TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




Electric vehicle Leaf 電気自動車リーフ

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第736号 2010/12/10 (金) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「どうにも、リーディングで読むのが遅くて…」

という皆様にオススメの、大好評の新講座、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

では、現在、第10期生を募集しております。
(締切は来週の水曜日、15日となります)


英語のリーディングって、

「日本語に訳して読んで行くもの」
「先頭から単語や熟語の意味をつなげて読んで行くもの」
「とにかく、一杯読んでいれば読めるようになる」

って勘違いしていませんか?


学校では、日本語に訳して読むように習いますが、
「正しい読み方」で読まなければ、読むスピードが遅く、意味も正しく取れませ
ん。

また、意味をつなげただけでは、長い文、複雑な文は読めません。
例えば、今回の記事の2文目は意味をつなげて読んだだけでは厳しいはずです。


正しい読み方が身に付いていないのに、やたらと英文を読みまくっても、
英語力はアップしません。

現に私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だったのですが、
その時代に、英語をひたすら読みまくりましたが、まったく力がつかなかったと
いう苦い経験があります。


一転して、正しい英語の読み方を身につけてからは、一気に英語が上達し、
今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を取るまでにいたりました。

そんな、私自身の経験、
そして、今まで9年以上にわたって、11,200名以上の方に英語指導させていただ
いた経験を元に、

正しい読み方を身につけていただけるのが、
大好評いただいております、新講座、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

になります。


「どうにも読むスピードが遅くて…」
「1文1文日本語に訳さないと読めない」

という方に、ぜひお役に立てれば幸いです。


ネイティヴの音声もついておりますし、
わからないところがあった場合、制作者である私にメールで直接ご質問いただけ
ます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号の新聞記事
------------------------------------------------------------------------

Nissan mass-produced EV Leaf debuts Dec. 20

Nissan Motor Co. said Friday it will launch its Leaf electric vehicle in
Japan on Dec. 20 as its first mass-produced electric car for the global
market.

The 100 percent electric, zero-emission vehicle is designed for Nissan
to take the lead in the fledging EV market, where Toyota Motor Corp.
and Honda Motor Co. also plan to launch similar vehicles as early as
2012, it said.

-From The Japan Times Online
→< http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nb20101204a1.html >


────────────────────────────────────
◆構造チェック
------------------------------------------------------------------------

☆本メルマガでは以下の記号を使用します。
→< http://www.thebelltree.com/kigou.html >

☆↓の図が崩れて見える方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/monospace.html >

☆↑の設定をしても上手く行かない方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/101210.html >


1文目

.     S     V         O
│Nissan Motor Co.│said (Friday) │[it will launch its Leaf electric
└────────┴─┬─────┴─────────────────
.           SP3

vehicle in Japan on Dec. 20 as its first mass-produced electric car for
────────────────────────────────────

the global market]│
─────────┘


that節(従属接続詞 that略)

. S    V      O
│it│will launch │its Leaf electric vehicle (in Japan) (on Dec. 20)
└─┴───┬──┴─────────────────────────
.      SP3

(as [first mass-produced electric car <for the global market>]) │
────────────────────────────────┘


2文目

.   O                S  V
│[The 100 percent..as early as 2012,]│it│said│
└──────────────────┴─┴┬─┘
.                      SP3


that節(従属接続詞 that略)

.     S                      V
│The 100 percent electric, zero-emission vehicle │is designed (for
└────────────────────────┴──┬─────
.                            SP3p

Nissan to take the lead in the fledging EV market, where Toyota Motor
───────────────────────────────────

Corp. and Honda Motor Co. also plan to launch similar vehicles as early
────────────────────────────────────

as 2012)│
────┘


for Nissan to take(副詞「目的」)

.   S     V    O
│for Nissan│to take │[the lead <in [the fledging EV market, <where
└─────┴──┬─┴───────────────────────
.         SP3

Toyota Motor Corp. and Honda Motor Co. also plan to launch similar
─────────────────────────────────

vehicles as early as 2012>]>] │
───────────────┘


where節

.    S                       V    O
│[[Toyota Motor Corp.] and [Honda Motor Co.]]│(also) plan │[to launch
└──────────────────────┴────┬─┴─────
.                            SP3

similar vehicles as early as 2012]│
─────────────────┘


to launch(名詞)

. S   V      O
│略│to launch │similar vehicles (as early as 2012) │
└─┴──┬──┴──────────────────┘
.     SP3


※:↑の図が崩れて見える方は、↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/monospace.html >

※:↑の設定をしても上手く行かない方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/101210.html >



★ リーディングで返り読みせず、真っすぐ読めるようになるには、↓の講座で!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

★ 初心者の方にはこちらがオススメです。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


────────────────────────────────────
◆語彙解説
------------------------------------------------------------------------

☆本メルマガでは以下の記号を使用します。
→< http://www.thebelltree.com/kigou.html >


・mass-produced [形] 大量生産の

・EV [C] 電気自動車

electric vehicleの略です。


・debut [1V, 3V] 登場する、デビューする [C] 登場、デビュー

・launch [3V] 発売する、発射する

・electric [形] 電気の

・vehicle [C] 車両

・global [形] 世界的な

・market [C] 市場

・emission [C] 排気ガス

・lead [C] 主導権、リード

・fledge [1V] 巣立つ [3V] 巣立たせる

・plan [3V] 計画する [C] 計画

・similar [形] 似た

・early [副] 早く [形] 早い


★ 単語の覚え方にはコツがあります。やり方を間違うと「ザルに水」に?
  通信簿2, 偏差値30と英語苦手が1年でTOEIC 900を達成した英語学習! 
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >


────────────────────────────────────
◆日本語訳
------------------------------------------------------------------------

日産の大量生産電気自動車リーフは12月20日にデビュー

日産自動車株式会社は、金曜日、12月20日、日本で、電気自動車、リーフを世界
市場初の大量生産電気自動車として発売すると発表した。

この100パーセント電動で、排気ガスを出さない車両は日産が、巣立とうとして
いる電気自動車市場で主導権を握るために設計されていると同社は述べた。電気
自動車市場には、トヨタ自動車株式会社と本田技研工業株式会社も、似た車両を
早ければ2012年にも発売する計画だ。



────────────────────────────────────
◆背景知識解説
------------------------------------------------------------------------

今は自動車はどんどん燃費を良く、排気ガスを出さないように、という時代。

トヨタのプリウス、ホンダのインサイトのように、今はハイブリッド車全盛の時
代。ガソリン車よりずっと燃費がよく、エコ時代にもマッチして非常によく売れ
ています。

そこへ行くと、日産はハイブリッド車開発で遅れを取っていました。しかし、ハ
イブリッド車の次に主流となると見られている、電気自動車は一番最初に発売。

「ハイブリッド車では遅れを取ったが、電気自動車では日産が!」という意欲が
見て取れます。

今回発売されたリーフは、政府の補助も合わせると実質300万円。プリウスやイン
サイトと比べると高いですが、一般の自動車の価格で買えます。

ハイブリッド車はガソリン、電気自動車は電気を燃料とするため、燃費の単純比
較はむずかしいですが、「2倍も燃費が良い」と言われています。

ハイブリッド車はただでさえ燃費がいいのに、その2倍。ということは、一般車
と比べると、数倍の燃費ということになります。

ただ、

「ガソリンではなく電気を充電するのだが、電気スタンドが普及していない」
「家庭で充電も可能だが、それには一般的な100Vのコンセントではできない」
「1回の充電で走行可能な距離が短い」

と言った課題もまだあります。

今後、どれだけ普及して行くかに注目です。


★ リーディングで返り読みせず、真っすぐ読めるようになるには、↓の講座で!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

日産は横浜で創業して、去年、拠点を横浜に戻して、「横浜の企業」になったの
で、横浜で生まれ育った私としては、応援したい気持ちがあります。

価格の面では、大分問題が解消されて来て、ちょっと高級な一般自動車の値段に
落ち着いたので、あとは、インフラと走行距離ですよね。

走行距離はすごく素人考えですが、技術の進歩で伸びそうな気がします。
(携帯やノートパソコンのバッテリーのここ数年の進歩を見ると)

横浜市、神奈川県は地元なので、「日産をバックアップ!」ということで、
チラホラ電気スタンドを目にしますが、ほかの地域ではまだまだなんでしょうね

ただ、これは電気自動車が普及すれば自然に増えて行く気がします。

それより、私は自宅での充電の方が課題な気がします。
一軒家でしたら、駐車スペースに200Vのコンセントを取り付ければいいんでしょ
うが、マンションだとそうは行きませんよね。

特に、最近、都会では、スペースの有効活用のために、マンションでもタワー駐
車場や機械式駐車場が増えていますから、あれにコンセントを取り付けるのはか
なり厳しい気がします。

でも、燃費がすごくいいですし、排気ガスを出しませんから、きっと普及してい
くでしょうね。


ちなみに、全然関係ありませんが、今回のメルマガを書いていて、ホンダの正式
名を調べたときにビックリしました。

「本田技研工業株式会社」というんですね。

トヨタが「トヨタ自動車株式会社」
日産が「日産自動車株式会社」

と、ごくごく普通ですが、ホンダには、どこにも「自動車」という言葉が入って
いないんですね。

正式名だけ見ると、まるでチェーンソーとかでも作ってそうな名前で、
「渋いなぁ」と感じてしまいました。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times