TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




TOEICリーディング対策

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第296号 2010/02/24 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破! しかも、文法問題は全問正解でした!」

4,300名以上の方が受講されている、大好評の

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

ですが、第56期生募集の締切が明日25日(木)と迫ってまいりました。


「TOEICで900点突破しました!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


メルマガで、TOEICや英会話等、目標に関係なく、英文法の必要性をお話させて
いただいておりますが、

リスニング、リーディングで、

「全部知っている単語なのに文全体として意味が分からない。」
「スピードが速すぎて着いて行けない。」
「読むスピードが遅くて、時間内に終らない。」

なんてことをなくし、力を発揮するためには、

「文の構造から、それぞれの単語がどんな役割を果たし、どんな意味をもたらし
 ているのかを理解する。」

「英語のまま理解できるようになり、スピードに対応できる。」

「英文を真っすぐに帰り読みせず、日本語訳に頼らずに読む。」

ための能力、「使える英文法」が必要なんです。


「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

では、「品詞」という一番の基礎から英文法を学んでいただけます。

「問題が解ければいい。」

ではなく、「英会話やリスニング、リーディングでも使える英文法」を目指すス
タイルです。


分からない部分がありましても、制作者である私に直接メールでご質問していた
だけます。(こちらのサポート制度が大変好評です!)

英語学習を一緒に頑張って行きましょう!
締切は明日25日(木)の24時になります!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆TOEICリーディング対策
------------------------------------------------------------------------

ネットで申し込まれた方限定ですが、
一昨日の昼頃、1月31日に実施されたTOEICの結果が発表になりましたね。
→< http://51.thebelltree.com/toeic_official.htm >


ちなみに、郵送での結果はまだもう少し時間がかかるようです。
あくまで今までの傾向からするとですが、今週末の前後でしょうか。

今回はその結果を受けて、TOEICの今後の対策についてお話しいたします。

ちなみに、今回お話しするのは、リーディングの対策です。
TOEICを受けない方でも、リーディング対策としてお役に立てるかと思います
ので、ぜひご覧下さいませ。



■リーディングセクションは大きく2つに分けられる


TOEICでのリーディングセクションは、

「リーディング」

とは言っても、リーディングの問題は、
実際のところ、リーディングセクションの半分ぐらいでしかないのです。


リーディングセクションは3つのパートにわかれていて、
それぞれの内訳は以下の通り。

パート5:40問 単文穴埋め問題
パート6:12問 長文穴埋め問題
パート7:48問 読解問題


いわゆる、リーディング問題と言えるのは、実はパート7だけ。

パート5と6は穴埋め問題であり、
「語彙」と「英文法」の知識が問われる問題。

特にパート5に関しては、リーディングはまったく関係ないのです。


それなのに、リーディングセクションのスコアが良くないからと言って、

「読むのが遅いからダメだ」
「もっと英語を読む練習を一杯しなければ」

と思ってしまうと、思わぬ穴にハマってしまうことがあります。



■パート5、6で注意すべき点


パート7については、後でお話しするとして、
まずは、パート5、6についてお話しさせていただきます。

パート6は形は長文ではありますが、
実際のところ、あまりパート5の単文穴埋め問題と変わりません。


なぜなら、長文を読んで、その文脈から答えなければならない問題は非常に少な
く、その前後から、語彙と英文法の知識を駆使して答える問題ばかりだからです

つまり、問われている知識は、パート5と同じ、

「語彙と英文法」

ですし、実際読んでいる分量も実はパート5と変わらないわけです。


パート5、6で注意すべき点は、

「語彙と英文法の問題がほぼ半分ずつ出る」

という点です。


注意すべき点には見えないかもしれませんが、
実はこれが非常に重要なのです。

以前から、メルマガをお読みいただいている方にはもうすでにさせていただいた
お話かとは思いますが、パート5、6をやって、

「あー、知らない単語ばかりで解けないなぁ。
 パート5、6って語彙の問題ばっかりじゃん。
 ってことは、英文法じゃなくて、語彙をやらないとダメなんだな」

と思っている方いらっしゃいませんか?


そうだとしたら、弱点を勘違いしちゃっているかもしれません。

その回によっても違いますが、
パート5、6の語彙と英文法の問題の比率は、大体、

語彙:45%
英文法:55%

と、半分半分なのです。


それなのに、「語彙の問題ばかり」と勘違いしてしまっているということは、
語彙が足りないのはもちろんですが、

「英文法の力が低くて、英文法の問題を語彙の問題と誤って認識している」

ということになります。


これも、以前からご覧いただいている方はご存知かと思いますが、
例えば、↓の問題。

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the
situation the company was facing was very serious and a ------ solution
was required.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively

答え B


選択肢や問題文を見て、

「知らない単語ばかりで解けないなぁ」

なんて思ってませんか?


実は、これ、英文法の問題なんです。

たとえ、選択肢や周りの単語を知らなくても、英文法の知識があれば、

「ここに入るのは形容詞。意味はわからないけど、単語の形からして、
 形容詞はBだな。だからBが正解だ」

と、解ける問題なんです。


逆に、意味を知っていても、英文法がわからなければ、

Aなら、「理解する解決策が要求された」
Bなら、「包括的な解決策が要求された」
Cなら、「理解解決策が要求された」
Dなら、「包括的に解決策が要求された」

え? どれも良さそうな…。

と解けないわけです。


語彙も重要ですが、英文法もそれと同じか、それ以上に重要です。
しっかりと英文法も鍛えておいてください。

※:英文法は↓から、「品詞」という基礎から学べます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



■パート7で注意すべき点


パート5、6は語彙と英文法の問題でしたが、
パート7は文句なしに、リーディングの問題といえます。

「じゃあ、リーディング問題なんだから、英文を読みまくればいいか?」

というと、そう単純な話ではないのです。


確かに、英文を大量に読むことは重要です。

しかし、それは、

・正しい読み方が出来る
・正しい読み方を身につけられるだけの基礎力がある

という条件を満たした上での話です。


以前からお話しさせていただいていますが、英語の基礎は

語彙、英文法、リスニングの3本柱。

それ以外は応用であり、この基礎3本柱ができていないと、
応用だけやっても、あまり力はつきません。


リーディングなので、リスニングは関係ありませんが、
語彙と英文法はしっかりとできていないとリーディングはできません。

英語を読む際、どうやって読んでますか?


「1文ごとに日本語に訳して読んでいる」
「知っている単語の意味をつなげて読んでいる」
「単語をつなげて、読み返したりしながらもがんばって読んで行く」
「適当に、何単語かで切りつつ、先に進めて行く」


これでは、正しい読み方とは言えないので、
いくらこの読み方でがんばっても、壁に当たってしまいます。

例えて言うなら、

楽譜の読み方も知らない、鍵盤のどの位置がどの音か知らないのに、
ひたすらピアノの実践練習をしている

ゴルフクラブの違いもわからないし、クラブの正しい握り方も知らないのに、
ひたすらゴルフボールを打つ練習をしている

ようなものです。


正しい読み方は、
先頭の単語から、きっちりと、ブロックの区切りを意識して読むことです。


英語には、ブロックというものがあります。

例えば、

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the
situation the company was facing was very serious.

だったら、

Those who attended the afternoon meetingが1つのブロック
agreement that the situation the company was facing was very serious
も1つのブロック

そして、このブロックの中でも、
the situation the company was facingもまた1つのブロック。

というかたまりがあるのです。


これが見えるようになると、一気に英語が読みやすくなります。

そして、これがわかるには、英文法の知識が必要なのです。


英文には英文の構造というものがあります。
それを意識しないで、ただ単に日本語に訳して読んでいたのでは、

・時間と労力がかかる
・きちんと意味を理解できないことがある

という弊害があります。


その英文の構造の知識こそ英文法なのです。

もちろん、英文の構造がわかっただけでは読めませんから、
語彙も必要です。

しかし、英文法がわかっていれば、
ある程度知らない単語があっても、読めると言う利点もあります。


このように、パート7も元をたどれば、
結局は、語彙と英文法に行き着くわけです。



■語彙と英文法をきっちりと!


以上で、今回のお話はおしまいです。

パート5、6はもちろん。
実はパート7であっても、語彙と英文法が重要なことがお分かりいただけたと
思います。


もちろん、語彙と英文法ができたら万事が解決というわけではなく、
それに加えて、リーディングの練習も必要です。

ただ、まだ語彙と英文法ができていない人はまずはこちらが先なわけです。

基礎ができていなければ、応用はできませんからね。


私自身、昔は偏差値30、通信簿2(5段階)と、英語が苦手で、
語彙と英文法ができていないのに、
リーディングの練習ばかりして、まったく成績が伸びなかったことがあります。

しかし、逆に、基礎からやり直したら、一気に英語力がついたという経験があり
基礎の重要性は肌で実感しております。


まずは、語彙と英文法。(プラス、リスニングも)
ここからがんばって行きましょう!


英文法を学びたい方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

がお役に立てれば幸いです。


★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

連日の中華街ネタで恐縮ですが、日曜日テレビを見ていたら、
中華街特集をやっていました。

中華街の番組は別に珍しくないのですが、
ビックリしたのは、取り扱われていたお店。

2店取り扱われていたのですが、2つとも私が常連のお店でした。

私がよく行くお店は3店舗あるのですが、
そのうち、2店舗が出ていたのですから、そりゃビックリです。

しかも、最近テレビに出ることが多い、食べ放題とか、激安店というタイプの
お店ではなく、昔からやっている老舗のお店ですから、なおさらビックリ。

フジテレビの「ザ・ノンフィクション」という番組でしたが、

テーマとしては、

「食べ放題や食べ歩きに客を奪われ勝ちな、
 今の中華街で老舗店舗をどう経営して行くか」



「女将さん中心のお店で、男をいかにお店にかかわらせるか」
(片方の店舗では、旦那さん、もう片方では跡取りの長男でした)

という、硬派なテーマ。


地元民からすると、食べ歩きはともかく、なんで食べ放題に行く観光客が多いの
か謎ですが(経験上、食べ放題はあまり美味しくないので)、

「やはり、客を奪われつつあるんだなぁ」とちょっとショックだったと共に、
このお店に今後もぜひ行きたいなぁと思いました。

どちらの女将さんもいつも愛想がよい方ですが、
裏では苦労していたんですね。


取り扱っていたお店は、

獅門酒楼(しもんしゅろう)
http://www.ace-blog.com/2010/02/post_127.html

一楽(いちらく)
http://www.ace-blog.com/2010/02/post_125.html

の2店舗。


どっちかと言うと私は獅門酒楼によく行きますが、
どちらもぜひオススメのお店です。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典