TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




Whaling Dispute 捕鯨の論争

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第660号 2010/02/26 (金) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEICでいい点を取りたい!」

今まで、私は9,100名以上の方に英語指導して来ましたが、
英語学習者の「英語学習をする動機」の1位はTOEICです。


実際にTOEICを受けたことがある方は実感されていると思いますが、
TOEICのスコアアップはそう簡単ではありません。

しかし、そんな中、私は通信簿2、偏差値30という英語が苦手な過去がありなが
ら、1年でTOEIC 900を達成し、現在では990(満点)を持っています。

私の講座の受講生さんも続々成果を出されており、

「150点アップしました!」
「リーディングだけで100点近く上がりました!」
「一気に100点近く上がりました!」

とうれしいご報告をいただいております。


TOEICで問われる力は2つ。

「語彙、英文法、リスニング、リーディングなど、英語力そのもの」
「持っている英語力をスコアに反映させるテクニック」

です。

どちらが欠けてもよいスコアは出ません。


「1日10語のように、少ない単語数しかやっていない」
「"英文法は覚えることが多い"と思っている」
「とにかく英語を聞いていれば、聞き取れるようになる」
「英文を一杯読んでいれば、リーディング力がつく」
「英会話スクールに行けば英会話ができるようになる」
「TOEICのリーディングセクションが全部終らない」
「TOEICのリスニングセクションで、考えている間に次の放送が始まっちゃう」

こんな方は要注意ですよ!

「英語力アップ」「テクニックを身に付ける」
この両方ができるのが、4,000名以上の方にご利用いただいている人気講座、

「1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習プロジェクト」
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

です。


今後TOEICを受ける予定の方、TOEICが直前に迫っている方、

TOEICには興味がなく、英会話や映画・海外ドラマ、洋書・英字新聞など別の目
標の方、

初心者、中級者、上級者


目標、レベルを問わず、英語学習をする方、ほぼ全員に自信を持ってオススメで
きる講座となっております。

英語学習がんばって行こうという方はぜひご利用いただければ幸いです。
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号の新聞記事
------------------------------------------------------------------------

Japan, Australia bond on nukes but not whales

Foreign Minister Katsuya Okada and his Australian counterpart, Stephen
Smith, agreed Sunday to work together on achieving nuclear disarmament
but remained apart on the dispute over Japanese whaling in the Antarctic
Ocean.

-From The Japan Times Online
→< http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20100222a4.html >


────────────────────────────────────
◆構造チェック
------------------------------------------------------------------------

☆本メルマガでは以下の記号を使用します。
→< http://www.thebelltree.com/kigou.html >

☆↓の図が崩れて見える方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/monospace.html >

☆↑の設定をしても上手く行かない方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/100226.html >


前半

.    S
│[[Foreign Minister Katsuya Okada] and [his Australian counterpart,
└─────────────────────────────────

.          V         O
Stephen Smith]],│agreed (Sunday) │[to work together on achieving
────────┴─┬──────┴───────────────
.          SP3

nuclear disarmament]│
──────────┘


to work(名詞)

. S   V
│略│to work (together) (on [achieving nuclear disarmament]) │
└─┴──┬─────────────────────────┘
.     SP1


achieving(動名詞)

. S   V      O
│略│achieving │nuclear disarmament │
└─┴──┬──┴──────────┘
.     SP3


後半

. S   V    C
│略│remained│<apart (on [the dispute <over [Japanese whaling <in the
└─┴──┬─┴────────────────────────────
.      SP2

Antarctic Ocean>]>])> │
───────────┘


※:↑の図が崩れて見える方は、↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/monospace.html >

※:↑の設定をしても上手く行かない方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/100226.html >



★ 真っすぐ読めるようになるには、英文の構造が見抜ける英文法力が必要です
  英文法を↓で、一番の基礎から一緒に身につけて行きましょう!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 読めるだけでなく、自分でも英文を作って英会話でしゃべれるようになりた
  い方、あるいは初心者の方は↓がオススメです。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


────────────────────────────────────
◆語彙解説
------------------------------------------------------------------------

☆本メルマガでは以下の記号を使用します。
→< http://www.thebelltree.com/kigou.html >


・bond [1V] 一致する、結びつく

・nuke [C] 核兵器

・whale [C] クジラ

・foreign minister [C] 外務大臣

・counterpart [C] 同じ立場の人

日本語にはない表現ですが、英語では、一度出た肩書きで、国や会社が変わった
だけの場合、この単語を使います。今回の場合、foreign ministerを受けていま
す。


・agree [1V, 3V] 同意する

・work [1V] 行動する、働く

・achieve [3V] 達成する

・nuclear [形] 核の

・disarmament [U] 軍縮、廃絶、武装解除

・remain [2V] ~のままである

・apart [形, 副] 離れて

・dispute [C, U] 論争 [3V] 争う

・whaling [U] 捕鯨

・the Antarctic [名] 南極

・the Antarctic Ocean [名] 南極海


★ 単語の覚え方にはコツがあります。やり方を間違うと「ザルに水」に?
  通信簿2, 偏差値30と英語苦手が1年でTOEIC 900を達成した英語学習! 
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >


────────────────────────────────────
◆日本語訳
------------------------------------------------------------------------

日本とオーストラリア、核兵器問題では一致も、クジラでは平行線

岡田克也外務大臣と、オーストラリアのスティーヴン・スミス外務大臣は、日曜
日、核軍縮を達成するために共に行動することで合意したが、南極海での日本の
捕鯨を巡っての論争については物別れのままだった。


────────────────────────────────────
◆背景知識解説
------------------------------------------------------------------------

日本人からすると、理解しがたいかもしれませんが、欧米の観点からすると、
「知的な生物なのでかわいそう」などの理由で、同じ漁でもクジラは特別扱いさ
れます。

そのため、国際的な決まりで、捕鯨には大きな制限がかけられています。

クジラ保護の感情がかなり激しい人もおり、シーシェパードという団体など、
クジラの調査船に攻撃を加えてまでも、阻止しようとする人もおり、
現に、クジラ調査船の乗組員にけが人が出ています。

シーシェパードほど過激なのは珍しいですが、欧米人は捕鯨をよく思っていない
人が多く、オーストラリア政府も、その国民の声に配慮して、国際機関への捕鯨
のさらなる制限の提訴を行うと発言をしています。


★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

私は昔から米軍の隣で育ち、アメリカ人との交流もありましたし、
多くのネイティヴ友人もいますので、
日本人の中では、欧米的な考え方をする人間だと思いますが、
それでも、反捕鯨の動きはどうも理解できません。

捕鯨が盛んだった昔とは違い、
クジラが絶滅しそうというわけではないのですからね。

それに、かわいそうって言っても、
牛や豚、魚や貝、野菜や果物だって一緒だと思うんですけどね。

なぜ、クジラだけ特別扱いするのかはどうも理解できません。

別にクジラを食べるわけでも、
それほど食べたいと思うわけでもないんですが。


そう言えば、全然関係ありませんが、皆さん、靴ひもって靴を履くとき以外に
どれぐらい結びますか?

要するに、普通に靴を履いていたら、靴ひもがほどけてしまうって、
よくありますか?

もちろん、誰でも多少はあると思うんですが、
私の今の靴は、やたらとひもがほどけます。

もう片方の足で、靴ひもを踏んでしまってほどけるってならわかるんですが、
今の靴の場合、そうでもないのに、気づいたらほどけています。

渾身の力を込めてかたーく結んでも、ほどけてしまいます…。
こんなことは初めてなので、なんとも不便な靴です。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times