fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




findは「見つける」ではない?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第735号 2010/12/06 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」
とご好評いただいており、

5,200名以上の方が受講している大人気の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

では、現在69期生を募集しておりますが、
その締切が今週木曜日9日と迫ってまいりました。

「TOEICで900点突破しました!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座です。


TOEICのパート5、6の問題を見て、

「知らない単語ばっかりで解けないなぁ。TOEICのパート5、6は語彙問題ばっ
 かりで、自分は語彙不足だから解けない」

なんて勘違いしていませんか? 例えば↓の問題。

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the
situation the company was facing was very serious and a ------ solution
was required.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively

答えは「B」なのですが、「選択肢が全部知らない単語だから解けない」
なんて思ってませんか?

語彙の問題と判断してしまう方が多いのですが、実は、これは英文法の問題で、
選択肢の単語を1つも知らなくても、英文法ができる人なら解ける問題なのです

英文法がわかっている人には、
「ここに入るのは形容詞だ。そして単語の形からして形容詞はBだ」となります


逆に意味で考えると、

Aなら、「理解する解決策が要求された」
Bなら、「包括的な解決策が要求された」
Cなら、「理解解決策が要求された」
Dなら、「包括的に解決策が要求された」

と逆に、どれでも良いように見えてしまい、
「単語は知っていても、英文法がわからないと解けない問題」なのです。


実際のところ、TOEICのパート5、6は英文法が約55%、語彙が約45%と半々な
のです。(回によって、比率は変わります)

なのに、「語彙問題ばかり」と思うのは、
語彙不足だけではなく、英文法力不足が原因なのです。


「分かる! 解ける! 英文法!」では、その英文法を「品詞」という基礎から
「暗記ではなく理解する」スタイルで学んでいただけます。

わからないところがあっても、
制作者である私に直接メールでご質問していただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。締切が迫っておりますので、お急ぎくださいませ
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード9)
------------------------------------------------------------------------

今日は感謝祭。感謝祭と言えば、フットボール(アメフト)。モニカとレイチェ
ルのアパートで、試合をテレビで見ているうちやりたくなってきたので、みんな
で、広場に行き、フットボールをすることに。

レイチェルとフィービーはフットボール未経験。ロス、モニカ、ジョーイ、チャ
ンドラーは経験あり。

チーム分けを行い、「ロス、チャンドラー、レイチェル」と「モニカ、ジョー
イ、フィービー」に分かれる。

モニカチームが制限時間ギリギリで、時間切れの音が鳴った瞬間にプレー(ス
ナップ)をして、フィービーが得点を上げる。

しかし、時間切れだったかどうか非常に微妙なところで、両チームが得点が有効
か無効か言い合っている。

特に、ロスとモニカのきょうだいは子どもの頃から、フットボールでよくケンカ
していたので、そのケンカが再燃。

そこで、決着をつけるため、再試合をすることに。

しかし、ロスチームは、レイチェルがまったく戦力にならず、しかも、一番運動
神経のよいジョーイがモニカチームにいるため、モニカチームがどんどんリード
を広げる。

そこで、ロスが「チームの力が違いすぎる」と言い訳を言う。モニカは「それな
ら、レイチェルとジョーイをトレードよ。それでも私は勝つ」と言い、結局ト
レードに。

一方、ジョーイとチャンドラーは、フットボールを見物しているオランダ人の美
女、マーハを巡って争っている。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2010/11/what_its_like.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

マーハ: (coming over) The game is over, we eat now?

チャンドラー: No-no-no-no, the game's not over, we're just switching
       teams.

ジョーイ: Yeah, Chandler finds me so intimidating that it's better if
     we're on the same team.

ロス: Right. Okay, let's play. Let's go.

チャンドラー: No ah, hold on a second Joe, where do Dutch people come
       from?



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



マーハ:(やってくる)試合終わり? 食事かな?

チャンドラー:あ、違う違う違う。試合は終わりじゃないよ。ただ、チーム替え
       するだけだよ。

ジョーイ:あぁ、チャンドラーが俺を恐れるあまり、同じチームの方がいいって
     さ。

ロス:はいはい。早くやろうぜ。

チャンドラー:いやいや、ちょっと待てよジョーイ。オランダの人ってどこから
       来るんだっけ?



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■find OC ジョーイ

findというと、「見つける」という意味の、第3文型の動詞として知っている方
が多いかと思いますが、実は、第5文型でも使え、その場合、

「OをCだと見る」「OをCだと思う」「OをCだと感じる」

という意味になります。

第5文型の場合、決して、「見つける」「発見する」という意味ではありません
ので、注意してください。

ジョーイとチャンドラーはマーハを巡って争っています。
そこで、ジョーイは、

「チャンドラーが俺を恐れるあまり、同じチームの方がいいってさ」

Chandler finds me so intimidating that it's better if we're on the same
team.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

この文、構造的にはちょっとむずかしいですね。

もともとは、

Chandler fins me intimidating.

だったのですが、intimidatingをso thatで挟んで、
作っています。


なので、

.  S    V   O   C
│Chandler│finds │me│<so intimidating that it's better if we're on
└────┴─┬─┴─┴───────────────────────
.       SP5

the same team>│
───────┘

というCがとても長い形になっています。

※:↑の記号については↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/kigou.html >

※:↑の図がずれて見える方は↓をご覧下さい
→< http://www.thebelltree.com/monospace.html >

※:↑の設定をしても上手く行かない方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/101206.html >



■hold on a second チャンドラー

直訳すると、「1秒待って」ですが、
これは、英語では、ただ単に「ちょっと待て」という意味。

普通に、待ってほしいときにも使いますし、
議論で異論を挟むときに、「おいおい、ちょっと待てよ」という意味の「待て」
でも使えます。

ジョーイとチャンドラーはマーハを巡って争っています。

先に、ジョーイに「チャンドラーが俺を恐れるあまり、同じチームの方がいいっ
てさ」と言われたので、チャンドラーは、ジョーイの弱点である、頭脳を攻め、

「ちょっと待てよジョーイ。オランダの人ってどこから来るんだっけ?」

hold on a second Joe, where do Dutch people come from?

と言っています。


ちなみに、チャンドラーはJoeyではなく、Joeと言ってますね。

これは、日本語にはない感覚なのですが、
「こういう人にはこういう呼び方もOK」みたいな呼び方があるのです。

例えば、Joeyという名前の人だったら、本名がJoeyでも、
Joeと呼んでもOKで、普通に、「あー、Joeyのこと言ってるんだな」とわかりま
す。


そして、さらに言うと、Joeyというのは実は本名ではありません。
本名は、Josephです。

本名がJosephの人は、Joey、Joeと呼ばれることが多いのです。

日本語で言うと、「ケンイチ」という人を「ケンちゃん」というのに近いかも
しれませんが、ケンちゃんは、ごく親しい人しか使わないのに、
英語では、大して親しくなくても、平気で、Joeとか言います。


★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

Joey→Joeでもお話ししましたが、
英語って、名前に関して、けっこういい加減なんですよね。

多くの名前に、「別名」が存在し、
多くの人が、まるでそれが本名であるかのように呼ぶので、
実は本名を知られていないこと、本名と誤解されていることが多いんです。

例えば、前の前のアメリカ大統領。

ビル・クリントン Bill Clintonとして知られていますが、
本名は実はBillではありません。

本名は、Williamです。William Clintonが本名です。
(さらに言うと、ミドルネームも入るため、William Jefferson Clinton)

ではなぜ、Billと呼ばれるかと言うと、
Joey→Joeのように、Williamという名前の人は一般的にBillとも呼ばれるからで
す。

これはあくまで推測ですが、Williamではなく、Billと呼ぶ人の方が多いので、
Billで通すようになったのだと思います。

しかし、厄介なのは、Billが本名の人もいたりすることです。


あと、もっと「よくそれで通るよな」と思うのが、
本名となんのゆかりもない名前が、まるで本名として知られること。

例えば、タイガー・ウッズ。Tiger Woods.

実は、彼の本名は、Eldrick Tont Woods。
どこにもTigerは入っていませんし、William→Billのように、「そう呼ばれるも
の」的な流れもありません。

実は、Tigerはただの彼のニックネーム。
子どもの頃、父の友人からつけられただけなのです。

でも、そこが英語圏のすごいところ。
まるでそれが本名のように扱われてしまうのです。
(実際のところ、Tiger Woodsが本名だと思っていた方がほとんどだと思います)
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times