TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




China edges Japan 中国が日本をわずかに上回る

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第706号 2010/08/20 (金) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「英語を読むのが遅くて…」
「日本語に訳して読まないと読めなくて…」
「長い文、複雑な文が苦手で…」

そんな方にオススメなのが、人気の新講座、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

現在、第5期生を募集させていただいております。
(締切は、来週の8月26日(木)になります)


学校では、英語を日本語に訳して読むように習いますが、
実はこれは間違った読み方。
.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

英語ができる人は、わざわざ日本語に訳して読まず、
英語は英語のまま読みます。

逆に、「日本語でなんて言うの?」と聞かれても、

「え? 日本語で? 考えてないからなぁ」

と即答できなかったりするのです。


「英語で読む」と言うと、

「そうだよね。日本語と英語では語順が違うから、英語の語順で読まないとね。
 それには、日本語にとらわれず、先頭から単語や熟語の意味をつなげて読まな
 いと」

といったことを思い浮かべるかもしれません。


しかし、私が言いたいのはそういうことではないのです。

確かに、簡単な文なら、単語や熟語の意味をつなげれば読めます。
しかし、

「長い文、複雑な文になると読めなくなってしまう」

なんてことないですか?


これは、英語の読み方がわからず、適当にフィーリングで読んでいるために起き
てしまうことなのです。

そうではなく、英語が読める人は、ちゃんと、「読むポイント」というのがわ
かっています。

これがわかって、それを練習すれば、徐々に英語は英語のまま読め、
最終的には、日本語と同じように読めるようになってきます。


この読むポイントを学べるのが、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

なのです。


ネイティヴの音声付きですし、
わからないところがあったら、制作者の私に直接メールでご質問できます。

リーディング力を向上させたい方のお役に立てれば幸いです。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >



※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号の新聞記事
------------------------------------------------------------------------

China edges Japan as No. 2 economy

Japan lost its place to China as the world's No. 2 economy in the second
quarter as receding global growth sapped momentum and stunted a shaky
recovery.

Japan's gross domestic product grew at an annualized 0.4 percent, far
below the annualized 4.4 percent expansion in the first quarter and
adding to evidence the global recovery is facing strong head winds, the
government said Monday.

-From The Japan Times Online
→< http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nb20100817a1.html >


────────────────────────────────────
◆構造チェック
------------------------------------------------------------------------

☆本メルマガでは以下の記号を使用します。
→< http://www.thebelltree.com/kigou.html >

☆↓の図が崩れて見える方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/monospace.html >

☆↑の設定をしても上手く行かない方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/100820.html >


1文目

.  S   V   O
│Japan │lost│its place (to China) (as [the world's No. 2 economy <in
└───┴─┬┴────────────────────────────
.      SP3

the second quarter>]) (as receding global growth sapped momentum and
──────────────────────────────────

stunted a shaky recovery) │
─────────────┘


as節 前半

.      S       V    O
│receding global growth│sapped│momentum│
└───────────┴─┬─┴────┘
.              SP3


as節(後半)

. S   V    O
│略│stunted │a shaky recovery│
└─┴──┬─┴────────┘
.     SP3


2文目

.      O          S     V
│[Japan's gross..winds,] │the government│said (Monday) │
└────────────┴───────┴─┬─────┘
.                       SP3


that節(that略)

.      S           V
│Japan's gross domestic product│grew (at an annualized 0.4 percent),
└───────────────┴─┬────────────────
.                  SP1

((far below [the annualized 4.4 percent expansion <in the first
────────────────────────────────

quarter>]) (adding to evidence the global recovery is facing strong head
────────────────────────────────────

winds)) │
────┘


adding(分詞構文)

. S   V
│略│adding (to [evidence <the global recovery is facing strong head
└─┴─┬──────────────────────────────
.    SP1

winds>])│
────┘


that節(同格 that略)

.     S        V      O
│the global recovery │is facing │strong head winds │
└──────────┴──┬──┴─────────┘
.              SP3


※:↑の図が崩れて見える方は、↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/monospace.html >

※:↑の設定をしても上手く行かない方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/100820.html >



★ リーディングで返り読みせず、真っすぐ読めるようになるには、↓の講座で!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

★ 初心者の方にはこちらがオススメです。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


────────────────────────────────────
◆語彙解説
------------------------------------------------------------------------

☆本メルマガでは以下の記号を使用します。
→< http://www.thebelltree.com/kigou.html >


・edge [3V] わずかに上回る [C] 角

・economy [C] 経済

・lose [3V] 失う [1V] 負ける

・place [C] 地位、場所

・quarter [C] 四半期、4分の1

・recede [1V] 後退する

・global [形] 世界的な

・growth [U] 成長

・snap [3V] 切る [1V] 切れる

・momentum [U] 勢い

・stunt [3V] (成長等を)阻害する

・shaky [形] 不安定な

・recovery [U] 回復

・gross domestic product [名] GDP、国内総生産

・grow [1V] 成長する

・annualize [3V] 年率換算する

・far [副] はるかに、遠く [形] 遠い

・below [前] ~の下

・expansion [C, U] 拡大、成長

・add [1V, 3V] 加える

・evidence [U] 証拠

・face [3V] 直面する [C] 顔

・head wind [C] 向かい風

・government [C] 政府


★ 単語の覚え方にはコツがあります。やり方を間違うと「ザルに水」に?
  通信簿2, 偏差値30と英語苦手が1年でTOEIC 900を達成した英語学習! 
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >


────────────────────────────────────
◆日本語訳
------------------------------------------------------------------------

中国が日本をわずかに上回り、経済規模2位に

後退する世界的成長が勢いを切り、不安定な回復を阻害したことから、第2四半
期、日本は中国に世界経済2位の座を譲り渡した。

日本の国内総生産は年率換算0.4%成長し、第1四半期の4.4%をはるかに下回
り、世界的な回復が強い向かい風に直面していると言う証拠に加わることと
なったと、政府は月曜日発表した。



────────────────────────────────────
◆背景知識解説
------------------------------------------------------------------------

第2四半期(4月~6月)の日本のGDPの成長は0.4%。これだけ見るとわずかなが
ら成長しているのだから、それほど悪い数字に見えませんが、2008年のリーマン
ショックで大きくマイナスになった分があるので、良い数字とは言えません。

アメリカ経済、ヨーロッパ経済が停滞していることにより、大幅な円高となって
しまい、輸出関連企業に打撃を与えていることが原因と言われています。

日本が低迷するかどうかは別にして、今年中に日本は中国に抜かれて、中国が
2位、日本が3位になると言われていましたが、ついに抜かれてしまった形です
(とは言っても、中国は人口が日本の10倍もいるので、1人当りの豊かさは、
 まだ日本の方がはるかに上ですが)


★ リーディングで返り読みせず、真っすぐ読めるようになるには、↓の講座で!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今回の記事の英文はいかがでしたか?

2文目はけっこうむずかしい英文です。
冒頭で、

「読み方がわからない人が適当にフィーリングで読んでいると、長い文、複雑な
 文は読めない」

と言いましたが、実感できたかと思います。

リーディング力をつけたい方には冒頭で紹介した講座がお役に立てば幸いです。
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >


皆さんは夏休みをいかがお過ごしでしたか?

私は、最初は、箱根の温泉宿に1泊2日で行く予定だったのですが、
子どもが風邪を引いてしまったので、うちでゆっくりしていました。
(今では、すっかり良くなりました!)

旅行はお預けになってしまいましたが、また9月にでも行きたいと思ってます。


そんなわけで、地元横浜で過ごしたわけですが、
夏休みにどこも出かけなかったのは、かなーり久しぶりな気がします。

夏休みに旅行に行くと、どこも混んでる印象だったので、
「きっと、横浜や東京は空いてるんだろうなぁ」
と思っていたのですが、これが大間違い。

普通に、いつものように、中華街にランチに行ったら、
土日とまったく同じか、それ以上に大混雑。

でも、ニュース見ると、高速道路は大渋滞で、新幹線や飛行機も混雑。

ということは、

「旅行分も、都会分も、両方混雑させるだけ日本の人口が多い」
(地方から都会への旅行者も多いんでしょうが)

ってことですよね。


そう考えると、日本は本当に人口が多いのだなと実感します。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times