TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




take care of the rest 後はお任せ

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第729号 2010/11/15 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900点突破しました。しかも文法問題は全問正解です!」

と続々と、受講生さんが成果を出されている
約5,200名様に受講いただいている、大好評講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

ですが、現在第68期生を募集しておりますが、
その締切が、今週木曜日11月18日と迫ってまいりました。


現在はTOEICが必須の時代。

就職・転職、昇進・昇級に条件となっている企業も多く、大学でも単位認定に
TOEICが必要な大学が増えています。

そのTOEICでも英文法の問題は多く出るのですが、その96%にある共通点がある
ってご存知でした?

それは‥。

「単独では理解できず、他の分野の理解が必要である、構造分野である。」

ということです。

TOEICの英文法は構造分野の問題がほとんどを占めているんですが、
この構造分野、「品詞」という一番の基礎から積み重ねて行かないと理解できな
い分野なんです。


例えば、「関係詞」という分野を理解しようと思ったら、品詞、文型、副詞、前
置詞、接続詞、受動態、不定詞、分詞、第5文型、動名詞、疑問節など、ほぼす
べての分野を理解していないと理解できないんです。

なので、「関係詞が分からない」と言って、関係詞の説明だけを頑張って読んで
も、他の分野が理解してないことが原因で理解できないことがあるんです。


実は私は昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。

その私が1年でTOEIC 900を達成できたのも、英文法を基礎からやり直して、
しっかりと英文の構造が理解できるようになったことがきっかけなんです。
(今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています)


そんな英文法を「品詞」という一から学んでいただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


「TOEICで900点突破しました!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


分からないところがあっても、制作者の私に直接メールで質問できます。
(このサポート制度が好評いただいております。)

一緒に英語学習を頑張って行きましょう!
締切が今週11月18日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード9)
------------------------------------------------------------------------

今日は感謝祭。感謝祭と言えば、フットボール(アメフト)。モニカとレイチェ
ルのアパートで、試合をテレビで見ているうちやりたくなってきたので、みんな
で、広場に行き、フットボールをすることに。

レイチェルとフィービーはフットボール未経験。ロス、モニカ、ジョーイ、チャ
ンドラーは経験あり。

チーム分けを行い、「ロス、チャンドラー、レイチェル」と「モニカ、ジョー
イ、フィービー」に分かれる。

モニカチームが制限時間ギリギリで、時間切れの音が鳴った瞬間にプレー(ス
ナップ)をして、フィービーが得点を上げる。

しかし、時間切れだったかどうか非常に微妙なところで、両チームが得点が有効
か無効か言い合っている。

特に、ロスとモニカのきょうだいは子どもの頃から、フットボールでよくケンカ
していたので、そのケンカが再燃。

そこで、決着をつけるため、再試合をすることに。

一方、ジョーイとチャンドラーはフットボールを見学している、オランダ人女性
のマーハを巡って争っている。2人ともマーハをナンパする気のようだ。

現在はプレーの作戦会議中。モニカチームがボールを投げて、それをロスチーム
がキャッチし、ロスチームが攻撃する場面。

作戦会議中なのに、ジョーイはマーハが気になって集中していない。そこで、モ
ニカは、チャンドラーがかっこ悪い印象を与えるようにするとジョーイに言う。

ジョーイは興味津々で、モニカの話を聞く。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2010/11/get_serious.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ジョーイ: What are you gonna do?

モニカ: All right, you just make sure that Chandler catches the ball,
    I'll take care of the rest.

ジョーイ: Okay.

モニカ: Break!

ジョーイ: Here you go!

(Joey throws the ball to Chandler)

ロス: Chandler! Chandler!

(Chandler catches the ball and starts to run upfield)

チャンドラー: (to MARGHA) Hi.

(just as he gets in front of MARGHA, Monica comes up and tackles him)

モニカ: Whoa! Whoa!! Tackled by a girl! Bet you don't see that everyday,
    do you?

ロス: Whoa! Whoa! Whoa! What's with the tackling?

モニカ: What?! I just touched him and he went over.

ロス: Okay, you wanna play rough, we can play rough.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



ジョーイ:何するの?

モニカ:よーし、じゃあ、チャンドラーがボールキャッチするようにだけ注意し
    て。そしたら、あとは私がなんとかするわ。

ジョーイ:よし。

モニカ:ブレイク!

ジョーイ:行くぞ!

(ジョーイはボールをチャンドラーに投げる)

ロス:チャンドラーがキャッチだ!

(チャンドラーがボールをキャッチし、敵陣に走り出す)

チャンドラー:(マーハに)どうもー。

(マーハの前についた瞬間、モニカがやって来て、タックルをかます)

モニカ:あら、あらら。女にタックルされてるわ! こんなの滅多に見ないわよ
    ねぇ?

ロス:おいおい! 今のタックルはなんだ!?

モニカ:え!? ただ触ったら、チャンドラーが倒れたのよ。

ロス:よーし、ラフにやりたいってなら、ラフにやってやるぜ。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

・make sure that モニカ

しっかりとやってほしいことを伝える際に、

「確実に~して」「~するのはしっかりね」「~するのは注意して」

という意味で使う表現です。


モニカはジョーイと2人でチャンドラーを攻める作戦を立てています。

そこで、ジョーイに作戦として、

「チャンドラーがボールキャッチするようにだけ注意して」

you just make sure that Chandler catches the ball

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

この表現は、本当に便利で、仕事でもよく使われます。

Make sure that you doublecheck it.
「しっかりと確認することを忘れないでね」

Make sure that you put this document in the envelope.
「確実にこの書類を封筒に入れてね」



・take care of the rest モニカ

「ある程度のことはやってもらえば、後は自分がやるから」という意味で使われ
る表現です。

モニカはジョーイと2人でチャンドラーを攻める作戦を立てています。

そこで、ジョーイに作戦として、
ジョーイがボールを投げてチャンドラーにキャッチさせる、そしてそこからは

「あとは私がなんとかするわ」

I'll take care of the rest

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

この表現は、主語がI以外のときでも使えます。

例えば、

This home bakery machine is very easy to use. All you have to do is put
the ingredients in it and push the button. It takes care of the rest.
「このホームベーカリーはとても使い方が簡単です。あなたは原材料を入れて、
 ボタンを押すだけ。あとは機械がやってくれます」

のようにも使えます。


・what's with A ロス

異常なことが起きたときに、

「今の~はなんなんだ!?」

という意味で使う表現です。


ロスたちがやっているのは、「タッチフットボール」と言って、あくまで遊び用
のフットボール。

本物のフットボールは思いっきりタックルしますが、タッチフットボールは、
「両手で触れられたら、タックルと見なす」というルールで、タックルはしませ
ん。

なのに、モニカがチャンドラーに思いっきりタックルをかましたので、ロスは、

「今のタックルはなんだ!?」

What's with the tackling?

と言っています。


★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

最近思うのですが、「赤ちゃん」って定義がむずかしいですよね。

うちの息子はまだ5カ月で、寝返りはできても、おすわりやハイハイはできない
ので、完全に「赤ちゃん」だと思います。

あと、幼稚園に行ける年齢になったら、これはさすがに赤ちゃんではないと思い
ます。完全に「子ども」ですよね。

そうすると、1歳~2歳あたりに境目があるのかなぁ、と。

・歩ける
・しゃべる
・母乳(orミルク)を卒業している

などなど、基準は考えられますが、むずかしいですねぇ。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times