fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




getの意外な使い方

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第687号 2010/06/07 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900点突破しました。しかも文法問題は全問正解です!」

と続々と、受講生さんが成果を出されている
4,700名以上の方が受講している大人気の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

では、現在61期生を募集中です。
その締切が今週の10日(木)と迫ってまいりました!


ところで、実はTOEICのパート5、6の英文法の問題の、96%には、

「ある共通点」

があるって知ってました?


実は、TOEICの文法問題の96%は、「構造に関する分野」なんです。

英文法には、構造に関する分野と、構造とは関係ない分野があるんですが、
TOEICは思いっきり構造の分野重視の試験なんです。


でも、実は構造に関する分野の方が厄介なんです。

なぜなら、構造の分野は他の分野を理解していないと理解できないんです。


例えば、「関係詞」という、多くの人が苦手にしている分野は、

品詞、文型、副詞、前置詞、接続詞、受動態、不定詞、分詞、第5文型、
動名詞、疑問詞‥

など、ほぼ全分野と言っていいほど、他の分野を理解していないと、
理解できないんです。


これは関係詞に限った話ではなく、構造の分野はすべてそうなんです。

一番最初の「品詞」からじっくり積み重ねていかないと、
順番を間違えたり、途中でつまずくと、分からなくなってしまいます。


「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」は、

「TOEICで900点突破しました!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


「分かる! 解ける! 英文法!」では、英文法の構造を、一番最初から、
じっくりとお教えいたします!

分からないところがあっても、制作者である私に直接メールで質問できます。

一緒に英語学習がんばっていきましょう!
締切は今週10日(木)になります。ご検討中の方はお急ぎください。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード9)
------------------------------------------------------------------------

モニカとレイチェルのアパート。

今日は感謝祭なので、みんなで豪華ディナー。
シェフのモニカが料理をし、レイチェルとフィービーがそれを手伝っている。

ロス、チャンドラー、ジョーイの3人は、フットボール(アメフト)の試合を見
ている。

感謝祭は、アメリカでは一大イベントで、みんなで集まって豪華ディナーを食べ
て、フットボールの試合を見るというのが恒例となっている。

フットボールがハーフタイムになったので、ジョーイがみんなに「フットボール
やろうぜ」と提案。レイチェルは「やりたい」と言い、フィービーも乗り気のよ
うだ。チャンドラーも最初は乗り気じゃなかったがやることに。

そこで、ロスとモニカも誘うことに。

しかし、2人は突然、意気消沈し、「僕らはフットボールをやっちゃいけないん
だ」と言い、その原因として「昔、ゲラー家(ロスとモニカの実家)では、ゲ
ラーボウルというフットボールをしていた」と語り、説明を続ける。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2010/05/be_supposed_to.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

モニカ: Anyway, Ross and I were always captains, and um, it got kind of
    competitive, and one year, Geller Bowl VI, I accidentally broke
    Ross's nose.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



モニカ:とにかく、兄さんと私がいつもキャプテンだったのよ。それで、ちょっ
    と、争いが激しくなっちゃって、ある年、ゲラーボウル6で、偶然、兄
    さんの鼻をけがさせちゃったのよ。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

・get モニカ

多くの人は「得る」という、第3文型の動詞で知っていると思いますが、
実は、非常にさまざまな使われ方をする単語なのです。

ここでは、第2文型で、形容詞をCとする動詞として、

「~という状態になる」

という意味で使われています。

モニカは、昔、子どもの頃、ロスをはじめ、家族でフットボールをしていた際に

「ちょっと、争いが激しくなっちゃって」

it got kind of competitive

と言っています。


it(フットボール)が、competitive(争いが激しい)な状態になった、

ということですね。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

getは実にさまざまな使われ方をします。

「得る」と、今回紹介した第2文型の使い方以外でよく使われるのが、

「持つ」という第3文型の意味。
getではなく、gotかhave gotと、過去形か現在完了形で使われるのですが、
意味は現在形です。

A: Oh no, I forgot my pen!
「しまった、ペンを忘れてしまった!」

B: I've got a pen.
「ペン持ってるよ」

形は、現在完了形ですが、意味は「持っている」と現在形。
haveと同じ意味です。

また、↑の例は、現在完了形ですが、過去形で使ってもまったく同じです。



・kind of モニカ

「ちょっと」「なんか」「~みたいな」というように、意味をぼかす表現です。

モニカは、昔、子どもの頃、ロスをはじめ、家族でフットボールをしていた際に

「ちょっと、争いが激しくなっちゃって」

it got kind of competitive

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

kind ofというのは、もともとは、「名詞+前置詞」で、
「~の一種」という意味で使われるものです。

An apple is a kind of fruit.
「リンゴは果物の一種だ」


しかし、ネイティヴは、kind ofをこの元の意味よりも、
「ちょっと」「なんか」「~みたいな」という意味で、
副詞として使います。

モニカが使っているのもそうですね。



・accidentally モニカ

「偶然」「事故で」「たまたま」という意味の表現です。

モニカは、子どもの頃、ゲラー家でフットボールをしていた際に、
争いが激しくなり、そのときに、

「偶然、兄さんの鼻をけがさせちゃったのよ」

I accidentally broke Ross's nose.

と言っています。


ちなみに、ほとんどの場合、breakは「骨折させる」という意味で使われ、
モニカのせいで、ロスは鼻を骨折したものと思われます。


★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

先日、テレビのリモコンが効かなくなって来たなぁ、と思って、電池を替えよう
としたら、電池が爆発して、白い粉を吹いていました。
(もちろん、白い粉は危険な気がするので、しっかりと手を洗いました)

そりゃ効かないはずですよね。

さっさと替えてればいいのに、と思いますが、
このリモコンが厄介でして、ちゃんと電池があるのに、効かないこともあるんで
すよね。

以前、効かないなぁと思って、電池を替えたら、まったく効果なし。

「効きづらい」というだけで、効かないわけではないので、
(例えば、2回押せば1回は効くとか、
 テレビに思いっきり近づくと効くとか)

そのまま使っていたら、翌日には何ごともなく直っていたりと、
なかなか厄介なリモコンなのです。

なので、今回も電池のせいではないと思っていたら、
今回は電池のせいでしたね。

昔、子どもの頃、ゲームボーイをやっていましたが、
それも乾電池だったので、よく爆発して、白い粉を吹いていましたが、
そのことを思い出しました。

我が家のリモコンも、ゲームボーイのように、
電池が入っているときはちゃんと動いてくれればいいのですが。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times