fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




whole other 全然違う

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第707号 2010/08/23 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「長い文、複雑な文を読むのが苦手…」という方にオススメの人気講座

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

では、現在第5期生を募集しておりますが、
その締切が、今週木曜日26日と迫ってまいりました。


「日本人は、リーディングは学校でやってるのに、あまり得意ではない」
と言われています。

それは、学校で習う「日本語に訳して読む読み方」が様々な欠点があるから。


その解決法として、

「先頭から意味をつなげて読む方法」や「スラッシュ読み」

というものが、提唱されています。


しかし、これらも、根本的な解決方法ではないのです。

先頭から意味をつなげて読むだけでは、構造を無視しているので、
短い文や単純な文は読めても、長い文や複雑な文は読めないのです。

「単語や熟語の意味は知っているのに、文全体を読むのに苦労する」

という経験は多いはずです。


スラッシュ読みも同様に、根本的な解決方法ではありません。

スラッシュ読みとは、

The tsunami / generated by the big earthquake in Chile, / a thin
country in South America, / reached / Japan / without causing any
damage / that needed to be addressed, / which made the Japanese
government / feel relieved.

のように、適宜区切って読む方法です。

「一息つくところにスラッシュを入れる」「ある程度のまとまりで入れる」

というように思っている方が多いですが、何もスラッシュは適当に入れて読めば
いいものではないのです。

例えば、

The tsunami generated / by the big earthquake in Chile,

なんて入れ方は間違っており、

本来「津波は作られた」という意味なのに、
「津波は作った」というように、勘違いする恐れがあります。

読みやすいようにスラッシュを入れるには、かなりの英語の力が必要。

そして、そもそも、それだけの力がある人は、スラッシュがなくても読めます。


そうではなく、正しい読み方を身につけていただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

になります。

ネイティヴの音声付きですし、
わからないところは、制作者の私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >



※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード9)
------------------------------------------------------------------------

今日は感謝祭。感謝祭と言えば、フットボール(アメフト)。モニカとレイチェ
ルのアパートで、試合をテレビで見ているうちやりたくなってきたので、みんな
で、広場に行き、フットボールをすることに。

レイチェルとフィービーはフットボール未経験。ロス、モニカ、ジョーイ、チャ
ンドラーは経験あり。

チーム分けを行い、「ロス、チャンドラー、レイチェル」と「モニカ、ジョー
イ、フィービー」に分かれる。

以下はモニカのチームが攻撃の場面。モニカがボールを投げてジョーイにキャッ
チさせるプレイ。ロスとチャンドラーがそれを阻止しようとしている。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2010/08/i_got_it_1.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ジョーイ: Set....hike!

ロス: One-Mississippi, two-Mississippi, switch! Switch! Switch!!

チャンドラー: No, no, no, no, no!

(Monica throws the ball over Joey's head, it's stopped from rolling away
by a very beautiful woman)

ジョーイ: Haaaaa! Hey-hey, thanks for stopping our ball.

マーハ: (in a foreign accent) You are playing American football?

ジョーイ: Yeah! Wow, you're, like, from a whole other country.

マーハ: I'm Dutch.

ジョーイ: Hi-hi, I'm Joey.

マーハ: I'm Margha.

ジョーイ: I'm sorry Dutch, I didn't get that last little bit.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



ジョーイ:セット…、ハイク!

ロス:1ミシシッピ、2ミシシッピ、3ミシシッピ、スイッチ、スイッチ、
   スイッチ!!

チャンドラー:あ、やばいやばい!

(モニカはボールを投げるが、ジョーイの頭の上を通過。とても美しい女性が
 ボールを止めてくれる)

ジョーイ:おぉ! どうも、ボールを止めてくれてありがとう。

マーハ:(外国人の訛りで)アメリカンフットボールをやってるの?

ジョーイ:あぁ! へぇ、君って、まるで、全然ほかの国から来たみたいだね。

マーハ:私はダッチ(オランダ人)よ。

ジョーイ:どうも、俺ジョーイ。

マーハ:私はマーハ。

ジョーイ:ごめん、ダッチ。最後がちょっとわからなかった。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

・フットボール用語

会話表現ではありませんが、まずフットボール用語を解説しておきますね。

setというのは、プレーを開始する前に、ボールを持ちながら地面に置くこと。
hikeは、ボールを地面から離し、味方にパスすること。
hikeでプレー開始になります。

one-Mississippi, two-Mississippiというのは、英語での数え方の一種です。

one, two, threeではちょっと早いので、ゆっくりカウントするときに使います。

日本語で言う、「いーーーち、にーーーーー、さーーーーーん」
みたいな数え方です。

switchというのは、マークしている選手を変更すること。

守備側は相手の妨害をするために、1人の相手に対して1人がマークするのです
が、何らかの事情で、急に変更することがあります。

それをswitchと言います。



・S be動詞 like ジョーイ

「Sはまるで~だ」という意味の表現です。

likeは「好き」という意味の動詞として知っている方が多いと思いますが、
実は「~のよう」という意味で、前置詞としても使えるのです。

ジョーイは、外国人訛りの英語を話す、マーハを見て、

「君って、まるで、全然ほかの国から来たみたいだね」

you're, like, from a whole other country.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

ちなみに、likeは本来前置詞なので、後ろは名詞じゃなければならないのです
が、この表現ではそれがまったく無視されています。

ジョーイに限らず、形容詞や副詞を入れてしまうことも多いです。



・whole other 名詞 ジョーイ

「全然違う~」という意味の表現です。

ジョーイは、外国人訛りの英語を話す、マーハを見て、

「君って、まるで、全然ほかの国から来たみたいだね」

you're, like, from a whole other country.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

この表現が一番よく使われるのが、

a whole other story

という表現。

「全然違う話」という意味で、

That's a whole other story.
「それは、全然別の話だよ」

というように使います。



・I didn't get ジョーイ

getは「得る」という意味で知っている方が多いと思いますが、
「理解する」という意味でも使えるのです。

ジョーイは、マーハの言ったことの最後の部分がわからなかったようで、

「最後がちょっとわからなかった」

I didn't get that last little bit.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

Dutchというのは、「オランダ人」「オランダの」という意味で、
日本で言うと、Japaneseに相当します。

マーハはオランダ人なので、

I'm Dutch.

と言っています。

しかし、ジョーイはDutchという単語を知らないようで、名前と勘違いし、
I'm Dutch.を「私の名前はダッチです」と言ってるのと勘違いしています。

なので、その後に、マーハが、

I'm Margha.

と言っても、「なんで、一度名乗ったのに、別の名前を名乗るんだ?」と混乱
したようで、理解できていません。


ちなみに、「オランダ」と英語で言っても、通じません。

「オランダ人」「オランダの」はDutchですし、
「オランダ」は、the Netherlandsか、Hollandと言います。



★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今年の夏は本当に暑いですよね。

特に練馬など東京の北の方、埼玉、群馬あたりは本当に暑く、
気温が35度を超えるのは当たり前。

場合によっては、40度に迫るような日もあります。

しかし、不思議なのが、私の住む横浜もすぐ近くなのに、35度を超えることはな
いこと。確かに暑いですが、暑くても、33度ぐらいまでです。

そして、ゲリラ豪雨もほとんどありません。


1年を通して、夏以外は東京と横浜はほとんど天気が同じです。
基本的に、東京で雨が降れば、横浜も雨です。

でも、夏だけは例外なんですよね。

「なぜなんだろうな?」と思っていたら、それは風向きにあるそうです。

私はてっきり、最近猛暑なのは、温暖化の影響だと思っていたのですが、
そうではなく、東京の都心に熱がこもる、ヒートアイランド現象と言われるもの
が原因だそうです。

東京都心は、ほとんどがコンクリートで覆われていて、緑地や水辺がないので、
熱せられると一気に暑くなるんだそうです。

そして、この時期、風は、南から北に向かって吹いていて、
東京都心より北、つまり、練馬、埼玉、群馬が暑くなるんだそうです。

逆に、横浜は、東京より南にあるので、東京の熱が来ることがなく、
そこまで暑くなることはないのだとか。

ゲリラ豪雨も同様で、
東京都心の熱で発生した積乱雲が北に送られてくるそうです。


しかし、そう考えると、東京都心に関係のない東京北部、埼玉、群馬の人はいい
迷惑ですよね。東京都心が発した熱や積乱雲が、無理矢理送られてくるんですか
ら。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times