fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




挑発的な反論 oh yeah?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第693号 2010/06/28 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900点突破しました。しかも文法問題は全問正解です!」

と続々と、受講生さんが成果を出されている
約4,800名様に受講いただいている、大好評講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

ですが、現在第62期生を募集しておりますが、
その締切が、今週木曜日7月1日と迫ってまいりました。


現在はTOEICが必須の時代。

就職・転職、昇進・昇級に条件となっている企業も多く、大学でも単位認定に
TOEICが必要な大学が増えています。

そのTOEICでも英文法の問題は多く出るのですが、その96%にある共通点がある
ってご存知でした?

それは‥。

「単独では理解できず、他の分野の理解が必要である、構造分野である。」

ということです。

TOEICの英文法は構造分野の問題がほとんどを占めているんですが、
この構造分野、「品詞」という一番の基礎から積み重ねて行かないと理解できな
い分野なんです。


例えば、「関係詞」という分野を理解しようと思ったら、品詞、文型、副詞、前
置詞、接続詞、受動態、不定詞、分詞、第5文型、動名詞、疑問節など、ほぼす
べての分野を理解していないと理解できないんです。

なので、「関係詞が分からない」と言って、関係詞の説明だけを頑張って読んで
も、他の分野が理解してないことが原因で理解できないことがあるんです。


実は私は昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。

その私が1年でTOEIC 900を達成できたのも、英文法を基礎からやり直して、
しっかりと英文の構造が理解できるようになったことがきっかけなんです。
(今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています)


そんな英文法を「品詞」という一から学んでいただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


「TOEICで900点突破しました!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


分からないところがあっても、制作者の私に直接メールで質問できます。
(このサポート制度が好評いただいております。)

一緒に英語学習を頑張って行きましょう!
締切が今週7月1日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード9)
------------------------------------------------------------------------

モニカとレイチェルのアパート。

今日は感謝祭なので、みんなで豪華ディナー。
シェフのモニカが料理をし、レイチェルとフィービーがそれを手伝っている。

ロス、チャンドラー、ジョーイの3人は、フットボール(アメフト)の試合を見
ている。

感謝祭は、アメリカでは一大イベントで、みんなで集まって豪華ディナーを食べ
て、フットボールの試合を見るというのが恒例となっている。

フットボールがハーフタイムになったので、ジョーイがみんなに「フットボール
やろうぜ」と提案。レイチェルは「やりたい」と言い、フィービーも乗り気のよ
うだ。チャンドラーも最初は乗り気じゃなかったがやることに。

そこで、ロスとモニカも誘うことに。

しかし、2人は突然、意気消沈し、「僕らはフットボールをやっちゃいけないん
だ」と言い、その原因として「昔、ゲラー家(ロスとモニカの実家)では、ゲ
ラーボウルというフットボールをしていた」と語り、説明を続ける。

モニカは「偶然、兄さんの鼻をケガさせてしまった」と言うが、ロスは同意しか
ねるようで、「意図的に肘打ちをしてケガさせて、そのまま走って行き、反則
だったから、得点は無効だ」と言う。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2010/06/count_1.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

モニカ: (to Chandler and Joey) I won the game.

ロス: Oh yeah? Then how come you didn't get the Geller Cup?

レイチェル: Um, there was a "Geller Cup"?

ロス: Yes, it was the trophy you got if you won the game. But our Dad
   said, nobody won that game, and he was sick of our fighting, so
   he took the trophy and.... (pauses to collect himself, as he is
   on the verge of tears saying this) threw it in the lake.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



モニカ:(チャンドラーとジョーイに)私が勝ったのよ。

ロス:へぇ? じゃあ、なんでお前はゲラーカップを手に出来なかったんだ?

レイチェル:あのー、ゲラーカップってのがあったの?

ロス:あぁ。試合に勝ったら手に出来るトロフィーなんだ。でも、父さんが、
   「誰も試合には勝ってない」と言って、僕らのケンカに飽き飽きしてさ。
   だから、トロフィーを手にして…(感情を抑えるためにワンテンポ。言う
   ときに泣きそうになりながら)湖に投げ込んだんだ。


────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

・oh yeah? ロス

疑問形ではなく、普通のイントネーションで発音すると、

「よっしゃー!」「やったぜ!」

という意味ですが、疑問形で発音すると、

「へぇ?」「あっそう?」

と、相手の主張を受け流し、挑発的に反論をするための表現として使えます。


モニカが「私が勝った」と主張するので、
ロスはその反論として、

「へぇ? じゃあ、なんでお前はゲラーカップを手に出来なかったんだ?」

Oh yeah? Then how come you didn't get the Geller Cup?

と言っています。



・then ロス

「そのとき」という意味で知っている方が多いかと思いますが、
「じゃあ」という意味でも使える表現なのです。

モニカが「私が勝った」と主張するので、
ロスはその反論として、

「へぇ? じゃあ、なんでお前はゲラーカップを手に出来なかったんだ?」

Oh yeah? Then how come you didn't get the Geller Cup?

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

↑の台詞の中で、how comeという表現が使われています。

これは、意味的にはwhyと同じで、「なんで~?」という意味。

ただ、構造的には、大きな違いがあります。
whyは後ろの文を、Yes/No疑問文の語順にします。

例えば、

Why you did that?

ではなく、

Why did you do that?

になります。


しかし、how comeはYes/No疑問文の語順にはならず、そのまま

How come you did that?

とでき、

How come did you do that?

とはしません。



・sick of ロス

sickというと、「病気の」「具合が悪い」という意味で知っている方が多いかと
思いますが、実は、

「飽き飽きして」

という意味もあるのです。

その場合、「sick of 名詞」という形で、
後ろに「飽き飽きしている内容」を入れます。


ロスは、ロスとモニカの父が「2人のケンカに飽き飽きしていた」と、

he was sick of our fighting

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

さらに、「飽き飽き度」を高める場合、

sick and tired of

という表現があります。


これも使い方は同じで、後ろに飽き飽きした内容をつけます。

I'm sick and tired of this humidity.
「この湿気にもううんざりだ」


★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

もう、6月も、今日を入れてもあと3日!
6月は祝日がないせいか、ものすごく早く感じます。

祝日がないのって、6月と8月だけなんですよね。

でも、8月は祝日という形にはなってなくてもお盆休みがありますから、
実質、祝日なしは6月だけなんですよね。


話はまったく変わりますが、

「英会話スクールに行ったはいいものの、簡単な文も正しく作れない」
「意外と簡単な、単語の語順がわからない」

なんてこと経験ありませんか?


これって、実は英文法の力が不足しているから。
簡単な単語の語順すら間違えてしまうのでは、
ネイティヴのレッスンもなかなか身になりません。

私自身、昔、英会話スクールに行っていたのでよくわかりますが、
英会話スクールに入ってから、英文法不足に気づくことがあるのです。

「会話用にちょっと英文法を学びたい」

そんな方にオススメなのが、先日発売された、友人、小池真由美さんの著書

『スピーキング英文法 アメリカの小学生は知っているけど日本人は知らない』
→< http://51.thebelltree.com/speaking_grammar.htm >

です。

初心者の方でも、

・中学校で学ぶ知識でスピーキングに取り組めます。
・易しい前半部分を習得するだけで
 スピーキングの実感を得られるかと思います。

「英会話スクールに行っているけど、簡単の簡単なこともわからない」

という方にぜひオススメです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times