fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




wayの意外な使い方

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第575号 2009/05/04 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


じっくり学びたい初心者の方、英会話もできるようになりたい中級者の方に
オススメの人気新講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

では現在第5期生を募集させていただいております。


英語には学ぶべき順番があり、順番を間違えると「ザルに水」になります。

例えば、「不定詞がわからない」からと言って、教材の不定詞の部分だけを読ん
でも、基礎がわかっていないと、結局理解できず、根本的な解決にならないこと
が多いのです。

私自身が昔は通信簿2、偏差値30と英語が苦手でしたし、
(今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を持っています)

今までに7,400名以上の方に英語指導をさせていただいて来たので、
それは手に取るようによくわかります。


受講生さんのご質問の部分より基礎の部分を解説することがありますが、すると

「今まで自分がわからなかったのは、もっと基礎がわかってなかったからなんで
 すね! ありがとうございました!」

とびっくりされることがあります。残念ながら、

・初心者は英語が積み重ねであり、自分に基礎が不足していることに気づかない
・教材の多くは「英語が昔から得意な人」が作っているため、基礎の説明が不足

という2つの理由から、なかなか初心者は初心者レベルを脱出できないのです。


そして、中級者も

「読んだり聞いたりすればわかることが多いけど、話すとなると…」

と「英会話」の面で悩みを抱えている方が多いのです。


語彙と英文法、リスニングができていれば、英語を読んで聞き取れます。

しかし、自分で英文を作ってしゃべるには、知識を身に付けることにプラスして
知識を応用するトレーニングも必要なのです。


新講座

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

では、

・英文のツールの基礎知識を身に付ける
・身につけた知識を使って、英文を作れるようになり、英会話でも応用できる力
 を身に付けること

を目標に、基礎から時間をかけて説明させていただくと同時に、
その知識を使って、英文を作っていただきます。

アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)のネイティヴ音声付きで、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

・時間をかけてでも、基礎からゆっくり学びたい初心者
・英会話でも応用できる知識を身につけたい中級者

には自信を持ってオススメできる講座となっております。
詳しくは↓をご覧下さいませ。(無料サンプルも公開しております)
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >



※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード7)
------------------------------------------------------------------------

レイチェル、ロス、レイチェルの父は一緒にディナーをする予定になっている。

ロスとレイチェルは付き合っているのだが、残念ながら、ロスはレイチェルの父
にはあまり気に入られていない模様。

そこで、仲を深めようとレイチェルは3人のディナーを企画。ロスは嫌がってい
たが、結局ディナーをすることに。

しかし、結局ロスとレイチェルの父は仲良くなれないまま。

以下はディナーが終わり、テーブル会計も終わったところ。レイチェルの父はレ
ストランの友人に挨拶をしに行っており、ロスとレイチェルはそのままテーブル
にいる。

ロスがイライラしているので、レイチェルがそれをなだめる。ロスが支払いを
チェックすると、レイチェルの父があげたチップがやたらと少ないことに気づく

そこで、ロスは密かに20ドルのチップを追加する。チップを置いた場面は気づか
れなかったが、その後、レイチェルの父に20ドルが置かれているのに気づく。

そこで、「誰が20ドル置いたんだ」と言う。

レイチェルの父としては、自分がごちそうしてあげたのに、勝手にチップを追加
されたことが不満。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2009/04/achievement_tes.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ロス: Oh, yeah, that would be me, um, I have, I have a problem I-I tip
   way too much, way, way, too much, it's a sickness really.

レイチェル: Yeah it is, it is. (to Ross) We really, really have to do
      something about that.

ロス: I know.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー

非効率な学校英語の勉強法や、
「聞き流すだけで」「1日10分だけで」というような奇をてらった教材・勉強法

では、英語はなかなかできるようになりません。

やるべきなのは「学校英語とは違い効率的でも、ある程度努力は必要な学習法」
なのです。

通信簿2、偏差値30と英語が苦手な過去がありながら、TOEIC 990(満点)を達成
し、7,400名に英語指導をしてきた経験からお教えいたします。
→ < http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



ロス:あ、はい、それは僕です。僕はちょっと悪いクセがありまして。あまりに
   チップをあげすぎるんです。ほんとーに、多すぎなんですよ。こりゃ病気
   ですよ、ほんとに。

レイチェル:えぇ、そうなのよ。そうなのよ。(ロスに)本当に、これはどうに
      かしないとね。

ロス:そうだね。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

・that would be me ロス

「誰か」と問われたときに「自分です」と名乗り出る表現です。

「20ドルを置いたのは誰だ?」と聞かれ、ロスは

「僕です」
that would be me

と言っています。



・I have a problem ロス

直訳すると「私は問題を持っている」ですが、これは悪いクセを持っていたり、
イヤな欠点、どうしても不満を表に出してしまう等の傾向があるなどがある場合
に、

「悪いクセがありまして」

という意味で使う表現です。


ロスはレイチェルの父のチップがあまりに少なすぎて、これでは失礼だと思った
ため、密かに20ドルを追加していました。

しかし、レイチェルの父にそれが見つかり、弁明するために

「僕はちょっと悪いクセがありまして」
I have, I have a problem

と言っています。



・way too much ロス

wayは「道」という意味で知られていますが、実はここではまったく別の意味で
使われています。

wayは副詞で「あまりに」という意味でして、tooを修飾しています。

ロスは

「自分はあまりに多くチップをあげすぎる」
I-I tip way too much

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

今回のtoo muchに限らず、tooの強調として、wayはよく使われます。

This bag is way too big!
「このバッグじゃ大きすぎるよ!」

ちなみに、wayをさらに強調する場合は、「ウェーーーーーイ」と伸ばして発音
します。



・do something about レイチェル

何か問題に対して

「なんとかして解決しなければならない」「なんとかしなければならない」

という意味で使われる表現です。


レイチェルはロスが密かにチップを与えていたのがバレてしまい、
ロスが「僕はチップをあげすぎる病気がある」と言ったので、それに乗って

We really, really have to do something about that
「ほんとうにどうにかしないとね」

と言っています。


★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今はゴールデンウィークのまっただ中、旅行から帰って来て、7日や11日に読ま
れている方も多いかもしれませんね。

最近、ちょくちょく趣味の夜景撮影に繰り出しています。

ゴールデンウィーク前の話ですが、地元横浜を撮影して来ました。

横浜開港博Y150のオブジェ、「アースバルーン」
みなとみらいの汽車道や、歴史的建造物群などいろいろ撮って来たのですが、

歴史的建造物の夜景を撮ると、まるで外国のようですね。

これは横浜が開港してから、外国人が多く住んでいて、
その西洋建築がそのまま保存されている影響です。

その写真をブログにアップしたので、ぜひご覧になってくださいね。
→< http://www.ace-blog.com/2009/04/post_106.html >
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times