fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




cut to the chase さっさと終わらせる

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第739号 2010/12/20 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、745点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、510点アップです!」(受講生さんのご感想)

締切は明後日12月22日(水)と迫っております。


TOEIC対策でオススメなのが、パート5、6の文法問題対策をすること。

なぜなら、パート5、6の半分以上を占める英文法問題のうち、
実に約3/4が「簡単な分野」からの出題だからです。


英文法にはいろいろな分野がありますよね。

品詞や文型のように簡単な分野もあれば、関係詞や不定詞のようにむずかしい分
野もあります。

しかし、TOEICにおいては、簡単な分野からの出題が約3/4を占めており、
英語が苦手な方にはオススメな「狙い目」となっています。


英文法の問題は解ける人なら、素早く解くことが可能な問題。

なので、英文法の問題が解けるようになれば、語彙問題や、パート7に回せる時
間が増えるので、リーディングセクション全体でのスコアアップが期待できます

もちろん、英文法はリーディングに不可欠なものですので、
パート7で、英文を読む力を上げるのにも役立ちます。


つまり、

・パート5、6の英文法の問題で解ける問題が増える
・語彙問題、パート7に回せる時間が増える
・英文を読む力がつく(→パート7に役立つ)
・全体としてリーディングセクションスコアアップ

という効果が期待できるわけです。


そんな、英文法の簡単な分野を、初心者の方でも安心なように、基礎からわかり
やすく解説するのが、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

開講以来、

「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破!
 文法問題は84%正解! さらに3カ月後730点にアップ」

「今までわからなかったところが、どんどん"あ、そういうことだったのか!"
 と、わかっていくのが快感です」

「TOEICの問題が、以前よりもかなりスイスイと解けるようになりました!」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるよう
 になりました!」

とご好評いただいている講座なんです。


英語の基礎知識を丁寧に解説させていただくだけでなく、
その知識を使って、英文を作る練習までしていただくので、

英会話でも応用が利くようになります。


また、わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問いた
だけるサポート制度を備えております。


こちらの講座では、現在第33期生を募集しております。
その締切が明後日12月22日(水)と迫って来ておりますので、
ご検討中の方はお急ぎくださいませ。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード9)
------------------------------------------------------------------------

今日は感謝祭。感謝祭と言えば、フットボール(アメフト)。モニカとレイチェ
ルのアパートで、試合をテレビで見ているうちやりたくなってきたので、みんな
で、広場に行き、フットボールをすることに。

レイチェルとフィービーはフットボール未経験。ロス、モニカ、ジョーイ、チャ
ンドラーは経験あり。

チーム分けを行い、「ロス、チャンドラー、レイチェル」と「モニカ、ジョー
イ、フィービー」に分かれる。

モニカチームが制限時間ギリギリで、時間切れの音が鳴った瞬間にプレー(ス
ナップ)をして、フィービーが得点を上げる。

しかし、時間切れだったかどうか非常に微妙なところで、両チームが得点が有効
か無効か言い合っている。

特に、ロスとモニカのきょうだいは子どもの頃から、フットボールでよくケンカ
していたので、そのケンカが再燃。

そこで、決着をつけるため、再試合をすることに。

しかし、ロスチームは、レイチェルがまったく戦力にならず、しかも、一番運動
神経のよいジョーイがモニカチームにいるため、モニカチームがどんどんリード
を広げる。

そこで、ロスが「チームの力が違いすぎる」と言い訳を言う。モニカは「それな
ら、レイチェルとジョーイをトレードよ。それでも私は勝つ」と言い、結局ト
レードに。

一方、ジョーイとチャンドラーは、フットボールを見物しているオランダ人の美
女、マーハを巡って争っている。

チャンドラーはフットボールではジョーイに勝てないので、ジョーイの弱点、
頭脳を攻めて、「オランダの人ってどこから来るんだっけ?」と質問。

すると、ジョーイは意味不明な答えを自信満々に言う。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2010/12/make_believe.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ロス: Enough with geography for the insane, okay? Let's play some ball,
   guys.

ジョーイ: Whoa, whoa, no, no, I-I'm not playing with this guy, now.

チャンドラー: Fine with me.

ロス: Okay, you know what, let's just cut to the chase here. Okay?
   (to Margha) Heidi, which of my boys do you like?



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



ロス:非常識な地理はそれぐらいにな。さぁ、フットボールやろうぜ。

ジョーイ:おいおい、やだよ。こいつと一緒にやりたくないよ。

チャンドラー:俺は別にいいぜ。

ロス:あのなぁ、もうさっさと終わらせよう。(マーハに)あのさ、この2人
   のどっちが好き?



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■enough with ロス

enoughというと、

This box is big enough to put these books in.
「この箱はこれらの本を入れるのに十分な大きさだ」

のように、「十分」という意味で知っている方が多いと思います。


しかし、ここでは、

「もういい加減にしろ」「もうそれぐらいにしろ」

という意味で使われています。


ジョーイがオランダについてあまりに間違った知識を自信満々に披露するので、
ロスはあきれてしまい、

「非常識な地理はそれぐらいにな」

Enough with geography for the insane, okay?


と言っています。



■you know what ロス

これから言うことをしっかりと聞いてほしいときに、

「あのな」「あのー」

というような意味で使う表現です。


ジョーイとチャンドラーはマーハを巡って、バカなケンカをしています。

フットボールで勝とうとしているロスとしては、チームメイトの2人がちゃんと
チームプレーをしてくれないと困ります。

なので、

「あのなぁ、もうさっさと終わらせよう」

Okay, you know what, let's just cut to the chase here.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

この表現は、後ろに文を続けることにより、いろいろ応用が可能です。

例えば、

You know what you should do.
「こうしたらどう?」

You know what I'm gonna do.
「こうしようと思うんだけどさ」

というように使うことができます。



■cut to the chase ロス

「さっさと終わらせる」「早く結論を言う」という意味の表現です。

ジョーイとチャンドラーはマーハを巡って、バカなケンカをしています。

フットボールで勝とうとしているロスとしては、チームメイトの2人がちゃんと
チームプレーをしてくれないと困ります。

なので、

「あのなぁ、もうさっさと終わらせよう」

Okay, you know what, let's just cut to the chase here.

と言っています。


★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

先日、高校時代の友人と2人で、焼き肉を食べて来ました。

彼はここ3年で、一級建築士、宅地建物取引主任者、土地家屋調査士と、
毎年資格を取っている強者です。

高校は別に進学校ではなかったですし、彼もその高校の中ではあんまり成績が
いい方じゃなかっただけに、その覚醒ぶりはすごいです。


焼き肉を食べたのですが、私は「肉」となると、不思議なことにかなりの量を食
べることができます。

この日も、ほかに頼んだのは、サラダとキムチだけで、
あとは、ご飯とかほかのものはまったく食べず、肉ばっかり食べてました(笑)

普段は、同年代の男性と比べると、あまり食べない方なのですが、
肉だけは、いくらでも食べれてしまいます。

そして、肉は食べてもあんまり太らないんですよね。
焼き肉食べた日も、逆に500グラム減りました。

カロリーで計算したら、すごく一杯食べているはずなのですが、不思議です。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times