fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




日本語訳を見て「わかった」と満足してませんか?

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第334号 2010/12/08 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」
と好評いただいており、

5,200名以上の方が受講している大人気の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

では、現在69期生を募集しておりますが、
その締切が明日、9日(木)に迫ってまいりました!


「分かる! 解ける! 英文法!」は、

「TOEICで900点突破しました!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


本気で英語を身につけようとする方、特に壁に当たり伸び悩んでいる方には、
英文法を本気で取り組むことをオススメいたします。


なぜなら、英文法は暗記ではなく、理解しなければ、リーディングや英会話など
で役立つ「応用が利く知識」にはならず、

基礎から丁寧に順番にやらないと、途中で挫折する可能性が高いからです。


私は昔、通信簿2、偏差値30と英語が苦手でしたが、英文法を一番の基礎からや
り直したことにより、1年でTOEIC 900を達成できたのです。

そして、今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を持ち、9年間に渡り、11,200名以
上の方に英語指導をさせていただいております。


自分自身の経験、そして、英語指導経験から自信を持って言えます。

「英文法は英語上達のカギです」


その英文法を「品詞」という基礎からじっくりと学んでいただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問いただけ
ます!

一緒に英語学習がんばっていきましょう!
締切が明日9日(木)と、迫っておりますので、ご検討中の方はお急ぎください。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆日本語訳を見て「わかった」と満足してませんか?
------------------------------------------------------------------------

今回は英文法についてお話しいたします。


■もちろん意味は大切ですが…


ほとんどの方は、英語学習をする際、

「英文の意味がわかるようになるように」

と勉強します。


これは当然のことと言えば当然のこと。

英語学習の最終的な目的は、

・英語を読んだり、聞いたりして意味がわかるようになること
・ちゃんとした英語をしゃべったり、書いたりできるようになること

であるはずです。


だから、「英文の意味がわかるようになるように」と英語学習するのは至極当然
のように聞こえると思います。

しかし、あまりに「意味」ばかりに気を取られていて、
ほかのことをおろそかにしてしまっている方が、実はとても多いのです。


例えば、

All of sudden, China stopped exporting rare earths, which are vital for
producing high-tech products such as hybrid cars.

という英文があります。


左から右に真っすぐにすーっと読んで、

「あー、なるほどね」

と意味がわかった人もいると思います。

このように、意味がすーっとわかってしまう人は問題ありません。
(もちろん、この文に関してはという意味です。
 わからない英文を↓の姿勢でやり過ごしていたら同様に問題です)


しかし、すぐにはわからなかった方、
何回読み返してもわからなかった方もいると思います。

そういったとき、多くの方は、日本語訳を見ます。

多くの教材には日本語訳が書いてあり、

「突然、中国はレアアースの輸出を停止した。レアアースはハイブリッド車など
 のハイテク製品を作るのに必要不可欠である」

というように書いてあったとします。


そこで、

「あー、なるほど。そういう意味か」

で終わらせてしまっていませんか?


また、「そういう意味か」で終わらせていなくても、

「all of suddenは、"突然"という意味」
「vitalは、"必要不可欠"という意味」

というように、知らなかった語彙を覚えるだけで終わらせてませんか?


実は、これでは、

「学んだ気になっても、根本的な問題を解決していないので、
 結局、実力になっていない」

という可能性が高いのです。



■語彙だけが問題ならいいですが


英文の意味が理解できない理由としては、大きく分けて3つの理由があります。

1、知らない単語・熟語があった
2、背景知識が不足していた
3、英文の構造が読み取れてなかった

これらの組み合わせであるケースもあります。
例えば、1と3の両方が原因であることがあるでしょう。


1の「知らない語彙があった」というだけなら、
知らなかった語彙を覚えるだけでも問題ありません。

2の「背景知識が不足していた」というのなら、
英語力の問題ではないので、仕方がありません。
(対策としては、「自分の背景知識で理解できる教材を選ぶ」ということ)


しかし、3の要因があるのでしたら、

日本語訳を見て「あー、そういう意味か」ではもちろんダメですし、
知らない語彙を覚えても不十分なんです。


これは多くの人が勘違いしていることなのですが、

「語彙さえ知っていれば、英文を読める」わけではありません。
「語彙を知っているのに読めないのは、意味のつなげ方が慣れていない」わけ
ではありません。


ただ、そう勘違いしている方が多いだけに、

読めない英文の中に、知らない語彙があると、

「あー、この語彙が原因なんだな」

と思い込んでしまう。


語彙を知っていたのにわからなかったら、日本語訳を見て、

「あー、そういう意味になるんだね」

で済ませてしまう。


こういったことがとても多いのです。

しかし、それでは、

「英文の構造を読み取れていない。
 読み取れていないから、語彙を知っていても、文全体の意味がわからない」

という根本の問題は解決されていないのです。



■構造面にもちゃんと注目


そうではなく、構造面が原因なら、

早い話、

「語彙は知っていても、
 あるいは、知らない語彙の意味を調べても、英文全体の意味がわからないのな
 ら」

ちゃんと、構造面の知識を身に付けるべきです。


英語は何も、適当に並んでいるわけではありません。

そして、英文の形には論理的な規則があり、
それを学べばちゃんと、

・それぞれの単語がどういう役割を果たしているのか
・それぞれの構造がどういう意味を出しているのか

がわかるようになるのです。


例えば、先ほどの英文

All of sudden, China stopped exporting rare earths, which are vital for
producing high-tech products such as hybrid cars.

でも、

exporting rare earths以下は、動名詞であり、
「レアアースを輸出すること」というように、文が名詞になった意味になってい
る。

which are vital以下は、関係節であり、
これがrare earthsを修飾している。

whichは名詞の関係詞(関係代名詞)なので、関係詞とセットの文の名詞(ここ
では主語)が抜けている。

producing high-tech products such as hybrid carsも動名詞で、
前置詞forとセットの名詞として使われている。

such asは前置詞で、後ろのhybrid carsとセットで、前のhigh-tech products
を修飾している。

というように、ちゃんとした規則があるのです。


こういった規則を理解しておけば、
同じ規則を使った英文が出て来たら、それを読めるようになります。

そして、それこそ無限にある語彙と違って、
英文の構造の規則というのは、そこまで数が多いわけではありません。

すべてを知るのが事実上不可能で、いくら覚えても知らないものが出てくる語彙
と違い、英文の構造の規則というのは、「ここまでやればOK」という区切りがあ
ります。


「そういう意味なんだ」で済ませておいたり、
知らなかった語彙を覚えておくだけでは、これはできないことです。

確かに、その文の意味はわかったかもしれませんが、
同じ規則を使っている別の英文は読めない可能性が高いのです。


例えば、先ほどの英文で苦労した人で、
日本語訳を見て、「そういう意味かぁ」と思った人でも、

Recently Switzerland, which is well known for protecting its banks'
clients, started providing information to the US government.

は、再び苦労してしまう可能性が高いと言えます。



■意味と構造の両面で


もちろん、英語学習の目標として、「意味がわかるようになること」というのは
間違いではありません。

しかし、構造をおろそかにしてしまうと、
英文全体の意味が取れなくなってしまうのです。

「語彙さえ知っていれば大丈夫」
「日本語訳を見て"なるほど"で済ませてしまう」

そんなことはもうやめて、しっかりと英文の構造の知識を身につけて行きましょ
う。


英文の構造とは英文法のこと。

英文法は、「TOEICパート5、6のような英文法問題を解くためのもの」と誤解
していた方もいると思いますが、実はそうではなく、

「英文の意味を理解するため」

にも必要な、「理解すべき知識」なのです。


決して、

「問題さえ解ければいい、暗記すべき物」

ではないのです。


英文法を学びたい方は、冒頭でお話させていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

がお役に立てれば幸いです。


明日9日(木)が締切となってます。
今年中にスタートする期は、今期が最後ですので、
検討中の方はお急ぎくださいませ。


最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習をがんばって行きましょう!



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

先日、Mr.Children(ミスチル)の2年ぶりの新作アルバム、

SENSE
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0047O3XHC/thebelltree-22/

を買いました。


私はあまり音楽には詳しくないのですが、ミスチルは本当に大好きで、
聞く音楽も、カラオケで歌うのも、ほとんどがミスチルです。

ミスチルは高校生の時代から聞いていますが、私は、

「悲しいことでも、辛いことでも、イヤなことでも、苦しいことでも、
 遠慮しないで、世間体を気にしないで、心の底からの魂の叫び」

というか、そんな「本音」を魂込めて歌ってくれるところが大好きです。

そして、ただ苦しいだけじゃなくて、最後には希望を感じさせてくれる。
だから、活力が注入される。
(一番極端な例が、『ALIVE』 ファンじゃないと知らない曲ですが)


ラブソングにしても、ただ単に「好き」という気持ちだけを歌ってる歌はつまら
ないですが、ミスチルはちゃんと現実的な、共感できる苦悩も入っているんです
よね。

それでも、最後はプラスの気持ちに持って行ってくれる。

だから、私はミスチルが好きですし、
だからこそ、これだけCDが一杯売れるんだと思います。


今回のCDは、最近のアルバムよりも、そういった「魂の声」の歌が多かった気が
します。

個人的には、『365日』と『Prelude』が好きですね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典