fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




that's whyとthat's becauseの違い

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第589号 2009/06/22 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


大人気の新講座

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

の第7期募集締切が今週金曜の6月26日と迫ってまいりました。


TOEICは初心者、中級者、上級者の方、レベルを問わず目標にする試験。

しかし、級別に分かれている英検と違い、TOEICでは全員が同じ問題を解きます
そのため、初心者、中級者からするとむずかしい問題が多く、解けない問題が多
いのです。


その中で狙い目なのが、TOEICのパート5、6。
パート5、6は英文法と語彙の問題で、英文法が約55%、語彙が約45%。

その英文法の問題の内訳を見ると、
いわゆる「簡単な分野」が約75%を占めているのです。
.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ご存知の方も多いと思いますが、英文法には前置詞、従属接続詞、不定詞、関係
詞などなど、さまざまな分野があります。

その中でも、難易度があり、むずかしい分野もあれば、簡単な分野もあります。


全員が同じ試験を受けるため初心者、中級者にはむずかしいと感じる問題が多い
TOEICですが、実は英文法に限っては簡単な分野の問題が多いのです。

そのため、初心者、中級者は、まずは英文法の簡単な分野だけに専念して、
.               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
それを極めてしまうことが効果的なわけです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

英文法は積み重ねで、むずかしい分野は簡単な分野を理解していないとできませ
んから、簡単な分野をしっかりやることは後々にも、よい効果をもたらします。


その「簡単な分野」を1から、じっくりと学んでいただけるのが

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

知識を身に付けるだけでなく、英文を作る練習もしていただくので、
英会話などでも役に立ちます。


アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)の音声もついていますし、
わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問できます。

締切は今週金曜6月26日となっております!
一緒に英語学習がんばって行きましょう!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >



※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード7)
------------------------------------------------------------------------

レイチェル、ロス、レイチェルの父は一緒にディナーをする予定になっている。

ロスとレイチェルは付き合っているのだが、残念ながら、ロスはレイチェルの父
にはあまり気に入られていない模様。

そこで、仲を深めようとレイチェルは3人のディナーを企画。ロスは嫌がってい
たが、結局ディナーをすることに。

しかし、結局ロスとレイチェルの父は仲良くなれないまま。

ディナーが終わり、レイチェルの父がテーブル会計で払ってくれて会計終了。そ
こで、ロスがレイチェルの父があげたチップがやたらと少ないことに気づく。

そこで、ロスは密かに20ドルのチップを追加する。チップを置いた場面は気づか
れなかったが、その後、レイチェルの父が20ドルが置かれているのに気づく。

レイチェルの父としては、自分がごちそうしてあげたのに、勝手にチップを追加
されたことが不満で、ロスにイヤミを言って帰って行った。

以下は、そのディナーからレイチェルとモニカのアパートに帰って来たところ。

うまく行かなかったので、レイチェルは「明日ブランチにパパを呼ぶ」と、もう
一回機会を作ろうとする。しかしロスは嫌がる。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2009/06/work.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

レイチェル: Okay, look, Ross, I realize that my father is difficult, but
      that's why you have got to be the bigger man here.

ロス: Look sweetie, I could be the bigger man, I could be the biggest
   man, I could be a big, huge, giant man, and it still wouldn't make
   any difference, except that I could pick your father up and say
   "Like me! Like me, tiny doctor!"



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー

非効率な学校英語の勉強法や、
「聞き流すだけで」「1日10分だけで」というような奇をてらった教材・勉強法

では、英語はなかなかできるようになりません。

やるべきなのは「学校英語とは違い効率的でも、ある程度努力は必要な学習法」
なのです。

通信簿2、偏差値30と英語が苦手な過去がありながら、TOEIC 990(満点)を達成
し、7,800名に英語指導をしてきた経験からお教えいたします。
→ < http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



レイチェル:そうね、ロス。父さんは確かにむずかしい人だけど、だからこそロ
      スが大きな人にならないとダメなのよ。

ロス:あのね、レイチェル。大きな人になれるよ。最大の人にだってなれるよ。
   めっちゃ超でかい人にだってなれるよ、それでも意味ないんだよ。せいぜ
   い、お父さんをつまみ上げて、「僕を好きになって! 小さなドク
   ター!」って言うぐらいだよ。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

・that's why レイチェル

「だから~なんだ」という意味の表現です。

レイチェルは

「父さんはむずかしい人だけど、だからこそロスが大きな人にならないと」

my father is difficult, but that's why you have got to be the bigger
man here

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

似たような表現に

that's because

という表現がありますが、こちらは「というのは~だからだ」という意味です。


日本語訳で見るとわかりづらいのですが、
矢印で考えるとわかりやすいです。


It was raining. That's why I took a cab.
I took a cab. That's because it was raining.
「雨が降っていたから、タクシーに乗った」

that's whyは、話の流れが、→
that's becauseは、話の流れが、←

となります。


間違えると、

I took a cab. That's why it was raining.

「君がタクシーに乗ったら雨が降るのか!?」

と、まるで神のような存在になってしまうので、注意が必要です。



・have got to レイチェル

基本的には「have to」と同じ意味で、「~しなければいけない」という意味で
す。

have got to(現在完了形)もしくはgot to(過去形)で使われるのですが、
意味は現在形です。

レイチェルは

「父さんはむずかしい人だけど、だからこそロスが大きな人にならないと」

my father is difficult, but that's why you have got to be the bigger
man here

と言っています。



・make a difference ロス

直訳すると「違いを作る」ですが、意味としては

「重要である」「役に立つ」「効果がある」

という意味になります。

ロスは否定形で使っており、

「(ロスが大きな人になっても)それでも意味ないんだよ」

it still wouldn't make any difference

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

この表現にはいろいろと応用の形があります。
ロスが使った、

don't make any difference
「全然意味がない」

もそうですし、

make no difference

もロスが使ったのと同じ意味です。


ほかには、

make a huge difference
「とても効果がある」

make all the difference
「非常に効果がある」

などもよく使われます。



★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

東京メトロ副都心線が開通してから、もう早いもので、1年が経ちます。

現在のところは横浜に住んでいる私はそこまでは使わないのですが、
2012年に、横浜と渋谷を結ぶ東横線と直通になることから、注目はしています。

副都心線は東武東上線と直通運転していて、渋谷から川越まで一本で行けます。


大学の友達で、今は横浜に住んでいて、川越に実家がある友人がおり、
これはさぞかし便利だろうと思ったところ、実はそうでもないそうです。

というのも、

「急行 川越市行き」

となっていても、東武東上線に入ると、突然「各駅停車」に変身してしまうらし
いのです。


そう言えば、所沢に住んでいる友人も、西武池袋線直通の副都心線も同じように
変身してしまうらしいです。

西武は各駅停車ではなく、快速だそうですが、やっぱり急行よりは遅いそうです

所沢に行くには、結局直通運転を利用せず、池袋で乗り換えた方が早いと言って
ました。


これでは直通運転の意味がないような?
東横線との直通はどうなるのかなとちょっと心配です。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times