TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




it turned out 実は〜だった

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第613号 2009/09/14 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


大好評! 約3,800名の方に受講いただいております!

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

ですが、現在第48期生を募集させていただいておりますが、
その締切が明後日16日(水)と迫って来ております。


「TOEICで850点突破しました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点アップしました!」
「リーディングセクションだけで100点近く上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、いつも丁寧に答えてくれて、本当に助かっています!」
「これだけ英語が楽しいのは初めて!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


英文法って言うと、「英会話には必要ないもの」と勘違いされがちですが、
実はとても重要なんです。

「聞き取れたし、全部単語は知ってるけど、文全体として何が言いたいのかわか
 らない」
「言いたい単語は知ってるんだけど、どうしてもちゃんとした文にできない」

と思ったことありません?


これって、実は英文法力不足が原因なんです。

『文の構造の知識がないから、単語の意味を知っていても、
 文全体の意味が理解できない。』
『文の構造の知識がないから、ちゃんとした文でしゃべれない。』

これが原因なんです。


私には英会話スクールの元講師の友人が何人かいますが、
みんな口を揃えて、

「英会話が伸びる生徒は英語の構造の知識がある人」

と言います。


その英文法を本当の最初、「品詞」から順序よく、
しっかりと、お教えするのが、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


分からないところが出て来ても、制作者である私に直接メールで質問できます。

通信簿2、偏差値30~45と、英語が苦手だった私が、1から英文法をやり直し、
英語苦手を克服した体験を基にした講座です。

英文法を1からやり直そうという皆様、一緒に頑張って行きましょう!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード7)
------------------------------------------------------------------------

俳優学校。ジョーイがバイトで講師をしている。

ジョーイの本業は役者だが、まだまだ無名なため、役者一本では食べて行くこと
はできないため、今回のようなバイトをちょくちょく入れている。

ジョーイは有名ドラマの"ボクサーのニック"役のオーディションの機会を得るが
たまたま、ジョーイが教えているクラスの生徒も同じオーディションを受けるこ
とになる。

その生徒はかなり優秀で、ジョーイは危機感を感じ、その生徒を落とすために、
「ゲイのボクサーを演じろ」と、わざとマイナスのアドバイスをする。

以下は、ジョーイが授業中、生徒たちを前に語っている場面。どうやら、ジョー
イがオーディションに落ち、生徒が受かった模様で、その生徒は教室にはいない

ジョーイは悲しみタップリにその愚痴を生徒たちに言うが、生徒たちからは演技
の見本を見せているのだと勘違いされているようだ。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2009/09/someany.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ジョーイ: (sadly) There will come a time in each of your careers when
     you'll have a chance to screw over another soap opera actor.
     I had such an opportunity in the recent present. And I'm
     ashamed to say that I took it, I advised a fellow actor to
     play a role, homosexually.

     Yeah, we both auditioned for the part, and uh, as it turned
     out, they ah, they liked the stupid gay thing and cast him.

     And now, he's got a two year contract opposite Susan Lucci,
     the first lady of daytime television, and me, me I'm stuck
     here teaching a bunch of people, most of whom are too ugly to
     even be on TV. I'm sorry, I'm sorry, I'm sorry.

     (he gets a huge round of applause from his awestruck
     students) Thank you.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー

非効率な学校英語の勉強法や、
「聞き流すだけで」「1日10分だけで」というような奇をてらった教材・勉強法

では、英語はなかなかできるようになりません。

やるべきなのは「学校英語とは違い効率的でも、ある程度努力は必要な学習法」
なのです。

通信簿2、偏差値30と英語が苦手な過去がありながら、TOEIC 990(満点)を達成
し、8,300名に英語指導をしてきた経験からお教えいたします。
→ < http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



ジョーイ:(悲しそうに)きっと君たちも役者をやっていけば、ほかの昼メロ役
     者をだます機会が来る。最近、俺もそんなことがあった。恥ずかしい
     ことがだが、俺はだますことにした。俺はその役者にホモっぽく演じ
     ろってアドバイスしたんだ。

     あぁ、そうさ。俺らは2人ともオーディションを受けた。そしたらさ
     そのアホなゲイの演技が受けて、そいつが合格しちまったんだ。

     そして、そいつは2年契約を勝ち取って、スーザン・ルーシーと…、
     昼のテレビのファーストレディーだぜ。そして俺は、俺は…、こんな
     ところで、授業をしてるんだ。生徒のほとんどがテレビに出るにはぶ
     さいく過ぎるのに。すまん、悪い、申し訳ない。

     (生徒たちは衝撃を受け、ジョーイに大きな拍手を送る)あ、どうも



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

・screw over ジョーイ

「はめる」「だます」という意味の表現です。

ジョーイは自分が生徒をだました経験を話す前に、

「きっと君たちも役者をやっていけば、ほかの昼メロ役者をだます機会が来る」

There will come a time in each of your careers when
you'll have a chance to screw over another soap opera actor.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

screw overは、「第3文型の動詞+副詞」タイプのイディオム動詞です。

このパターンの場合、O(目的語)が何であるかによって場所が変わります。

今回の場合は、

screw over another soap opera actor

と、Oを後ろに置きました。


しかし、Oが1語の代名詞の場合、

screw him over

と挟む形で置きます。


見た目は似ていても、look atのように、「第1文型の動詞+前置詞」タイプ
はOの位置は移動しないので注意が必要です。

○look at him
×look him at
○look at that guy



・it turned out ジョーイ

「実は~だった」「なんと~だった」というように、

思っていたこととは違ったことが起こったり、ビックリすることが起こった場合
に使う表現です。

ジョーイは生徒をおとしめるために、「ホモっぽく演技しろ」と言ったのですが
逆にこれが受けてしまいます。

そこで、ジョーイは

「そしたらさそのアホなゲイの演技が受けて、そいつが合格しちまったんだ」

it turned out, they ah, they liked the stupid gay thing and cast him

と言っています。


このように、it turned outは後ろに文を続けて使います。



・be stuck ジョーイ

stick(過去、過去分詞はstuck)という動詞はいろいろな意味で使われるので
すが、ここはbe stuckで、「はまる」「とどまっている」「抜け出せない」とい
う意味で使っています。

ジョーイからすると、自分は本業の役者一本で食べて行きたいわけで、講師のバ
イトはやりたくないわけです。

それなのに、自分の生徒が、しかもマイナスなアドバイスをしたのにもかかわら
ず、合格し、有名ドラマで2年契約を勝ち取ってしまいました。

そして、ジョーイは不合格で、講師のバイトに逆戻り。

その悲しみをジョーイは

「(あいつは受かったのに)俺はこんなところで授業をしてるんだ」

I'm stuck here teaching

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

ジョーイの場合は、「役者になれず、バイトから抜け出せない」と、
抽象的に「はまっている」という意味で使っていますが、

例えば、狭い管のようなものに何かがはまってしまったように、物理的な表現に
も使えます。

It's stuck!
「はまちまった!」


また、stickはもともとは、「粘り着く」「貼る」という意味の表現です。

I'm really sweating and my shirt is sticking.
「汗一杯かいてるから、シャツが引っ付いてる」

I should stick this magnet to the refrigerator.
「このマグネット冷蔵庫に貼っとかなきゃ」


さらに、stick around(ぶらつく)、stick out(飛び出している)など、
イディオムも多いので、なかなか使いがいのある動詞です。

I'll stick around for a while.
「もうちょっとぶらついてるよ」

You should take out this nail. It's sticking out.
「この釘抜いといた方がいいよ。飛び出ちゃってるじゃん」


★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

先日のことなんですが、友人から「結婚が決まりました」メールをもらいました

彼とは良く飲みに行っていて、どんな人なのかいろいろ知っている(つもり)な
ので、何かとても嬉しくなってしまいました。

ふと「不思議だなぁ」と思ったのが、自分がそのことをやたらと嬉しく思ったこ
と。

自分が何かを成し遂げたわけでもなんでもないし、
友人に彼女を紹介したわけでも、何かアドバイスをしたわけでもなんでもないの
に、人の結婚ってなんでこんなに嬉しいんでしょうね?

自分の気持ちなのに、不思議です。

ほんと、おめでとうございます。
2人ともぜひお幸せに!
(まだ彼女さんと会ったわけではありませんが)


そう言えば、なぜか私の友人は今年結婚の人が多いです。
自分も含めると、4人目なんですよね。

会社の同僚、上司、部下、親戚とか入れると、4人は珍しくないのかもしれませ
んが、純粋に友人のみでっていうとけっこう多い気がします。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times