fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




pick, stuckの意外な使い方

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第699号 2010/07/19 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」
とご好評いただいており、

4,800名以上の方が受講している大人気の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

では、現在63期生を募集しておりますが、
その締切が今週木曜日22日と迫ってまいりました。

「TOEICで900点突破しました!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座です。


TOEICのパート5、6の問題を見て、

「知らない単語ばっかりで解けないなぁ。TOEICのパート5、6は語彙問題ばっ
 かりで、自分は語彙不足だから解けない」

なんて勘違いしていませんか? 例えば↓の問題。

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the
situation the company was facing was very serious and a ------ solution
was required.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively

答えは「B」なのですが、「選択肢が全部知らない単語だから解けない」
なんて思ってませんか?

語彙の問題と判断してしまう方が多いのですが、実は、これは英文法の問題で、
選択肢の単語を1つも知らなくても、英文法ができる人なら解ける問題なのです

英文法がわかっている人には、
「ここに入るのは形容詞だ。そして単語の形からして形容詞はBだ」となります


逆に意味で考えると、

Aなら、「理解する解決策が要求された」
Bなら、「包括的な解決策が要求された」
Cなら、「理解解決策が要求された」
Dなら、「包括的に解決策が要求された」

と逆に、どれでも良いように見えてしまい、
「単語は知っていても、英文法がわからないと解けない問題」なのです。


実際のところ、TOEICのパート5、6は英文法が約55%、語彙が約45%と半々な
のです。(回によって、比率は変わります)

なのに、「語彙問題ばかり」と思うのは、
語彙不足だけではなく、英文法力不足が原因なのです。


「分かる! 解ける! 英文法!」では、その英文法を「品詞」という基礎から
「暗記ではなく理解する」スタイルで学んでいただけます。

わからないところがあっても、
制作者である私に直接メールでご質問していただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。締切が迫っておりますので、お急ぎくださいませ
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード9)
------------------------------------------------------------------------

モニカとレイチェルのアパート。

今日は感謝祭。感謝祭と言えば、フットボール(アメフト)。試合をテレビで見
ているうちやりたくなってきたので、みんなでフットボールをすることに。

レイチェルとフィービーはフットボール未経験。ロス、モニカ、ジョーイ、チャ
ンドラーは経験あり。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2010/07/hit_me_in_the_f.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ジョーイ: All right, we have to pick captains.

チャンドラー: And then Tenielles.

フィービー: Okay, so how do we decide that?

モニカ: Well, why don't we just bunny up.

レイチェル、チャンドラー、ジョーイ: What?

モニカとロス: (holding both of their hands above their heads making
       rabbit ears with their fingers) Bunny!

モニカ: Okay, looks like Ross and I are captains. Okay, so um, I
    bunnied first so that means I get to pick first. Joey.

ジョーイ: Thank you.

レイチェル: Monica, I'm your best friend.

ロス: Sweetie, don't worry you'll get picked. Chandler.

レイチェル: Ross!

モニカ: Phoebe.

(Phoebe kisses Rachel on the cheek, then joins her team)

ロス: Sweetie, now I pick you.

レイチェル: You don't pick me! You're stuck with me!



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



ジョーイ:さてと、キャプテン決めなきゃな。

チャンドラー:そして、テニールも。

フィービー:で、どうやって決めるの?

モニカ:じゃあ、バニーアップで。

レイチェル、チャンドラー、ジョーイ:は?

モニカとロス:(手を頭の上に乗せて、指でウサギの耳を作る)バニー!

モニカ:さーて、どうやら、兄さんと私がキャプテンね。で、私が最初にバニー
    したから、私が最初に選ぶね。ジョーイ。

ジョーイ:どうもー。

レイチェル:モニカ、親友なのに。

ロス:大丈夫だよ。きっと選ばれるさ。チャンドラー。

レイチェル:ロス!

モニカ:フィービー。

(フィービーはレイチェルの頬にキスして、チームに加わる)

ロス:はーい。今、君を選ぶよ。

レイチェル:選んだんじゃないじゃん! 私しかいなかったんでしょ!



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

・pick ジョーイ

「つまむ」「つみとる」という意味で知っている方が多いかと思いますが、
実は「選ぶ」「決める」という意味もあるのです。

みんなでフットボールをし、チーム分けをするので、ジョーイは

「キャプテン決めなきゃな」

we have to pick captains.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

pickというのは、野球などのドラフトで使われます。
その場合は名詞です。

例えば、「ドラフト1位」は、number one pickと言います。


また、pickを使ったイディオムとして、pick upというイディオムがあり、
これは非常によく使われます。

これは、「拾う」「買う」「迎えに行く」という意味です。

Could you pick up the scissors?
「ハサミを拾ってくれる?」

I picked up this book today.
「今日、この本買ったんだ」

My husband is gonna pick me up at the station.
「夫が駅に私を迎えに来てくれます」



・looks like モニカ

「~みたいだ」「どうやら~だ」という意味の表現です。

モニカとロスは自分たちきょうだいしかわからない、
「バニーと先に言ったらキャプテン」という、意味不明なゲームで勝ち、

モニカは

「どうやら、兄さんと私がキャプテンね」

looks like Ross and I are captains

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

ちなみに、この表現。本来はS(主語)にitが入ります。

つまり、今回の台詞で言えば、
It looks like Ross and I are captains.

が本来の形、ということです。



・be stuck with レイチェル

日本語で表すのはなかなかむずかしい表現なのですが、

「~にはまる」「~でとどまってしまう」「仕方がなく~になってしまう」

という意味の表現です。


レイチェルは運動が苦手で、誰もレイチェルを選びません。

そして、最後に、レイチェルだけが残り、
ロスが「君を選ぶよ」と、あたかも自らの意志で選んだように言うので、

レイチェルは、

「選んだんじゃないじゃん! 私しかいなかったんでしょ!」

You don't pick me! You're stuck with me!

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

ただ単に、be stuck、get stuckだけでもよく使われます。
この場合、「はまる」「つまる」という意味です。

例えば、ボールが排水溝にはまってしまった場合は、

The ball got stuck!
「ボールがはまっちゃった!」

と言います。


★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今、ブームのTwitter(日本語だと"ツイッター")。
有名人でもやっている人も多いですよね。

「今、ランチしてます。この麻婆豆腐美味しいなぁ」
「今、大阪に来てます。暑いなぁ」

というように、今の自分の実況中継的な「つぶやき」をして、
いろいろな人と交流ができるものです。


私はイマイチTwitterの魅力がわからず、
あんまり活用していないのですが、最近読んでいる本を見て、

「んー、英語学習に役立つかも!」

と思いました。


その本とは、

『今日から英語でTwitter つぶやき英語表現ハンドブック』
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/4876152101/thebelltree-22/ >

なんですが、

・英語でTwitterをやることによって、英語力を高める方法
・実際のTwitter上での英語のつぶやき

が掲載されています。


実際の英会話表現が一杯載ってるので、
Twitterに興味がない人でも、ちょっとクールに英会話で使える口語表現を身に
つけたい方にも役立つ内容ですね。

よく、「英会話ができるようになるには、英語で日記を書くと良い」と言われま
すが、日記はなかなかボリュームがあり、大変。

でも、Twitterなら、「つぶやき」でいいので、
これなら気軽に始められます。

それに、ほかの人のつぶやきも見れるので、
孤独感もありませんしね。

すでに、Twitterやっている方で英語学習したい方、
まだTwitterやってなくても英語でつぶやきたい方にはオススメの一冊です。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times