fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英語の長い文、複雑な文を読むには

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第335号 2010/12/15 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「読むスピードが遅くて…」
「長い文、複雑な文を読むのが苦手…」

そんな方にオススメの、リーディング講座、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

の、第10期募集の締切が、本日15日(水)と迫ってまいりました。


学校では、日本語に訳して読むように習いますが、
あれって実は間違った方法なんです。

そもそも、なぜ、日本語に訳させるかというと、

「生徒が英語を理解しているかをチェックするため」

訳させて、その日本語が正しければ、「英語を理解しているな」と採点できる
わけです。


今は、採点されているわけではないのですから、
わざわざ日本語に訳して読む必要などないのです。


英語ができる人は、わざわざ「日本語ならどういう意味になるか?」
なんて考えていません。

英語は英語のままダイレクトに理解しています。

そして、将来的には、「日本語を読むように」返り読みすることなく、スーッと
読めるようになって行きます。


そのためには、

「日本語に訳して読む」
「先頭から、単語や熟語の意味をつなぎ合わせて読む」
「適当にスラッシュ等で区切って読む」

という方法ではダメなのです。


しっかりと構造を意識した、正しい読み方を身に付ける必要があります。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたが、
訳し読みなどはいくらやっても力がつかず。

しかし、正しい読み方を身につけてからは、一気に英語が上達し、
今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


その正しい読み方を身につけていただけるのが、リーディング講座

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

になります。


ネイティヴの音声もついておりますし、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
締切が本日15日(水)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英語の長い文、複雑な文を読むには
------------------------------------------------------------------------

今回はリーディングについてのお話です。


■3つの間違った読み方


学校では、英語は日本語に訳して読むように習います。

授業中に、

「○○さん、次の英文を訳してください」

と言われたり、

定期テストで、

「下線部を日本語に訳しなさい」

という問題が一杯出たことを覚えている方も多いでしょう。


しかし、知っている方も多いと思いますが、
これは間違った読み方です。

なぜなら、英語と日本語では全然語順が違うため、
1文1文、キッチリ日本語に訳していたら、何回も読み直すことになり、
時間がかかってしまうためです。

例えば、

I think that this project is going to succeed.
「私はこのプロジェクトは成功すると思う」

の、thinkと「思う」の位置を比較しても、
語順が全然違うことがわかると思います。


しかし、「学校で習う、訳して読む方法は間違いだ」ということは知ってる方が
多く、そうではない別の読み方をする方が多いです。

いろいろな読み方がありますが、
そのうち、多くの方が行う読み方に、

「先頭から意味をつなげて読む方法」

があります。


わざわざ文単位で日本語に訳していたのでは、語順が違うために、
すごく時間がかかってしまいます。

それだったら、日本語の語順じゃなくてもいいから、
そのまま真っすぐに読んで意味をつなげればいい。

という読み方です。


例えば、

I think that this project is going to succeed.
「私は思う、このプロジェクト、成功する」

という感じですね。

日本語としては変な日本語ですが、
意味がわかりますから、これでいいわけです。


しかし、これも残念ながら間違いです。

先ほどの英文のように、簡単な英文だったら、これでも読めちゃいます。
しかし、複雑な英文になると読めないのです。


実際に英語を読んでいて、

「単語・熟語は全部知っているのに、文全体の意味がわからない」

なんて経験ありませんか?
それは、ただ単に意味をつなげているのが原因です。


「学校で習う訳し読みは間違いだから、別の読み方をしよう」

とする場合、「意味をつなげて読む」方法以外に、
もう1つ、多くの人がやろうとする読み方があります。

それは、「スラッシュリーディング」です。


例えば、

I think / that this project is going to succeed.

のように、適宜、スラッシュを入れて、区切って読んで行く読み方ですね。


これは、正しいやり方でやれば、ある程度の効果を期待できます。

ただし、これを正しく行うのは、もともと高い英語力が必要で、
多くの人が間違った使い方をしています。


スラッシュは、「自分が読みやすいように、一息入れたり、区切りを入れる」
という意味に勘違いしている方が多いのですが、

スラッシュは何も適当に入れればいいわけではありません。

例えば、

I think that this / project is going to succeed.

としていたのでは、意味がないどころか、逆効果です。


英語には、ちゃんと切るべき場所と、
切ってはいけない場所があるのです。


上記の英文ぐらいだったら、区切りを間違うことも少ないでしょうし、
そもそも、引かなくても読めたりします。


しかし、↓のように長い文になると、間違った読み方をしてしまう方も
多いのです。

The imported material that was brought to the headquarters turned out to
be so toxic to children under twelve that the company had to cancel the
order.


「訳して読む」人と「意味をつなげて読む」人は、
読めたとしても時間がかかってしまうでしょうし、

スラッシュリーディングの人は、けっこう間違った場所にスラッシュを引いてし
まっている方が多いです。



■構造を把握して読む


では、どうすれば正しく英文が読めるのか?

というと、構造を把握しながら読むことです。


具体的に言うと、

・何がS(主語)なのか
・何がV(動詞)なのか
・何がO(目的語)なのか
・何がC(補語)なのか

をちゃーんと把握して読むことです。


I think that this project is going to succeed.

のような簡単な文でも、

. S  V    O
│I │think │[that this project is going to succeed] │
└─┴─┬─┴────────────────────┘
.    SP3

※:↑の記号については↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/kigou.html >

※:↑の図がずれて見える方は↓をご覧下さい
→< http://www.thebelltree.com/monospace.html >

※:↑の設定をしても上手く行かない方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/101215.html >

のように、ちゃんとした、構造があるのです。


簡単な文だったら、

「いや、そんなことしなくても意味わかるって」

と思うかもしれません。


しかし、むずかしい文だとそうは行かないのです。

例えば、先ほどの

The imported material that was brought to the headquarters turned out to
be so toxic to children under twelve that the company had to cancel the
order.

を、ちゃんと真っすぐに読んで、意味が取れなかった人は多いはずです。


「輸入された材料、それが持ってこられた」とか、
「本部があまりに毒性が強く」とか、
「12よりは低い毒性」とか、

もしくは、さらにほかの読み方など、

間違った読み方をした方も多いはずです。


でも、構造としては、

.   S
│[The imported material <that was brought to the headquarters>]│turned
└───────────────────────────────┴─┬─
.                                  SP2

.  V     C
out to be │<so toxic to children under twelve that the company had to
─────┴─────────────────────────────

cancel the order> │
─────────┘

※:↑の設定をしても上手く行かない方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/101215_2.html >

と、シンプルなものなのです。


なぜ、文が長くなると読めなくなってしまうかと言うと、

・Sが長くなってしまって、どこからどこまでがSなのかわからなくなってしまう
 (もちろん、V、O、C)も同様

・いろいろな修飾語が入って来て、どれがどれを修飾しているのかわからなく
 なってしまうから

なのです。


日本語は、主語などを省略してしまっても問題ない言語です。

例えば、「明日行くよ」は、「誰が」という主語が省略されていますが、
正しい日本語として認識されています。

いろいろ省略されていたりしますが、日本人にとっては母国語なので、
感覚で読めてしまい、省略されていても全然問題ないのです。


しかし、英語はこういったSなどは省略しない言語で、
Sが何か、Vが何かというのをすごく大切にします。

それに、英語は日本人にとっては母国語ではないので、
感覚で読む能力がありません。

なので、このように、しっかりと構造を把握する能力が必要なのです。



■先頭から把握できる


しかし、先ほどの図を見て、

「確かに、何がSか、何がVかはわかるけど、
 それは読んだ結果しっかりと分析したからわかったんでしょ?
 それをいちいちしてたら、時間がかかってしょうがないじゃん」

と思うかもしれません。


でも、正しい読み方を身につけている人は、
先頭から真っすぐに読んで、一瞬にして、あのように構造を把握できるのです。

例えば、

The imported material that was brought

と来た時点で、もう、was broughtはVではなく、imported materialを修飾して
いるパーツの1つに過ぎず、本物のVはまだこの後に来る、とわかります。


最初は、こういった選別法は、意識的に訓練する必要があります。

しかし、何回も何回もこういう練習をして行けば、
そういう意識をしなくても、無意識にできるようになります。


車の運転に例えて言えば、最初は

「どこにギアがある」
「ウインカーを出すにはここ」
「曲がるときは、まずミラーと目視で」

と意識しなければなりませんが、
繰り返し運転していれば、そんなのは無意識でできるようになってしまうのと
同じです。


英語でも同様で、最初は意識的に構造把握をしていても、
慣れてくると、まるで日本語を読むのと同じように、すーっと無意識に左から右
に真っすぐに読めるようになってくるのです。


ちなみに、今回の英文の意味は、

The imported material that was brought to the headquarters turned out to
be so toxic to children under twelve that the company had to cancel the
order.
「本部に持ってこられた輸入された材料は12歳以下の子どもには毒性が強すぎて
 会社は注文をキャンセルをせざるを得ないとわかった」

という意味になります。
(訳し読みや、日本語訳を見て、"あー、そういう意味ね"ですませてほしくな
 かったので、最後まで出しませんでした)



■正しい読み方を身につけて、訓練を


以上が今回のお話になります。

訳し読み、意味のつなげ読み、スラッシュリーディング

は「スラッシュリーディングを正しく使用した場合」を除けば、
いずれも間違った読み方です。
(そして、多くの場合、スラッシュリーディングは正しく使用されていません)


そうではなく、きちんと、構造を把握して行く正しい読み方を身に付ける必要が
あります。

最初はいろいろ意識しなくてはなりませんが、
慣れてくれば、徐々に無意識にできるようになってきます。


リーディングを上達させたい方は、冒頭でお話させていただいた、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

がお役に立てば幸いです。

本日15日(水)が締切となっており、
今年中にスタートする期としては、これが最後ですので、
ご検討中の方は、お急ぎくださいませ。


最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習をがんばって行きましょう。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

先週末、近所の子連れファミリーの集まりがあったので、参加してきました。

5組15人(パパ、ママ、赤ちゃん×5組)で、
赤ちゃんは、1人を除けば、みんなまったく同じ月齢(6カ月)。

6カ月というと、もちろんまだ話せませんし、
お座りもできない子の方が多いぐらいですし、
ハイハイをする子は珍しいです。

それでも、みんな個性があって、ぜーんぜん違いますよね。

まぁ、そりゃ人間なんだから当たり前なのですが、
普段はほぼ自分の子しか見ないので、そういう差はとても新鮮でした。

積極的にほかの子に話しかける(とは言っても、「あーあーうーうー」ですが)
子もいれば、

「我が道を行く」と、まったくほかの子にかまわず一人で遊ぶ子もいれば、
大人しくて、ずーっとじーっとしてる子も。


まだ6カ月なんだから、育った環境というより、遺伝ですよね。

今までは、身体的能力とか芸術的才能は遺伝で、
性格は育った環境が90%かと思ってましたが、完全にそれは間違いでしたね。


うちの子はけっこう積極的に話しかけますし、
喜怒哀楽の表現もかなり明確ですね。

どっちにどう似てるかはちょっとわかりませんが。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典