TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




TOEICリーディングが時間切れになる場合

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第302号 2010/04/07 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」

4,500名以上の方が受講されている、大好評の

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

ですが、第58期生募集の締切が明日8日(木)と迫ってまいりました。


「TOEICで900点突破しました!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


メルマガで、TOEICや英会話等、目標に関係なく、英文法の必要性をお話させて
いただいておりますが、

リスニング、リーディングで、

「全部知っている単語なのに文全体として意味が分からない。」
「スピードが速すぎて着いて行けない。」
「読むスピードが遅くて、時間内に終らない。」

なんてことをなくし、力を発揮するためには、

「文の構造から、それぞれの単語がどんな役割を果たし、どんな意味をもたらし
 ているのかを理解する。」

「英語のまま理解できるようになり、スピードに対応できる。」

「英文を真っすぐに帰り読みせず、日本語訳に頼らずに読む。」

ための能力、「使える英文法」が必要なんです。


「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

では、「品詞」という一番の基礎から英文法を学んでいただけます。

「問題が解ければいい。」

ではなく、「英会話やリスニング、リーディングでも使える英文法」を目指すス
タイルです。


分からない部分がありましても、制作者である私に直接メールでご質問していた
だけます。(こちらのサポート制度が大変好評です!)

英語学習を一緒に頑張って行きましょう!
締切は明日8日(木)の24時になります!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆TOEICリーディングが時間切れになる場合
------------------------------------------------------------------------

ネットで申し込まれた方限定ですが、
一昨日の昼頃、3月14日に実施されたTOEICの結果が発表になりましたね。
→< http://51.thebelltree.com/toeic_official.htm >


ちなみに、郵送での結果はまだもう少し時間がかかるようです。
あくまで今までの傾向からするとですが、今週末の前後でしょうか。

今回は、「TOEICリーディングが時間切れになる」方向けのお話をさせていただ
きます。

3月にTOEICを受験された方も、されていなくても今後TOEICを受ける可能性があ
る方はぜひご覧下さい。



■そもそも時間切れになる人の方が圧倒的に多い


実際にTOEICを受験されたことがある方はご存知かと思いますが、
TOEICのリーディングセクションはとても問題が多いです。

100問もある問題を、たったの75分で解ききらないといけません。


中学・高校の定期試験、高校・大学入試、英検と言った、
日本人になじみのある試験は、

「むずかして解けない」

ということはよくありますが、

「時間が足りなくて、全然終わらない」

ということはそれほど頻繁に起きることではありません。


どっちかと言うと、日本の試験は、熟慮した上での正確性が求められます。

しかし、TOEICは、そうではなく、とにかくスピードを要求します。


このように、従来の日本の試験とTOEICでは、その性質に大きな差があるのです

そのため、特別に対策をしないと、よっぽど英語ができる人じゃないと、
TOEICは時間内に終わりません。

と言いますか、時間内に終わらない人の方が圧倒的に多いのです。

私がTOEIC 900を取ったときも、5問ほど残っていました。
(当然、適当にマークしたので、ノーマークではありませんが)


中には、20問、30問残してしまう方も珍しくなく、
600以上取れているのに、30問残ってしまったという方のお話を聞いたこともあ
ります。


実際のところ、かなり対策をしても、
全問終わらせるのはけっこうむずかしいです。

しかし、ちゃんと対策をすれば、確実に残ってしまう問題は減らせます。

そして、当然、残ってしまう問題が減れば、スコアも上がって行きます。


今回は、
時間切れになってしまう方をいくつかのケースにわけて、お話しいたします。



■ケース1:パート5、6に時間をかけ過ぎ


ほとんどの人は、パート7をやっている途中に時間切れになります。

そして、パート7は読解問題です。
そこから判断して、

「あー、自分は読むスピードが遅すぎる」

と単純に考えてしまう方が多いのですが、かけている時間を見ると、

「実は、問題はパート7ではなく、パート5、6」

という方が多いです。


こう言うと、身もふたもないですが、

「リーディングセクションの75分と言う時間は、パート7だけでなく、
 パート5、6と共通した制限時間」なのです。


つまり、パート5、6で時間をかけ過ぎていたら、
パート7でいくら速く読んだとしても、時間が足りません。

そして、実際のところ、ほとんどの人がパート5、6に時間をかけ過ぎています


パート5、6は、語彙と英文法の問題が、ほぼ半分ずつ出題されます。

語彙と英文法というのは知識です。
知識の問題ということは、

「知っていれば解ける。知らなければ解けない」

という性質を持っています。


そのため、特に英文法の問題はその性質が強く、

「解ける人はほんの5秒で解けてしまうのに、
 解けない人は2分考えても解けない」

という問題が珍しくありません。


すべての問題を解きたいと言う気持ちはわかります。
ただ、TOEICにおいては、そんな時間はないのです。

「解けるんならさっさと解く。
 解けないのなら、諦めて適当にマークして、次に進む」

という、「いさぎよさ」が必要です。


長くても、パート5、6は1問あたり30秒以内。
できれば、20秒か25秒以内に収めたいところです。


そして、「いさぎよさ」にプラスして、もちろん、

「さっと解ける問題を増やすように、
 語彙と英文法を鍛えること」

これが重要です。


※:英文法は↓から学んでいただけます。

初心者向け:「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

初中級者以上向け:「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



■ケース2:パート5、6は感覚で解いている


「パート5、6はちゃんとしたスピードでできている。
 スコアシートを見ても、英文法や語彙は悪くない。
 でも、パート7がどうにも苦手で、20問以上残ってしまう」

こんな方は、

「パート5、6は感覚やパターン解法で解いていて、
 実は、語彙と英文法、特に英文法がちゃんとした知識になっていない」

という可能性があります。


先ほどお話ししたように、パート5、6は語彙と英文法の問題です。

語彙と英文法のうち、語彙に関しては、

「パート5、6のためだけに学習している」

と思っている方は少ないと思います。


「パート5、6もそうだけど、リスニングやリーディングにおいて、
 知らない単語を減らせば、もっと意味が取れるようになる」

ということをわかって語彙学習されていると思います。


しかし、英文法も同じような意識でやっている方の率は語彙に比べて、
ガクッと落ちるはずです。


つまり、

「英文法は、パート5、6の問題を解くためだけに学習している。
 英文法はリスニングやリーディングには一切関係ないものだ。
 英文法は問題さえ解ければよいもので、パターン解法の暗記や、感覚で良い」

と思っている人が多いということです。


確かに、パート5、6ためのだけなら、
パターン解法や感覚だけでも、ある程度解けてしまうかもしれません。

例えば、よくメルマガで説明のために使う↓の問題ですが、

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the
situation the company was facing was very serious and a ------ solution
was required.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively

答えはBだとわかっても、

「よくわからないけど、何となくこれが正解だと思う」
「この手の問題を解いて来た経験から、こういうパターンだ」

と思って、解いている方も多いと思います。


確かに、この問題に限っては、それでもいいのですが、
これでは、ちゃんとした「英文法の知識が身に付いている」とは言えません。

Bが正解であるのには、

「構造上、この場所には形容詞が入り、単語の形からすると形容詞はBだけ」

というれっきとした理由があるのです。


パターン解法や暗記で、こういった理由まで論理的に学ばないと、
その知識は「問題を解く」こと以外では役に立ちません。

つまり、

・リーディングにおいて、複雑な文でも意味が取れる
・リーディングにおいて、長い文でも読み返さずに読める
・リスニングに置いて、複雑な文の意味も取れる

といったことに応用できないのです。


パート5、6がちゃんとできているのであれば、
語彙と英文法の力があるのですから、

本来なら、パート7はある程度できるはずです。


1問も残らないとは言いませんが、
20問以上残るようなら、それは、

「問題が解けているだけで、英文法がちゃんとした知識になっていない」

という可能性が高いです。


こう言った方は、一度、英文法を体系的に学び直す必要があります。

ただ、パターン解法や感覚とは言え、問題は解けるのですから、

「あー、だから、この問題はこれじゃないと正解じゃないんだ!」

という理由が後付けでわかるようになってきますから、
本当に知識がゼロの人よりかは、進歩が速いです。


※:英文法は↓から学んでいただけます。

初心者向け:「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

初中級者以上向け:「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



■ケース3:純粋にリーディング力不足


「パート5、6に時間をかけ過ぎというわけではない。
 英文法だって、ちゃんとした知識になっているはず。
 でも、どうしても全問終わらない」


そんな方は、純粋にリーディング力不足と言えます。

リーディングの下地である、語彙と英文法ができていれば、
ある程度のリーディング力は備わっていると言えます。


しかし、それで完璧というわけではありません。

リーディング力をつけるには、

「実際に、語彙と英文法の知識を使って、
 英文を真っすぐに読む練習」

をする必要があります。


ただ、ケース1、ケース2をクリアしているのであれば、
20問のように、大量に残ってしまうことはないはずです。

残っても、10問以下、多くても15問ぐらいではないでしょうか?


先ほど、お話ししたように、問題が残ってしまう人の方が圧倒的に多いのです。

ケース1、ケース2をクリアして、
ケース3に入っている時点で、もうすでに、かなり力があると言えます。

なので、後は自信を持って、どんどん英文を読む練習をすることです。



■実は語彙と英文法がカギを握っている


以上が今回のお話になります。

以前から、本メルマガではお話しさせていただいておりますが、
リーディングは語彙と英文法の応用。

この2つのスキルが備わっていることがまず大前提です。

特に英文法は、

「問題さえ解ければ良くて、暗記や感覚でかまわない」

と思っている人が多いので、注意が必要です。


英文法は、初心者の方は、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

で、初中級者の方は、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

がお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今年は、首都圏の桜の満開が土日と重なり、お花見をされた方が多かったのでは
ないでしょうか?

確か去年は、私の記憶では、首都圏の満開は水曜日ごろで、
その前の週末だと、まだ咲ききってないし、
その後の週末だと、散り始めてしまっている。

という中途半端な日取りでした。
(自然のことだからしょうがないんですが)


ただ、残念ながら、桜が開花してから、妙な天気が続いていますよね。

ものすごい寒い日があったり、
やたらと風が強い日があったり、
はたまた、一昨日のように1日中激しい雨だったり。


私自身、桜の下で酒飲みという、いわゆる「お花見」はしないのですが、
地元の桜を見るのは楽しみです。

土日とばっちり重なったと思ったら、今度は天気が…。
と、なかなか上手く行かないものですね。


ただ、土曜日だけは好天で、私も地元、「本牧」の桜を見ることができました。

※:本牧の桜の写真↓(去年撮ったものです)
→< http://www.ace-blog.com/2009/04/post_90.html >
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典