出ない」という弱点をずっと
抱えていますが、今回もそれを露呈してしまいました。

昨日のダルビッシュは1回はダメでしたが、味方のエラーもありましたし、その
後はきちっと押さえましたし、ピッチャーはがんばってるんですけどね…。

私はサッカーは詳しくないのですが、サッカーも日本は「守りはしっかりしてい
て、チャンスは作るものの、決定打が出ない」という話を聞いたことがあります

サッカーも野球も同じ弱点ってのは、なんとも歯がゆいです。
今日こそ勝って、準決勝進出を決めてくれるといいですね。



■このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!

このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
「↓から無料で読者登録できるよ」と教えてあげてください。
→< http://www.thebelltree.com/archives/the_english_times/ >


■【注意】必要なメールも「迷惑メール」に入ってしまうことがあります

迷惑メールフィルターは完璧ではなく、必要なメールも誤って「迷惑メール」と
してしまうことがあります。詳しくは↓で解説しております。
→< http://www.legit8.com/spam.html >


■配信停止・解除

今までお読みいただきありがとうございました。
↓のページの指示に従って、アドレスを入れ、"配信停止"を押してください。
→< http://www.thebelltree.com/unsubscribe-et.html >



────────────────────────────────────

 メルマガ名 :英語力向上メルマガ The English Times
 発 行 者 :鈴木 拓(ハンドルネーム:Ken Adams)
発 行 ペース:毎週月・金曜日発行
発行 システム:まぐまぐ! http://www.mag2.com/
配信停止・解除:http://www.thebelltree.com/unsubscribe-et.html
メールアドレス:drama-et[at]all-english.com

※1:スパム対策のために@を[at]にしています。

※2:教材に関するお問い合わせは↑のアドレスではなく、
   ↓からお願いいたします。

「正統派の英語学習プロジェクト」
→< http://www.legit8.com/contact.html >

「分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://www.grammar51.com/contact.html >

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://www.newbeginning24.com/contact.html >


※3:講座を受講中の方は、受講者様専用アドレスにご質問下さい。

※4:相互紹介は受け付けておりません。

※5:新規の広告主様は募集しておりません。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times