fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




go for 挑戦する、やってみる

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第717号 2010/10/04 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」
とご好評いただいており、

5,000名以上の方が受講している大人気の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

では、現在66期生を募集しておりますが、
その締切が今週木曜日7日と迫ってまいりました。

「TOEICで900点突破しました!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座です。


TOEICのパート5、6の問題を見て、

「知らない単語ばっかりで解けないなぁ。TOEICのパート5、6は語彙問題ばっ
 かりで、自分は語彙不足だから解けない」

なんて勘違いしていませんか? 例えば↓の問題。

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the
situation the company was facing was very serious and a ------ solution
was required.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively

答えは「B」なのですが、「選択肢が全部知らない単語だから解けない」
なんて思ってませんか?

語彙の問題と判断してしまう方が多いのですが、実は、これは英文法の問題で、
選択肢の単語を1つも知らなくても、英文法ができる人なら解ける問題なのです

英文法がわかっている人には、
「ここに入るのは形容詞だ。そして単語の形からして形容詞はBだ」となります


逆に意味で考えると、

Aなら、「理解する解決策が要求された」
Bなら、「包括的な解決策が要求された」
Cなら、「理解解決策が要求された」
Dなら、「包括的に解決策が要求された」

と逆に、どれでも良いように見えてしまい、
「単語は知っていても、英文法がわからないと解けない問題」なのです。


実際のところ、TOEICのパート5、6は英文法が約55%、語彙が約45%と半々な
のです。(回によって、比率は変わります)

なのに、「語彙問題ばかり」と思うのは、
語彙不足だけではなく、英文法力不足が原因なのです。


「分かる! 解ける! 英文法!」では、その英文法を「品詞」という基礎から
「暗記ではなく理解する」スタイルで学んでいただけます。

わからないところがあっても、
制作者である私に直接メールでご質問していただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。締切が迫っておりますので、お急ぎくださいませ
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード9)
------------------------------------------------------------------------

今日は感謝祭。感謝祭と言えば、フットボール(アメフト)。モニカとレイチェ
ルのアパートで、試合をテレビで見ているうちやりたくなってきたので、みんな
で、広場に行き、フットボールをすることに。

レイチェルとフィービーはフットボール未経験。ロス、モニカ、ジョーイ、チャ
ンドラーは経験あり。

チーム分けを行い、「ロス、チャンドラー、レイチェル」と「モニカ、ジョー
イ、フィービー」に分かれる。

モニカのパスがジョーイの頭の上を超えて、ボールは転がって行く。それをマー
ハという美女が止めてくれる。ジョーイとチャンドラーはマーハと話し、意気投
合。

とりあえず、マーハはフットボールを見物し、プレーを再開することに。
以下はジョーイとチャンドラーが2人で会話している場面。

ジョーイもチャンドラーもマーハをデートに誘おうと思っている模様。特にチャ
ンドラーは、最近、ジャニスと別れたばかりで、それから立ち直るためにも誘う
気満々のようだ。

チャンドラーが「彼女の電話番号聞くぞ」と言うと、ジョーイは「俺のために聞
いてくれるはありがたいが、俺が自分で聞くよ」と、何か勘違いしている模様。

チャンドラーが「いや、俺のためだよ」って言うと、ジョーイはジャニスの件も
あるし、と納得し、「お前にゆずってやる」と発言。

チャンドラーは最初は「ありがとう」と言ったものの、「ん? おい、それって
お前がゆずらなきゃ、俺は勝てないってことか?」と気づき、ジョーイに聞く。

するとジョーイは、「そうだよ」とあっさり肯定。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2010/09/shot.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ジョーイ:We all have our strengths. You're better with numbers and
     stuff (pats Chandler on the shoulder)

チャンドラー: Math!! (pats Joey on the shoulder) You're giving me math!
       All right, look you know what? Forget about it, you go for
       the girl. We'll see who gets her.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



ジョーイ:誰にだって得意分野ってもんがあるだろ。お前は数字とかそういうの
     が得意じゃん。(チャンドラーの肩を叩く)

チャンドラー:数学!! (ジョーイの肩を叩く)俺の強みは数学かよ! もう
       いい、さっきのは忘れて、お前も彼女にアタックしな。それで、
       どっちが彼女をゲットするか見てみようぜ。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

・and stuff ジョーイ

言いたいことを表す表現がはっきりと出てこないときに、
ごまかすときに、名詞の後ろにつける表現です。

日本語で言うと、「~とか」「~みたいなやつ」

という意味になります。

ジョーイは自分の方がナンパは得意だと言い、その後、チャンドラーをなぐさめ
るため、

「誰にだって得意分野ってもんがあるだろ。お前は数字とかそういうのが得意
 じゃん」

we all have our strengths. You're better with numbers and stuff

と言っています。



・go for チャンドラー

直訳すると、「~のために行く」ですが、
これは、「挑戦する」「やってみる」という意味の表現です。

ナンパをする場合にも、「アタックする」という意味で使えます。

ジョーイに、「今回はゆずってやるよ。ナンパは俺の方が得意だ」と言われ、
チャンドラーは頭に来て、

「さっきのは忘れて、お前も彼女にアタックしな」

Forget about it, you go for the girl.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

go forというのは、スポーツ中継でよく使われます。

例えば、ホームランを狙ってスイングをした場合、

He went for a home run.
「ホームランを狙いましたね」

と言います。

ほかにも、

He is going for a tie.
「同点を狙っています」

He went for a steal.
「スティールを試みた」

He went for a diving catch.
「ダイビングキャッチを狙った」

などに使えます。


・we'll see チャンドラー

「それはどうかな?」「まぁやってみようぜ」

という意味の表現です。

ジョーイに、「今回はゆずってやるよ。ナンパは俺の方が得意だ」と言われ、
チャンドラーは頭に来て、

「さっきのは忘れて、お前も彼女にアタックしな。
 どっちが彼女をゲットするか見てみようぜ」

Forget about it, you go for the girl. We'll see who gets her.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

we'll seeは、単独でも使えますし、
チャンドラーが使ったように、疑問節を後ろにつけても使えます。

単独だと、「それはどうかな?」「まぁやってみようぜ」という意味ですが、
疑問節を置くと、その内容がより具体的になります。

チャンドラーの場合は、「誰が彼女をゲットするのかを、まぁ見てみようぜ」
と言っています。


★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

たばこ税が増税になり、たばこが大幅に値上げになりましたね。

私は、たばこは吸わないというか、1本も吸ったことがないので、
影響はありませんが、吸う人はけっこう大変でしょうね。


値上げ前に大量に買い込む人がいたりしてニュースになりましたが、
1つ妙なニュースも目にしました。

たばこを大量に盗んで捕まった人がいたのですが、
その人の動機が、「値上げの前に盗んでおきたかった」というもの。

一見すると、ごく普通の窃盗犯の言い訳のように聞こえますが、
実は大きな突っ込みどころが。

盗むのだったら、値段がいくらかは関係ありませんよね(笑)。
盗みならどっちにしろ、0円ですから。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times