fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




Sales Tax Hike 消費税増税

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第692号 2010/06/25 (金) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900点突破しました。しかも文法問題は全問正解です!」

と続々と、受講生さんが成果を出されている
約4,800名様に受講いただいている、大好評講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

では、第62期生を募集しております。
(締切は来週木曜日、7月1日です)


「TOEICで900点突破しました!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と大好評いただいております。


実は英語のパーツの単位って、たったの5つしかないって知ってました?

そのパーツとは、名詞、動詞、形容詞、副詞、文です。

「え? 前置詞、等位接続詞、従属接続詞、関係副詞、関係代名詞、疑問詞と
 か、他にもいろいろあるんだけど‥。」

実は他のパーツはすべて、単独では存在できないもので、
何かと合体して、何かを作るものなんです。

例えば、「前置詞」

inという前置詞単独では使えず、必ず名詞とセットで使います。

in the university
「大学内に」

そして、この「前置詞+名詞」は形容詞か副詞になります。

ね? 結局は名詞、動詞、形容詞、副詞、文のどれかになるでしょ?


では、「従属接続詞」は?

althoughという従属接続詞単独では使えず、必ず文とセットで使います。

although he was in the university
「彼は大学内にいたにのに」

この「従属接続詞+文」は名詞か副詞になります。

はい、また名詞、動詞、形容詞、副詞、文のどれかになりますよね?


このように、この5つ以外のパーツは、この5つとの組み合わせで、
またこの5つのどれかに変形するんです。


このように、「合体」→「新しいパーツの完成」を理解できれば、
英語は一気に分かるようになります。


この知識は、「分かる! 解ける! 英文法!」で、学んでいただけます。

分からないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問していただ
けます。

一緒に英語学習を頑張って行きましょう!
詳しくは↓をご覧下さい。無料サンプルも公開しております。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号の新聞記事
------------------------------------------------------------------------

Sales tax hike to take a few years: Kan

Prime Minister Naoto Kan said Monday it would take at least two to
three years to increase the consumption tax.

Kan's comments came as public support for his Cabinet slipped by 6
percentage points from a week earlier to 58.8 percent, according to a
weekend Kyodo survey. He brought up raising the tax Thursday.

-From The Japan Times Online
→< http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20100622a1.html >


────────────────────────────────────
◆構造チェック
------------------------------------------------------------------------

☆本メルマガでは以下の記号を使用します。
→< http://www.thebelltree.com/kigou.html >

☆↓の図が崩れて見える方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/monospace.html >

☆↑の設定をしても上手く行かない方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/100625.html >


1文目

.      S        V         O
│Prime Minister Naoto Kan│said (Monday) │[it would take at least
└────────────┴─┬─────┴────────────
.               SP3

two to three years to increase the consumption tax] │
──────────────────────────┘


that節(that略)

. S   V        O
│it│would take│at least two to three years {to increase the
└─┴──┬──┴──────────────────────
.     SP3

consumption tax}│
────────┘


to increase(名詞)

. S    V      O
│略│to increase │the consumption tax │
└─┴───┬──┴──────────┘
.      SP3


2文目

.    S     V
│Kan's comments│came (as public support for his Cabinet slipped by 6
└───────┴─┬────────────────────────
.          SP1

percentage points from a week earlier to 58.8 percent, according to a
───────────────────────────────────

weekend Kyodo survey) │
───────────┘


as節

.     S              V
│[public support <for his Cabinet>]│slipped (by 6 percentage points)
└─────────────────┴─┬──────────────
.                    SP1

(from a week earlier) (to 58.8 percent), (according to a weekend Kyodo
───────────────────────────────────

survey) │
────┘


3文目

. S   V      O
│He│brought up│[raising the tax] (Thursday)│
└─┴──┬──┴──────────────┘
.     SP3


raising(動名詞)

. S   V    O
│略│raising │the tax │
└─┴──┬─┴────┘
.     SP3


※:↑の図が崩れて見える方は、↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/monospace.html >

※:↑の設定をしても上手く行かない方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/100625.html >



★ 真っすぐ読めるようになるには、英文の構造が見抜ける英文法力が必要です
  英文法を↓で、一番の基礎から一緒に身につけて行きましょう!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 読めるだけでなく、自分でも英文を作って英会話でしゃべれるようになりた
  い方、あるいは初心者の方は↓がオススメです。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


────────────────────────────────────
◆語彙解説
------------------------------------------------------------------------

☆本メルマガでは以下の記号を使用します。
→< http://www.thebelltree.com/kigou.html >


・sales tax [C, U] 消費税

consumption taxとも言いますし、日本ではこっちの方が多く使われます。


・hike [C] 上昇、値上げ

・take [3V] (年月などを)要する

・prime minister [C] 首相

・at least [副] 少なくとも

・increase [3V] 増やす、上げる [1V] 増える、上がる

・comment [C] 発言

・public [形] 国民の

・support [U] 支持 [3V] 支持する

・cabinet [C] 内閣

・slip [1V] 減る、滑る

・percentage point [C] パーセント

日本語では、特に使い分けませんが、支持率などを表す場合、英語で
は、percentage pointを使います。

逆に原材料などに関しては、percentを使うことが多いです。


・weekend [C] 週末

・survey [C] 調査

・bring up [3V] (話題などを)持ち出す

タイプとしては「第3文型の動詞+副詞」のイディオム動詞です。


・raise [3V] 上げる


★ 単語の覚え方にはコツがあります。やり方を間違うと「ザルに水」に?
  通信簿2, 偏差値30と英語苦手が1年でTOEIC 900を達成した英語学習! 
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >


────────────────────────────────────
◆日本語訳
------------------------------------------------------------------------

「消費税増税には2, 3年必要」菅首相

菅直人首相は月曜日、消費税を上げるには少なくとも2, 3年はかかると述べた。

菅首相の発言は、共同通信の週末調査によると、菅内閣への支持率が一週間前か
ら6パーセント下がって、58.8パーセントだったことを受けてのもの。菅首相は
木曜日に、増税の話を持ち出していた。


────────────────────────────────────
◆背景知識解説
------------------------------------------------------------------------

ここ数年、毎年財政赤字続きで、そろそろ消費税を増税しないといけない段階と
言われて来ています。

先進国の中では、日本の消費税はかなり低く、上げるべきとの声も多いのです
が、いかんせん、買い物するときにすぐに目につく税金なので、反対の声も多く
菅首相の発言で、支持率が落ちてしまいました。

菅首相もいったん、増税の話は出したものの、「それには2, 3年かかる」と
トーンダウンさせました。


★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >


────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今日は6月25日ですが、明日6月26日は、私のとって一つの区切りの日になります

実は、私が今のように、英語を教え始めたのが、
2001年6月26日なのです。

なので、2010年6月26日で、9年が経過し、10年目に突入、ということになります

なので、今日は9年目最後の日、ということになりますね。

ちょうど、この節目に合わせるように、
本日、累計受講生様が10,000名様を突破いたしました。


これも、講座受講生の皆様、メルマガを読んでくれている皆様、サイトに訪問し
てくれる皆様のおかげです。

10年目もこれからと変わらずやって行きたいと思っておりますので、
何卒よろしくお願いいたします。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times