fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英語の基礎3つ、これをやりましょう!

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第337号 2011/01/05 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」

5,200名以上の方が受講されている、大好評の

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

ですが、第70期生募集の締切が本日5日(水)と迫ってまいりました。


「TOEICで900点突破しました!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


メルマガで、TOEICや英会話等、目標に関係なく、英文法の必要性をお話させて
いただいておりますが、

リスニング、リーディングで、

「全部知っている単語なのに文全体として意味が分からない。」
「スピードが速すぎて着いて行けない。」
「読むスピードが遅くて、時間内に終らない。」

なんてことをなくし、力を発揮するためには、

「文の構造から、それぞれの単語がどんな役割を果たし、どんな意味をもたらし
 ているのかを理解する。」

「英語のまま理解できるようになり、スピードに対応できる。」

「英文を真っすぐに帰り読みせず、日本語訳に頼らずに読む。」

ための能力、「使える英文法」が必要なんです。


「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

では、「品詞」という一番の基礎から英文法を学んでいただけます。

「問題が解ければいい。」

ではなく、「英会話やリスニング、リーディングでも使える英文法」を目指すス
タイルです。


分からない部分がありましても、制作者である私に直接メールでご質問していた
だけます。(こちらのサポート制度が大変好評です!)

英語学習を一緒に頑張って行きましょう!
締切は本日5日(水)の24時になります!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英語の基礎3つ、これをやりましょう!
------------------------------------------------------------------------

1月3日に別のメルマガをお送りさせていただきましたが、
本メルマガのみお読みの方は今号が2011年の最初の号になりますね。

今年も、皆様の英語学習のお役に立つ情報をお届けできればと思っておりますの
で、何卒よろしくお願いいたします。


■1月は英語学習熱が一番熱い時期


今まで、9年以上にわたって、11,400名以上の方に、
英語指導をさせていただきていますが(今年の6月で10周年)、

その経験から言って、1月というのは、一番英語学習熱が熱い時期と言えます。
(「4月」と思っている方が多いと思いますが、実はそうでもないのです)


やはり、年が明けて、「今年こそやるぞ!」という意欲が高い方が多いのでしょ
うね。

皆様の中にも、「今年こそ(あるいは、今年も)やるぞ!」と燃えている方もい
らっしゃると思います。

「鉄は熱いうちに打て」

と言います通り、やる気のある今のうちにやってしまいましょう!


今回は、そんな方のための、英語でやるべき3つのことをお話しいたします。


「これから英語やりたい!」という方はもちろん、
「もう一度英語をやり直したい」という方はぜひご覧になってみてください。



■英語でやるべき3つのこと


その、英語でやるべき3つのことと言うのは、

語彙、英文法、リスニングの3本柱

になります。


英語には確かに、ほかにもいろいろとやるべき分野があります。

リーディング、英会話、ライティングなどなど

しかし、英語においては、基礎はこの3本柱であり、
そのほかのものは、すべて応用になります。


よく、

「英会話ができるようになりたいから」

と言って、いきなりしゃべる練習を始めてしまう方がいらっしゃいますが、
それはとても非効率です。


なぜなら、応用というのは、基礎の上に積み重なっており、
基礎ができていない状態で、応用をやっても非効率になってしまうからです。

例えて言うなら、1階ができていないのに、2階を無理矢理建てようとしている
ようなものです。

当然、それでは、2階は崩れ落ちてしまい、意味がなくなってしまいます。


私自身、昔は、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だったのですが、
その時代、

「リーディングができるようになりたい!」

と思い、ひたすら、英文を読んで、リーディングの勉強をしていました。


しかし、基礎3本柱ができていない私にはあまり役に立たず、
かなりの時間を割いたのに、逆に点数が下がった経験があります。
(自分で言うのもなんですが、かなり努力しました)

なぜなら、リーディングというのは、語彙と英文法の応用だからです。

語彙と英文法が全然できていない当時の私がリーディングをやっても、
それがちゃんと実力として身に付かなかったわけです。


逆に、しっかりと語彙と英文法の基礎からやり直したところ、
どんどん実力がつき、今では、TOEIC 990(満点)、英検1級までたどりつくこ
とができました。



■リーディング=語彙+英文法


では実際に、どのようにして、基礎3本柱が、
ほかの分野の基礎となっているかを見てみましょう。

まずは、リーディング。

リーディングというと、「語彙さえ知っていれば読める」と思っている方が多い
ですが、それでは読めません。

簡単な文だったらそれでも読めますが、
長い文、複雑な文だと、単語・熟語の意味を知っているだけでは読めません。


実際に英語を読んでいて、

「単語・熟語の意味は全部知っているのに、文全体としての意味がわからない」

なんて経験ありませんか?


それは、その英文の構造がわかっていないために、

「それぞれの単語が文中でどういう役割を果たしていて、
 どういう意味を出しているのか」

がわからないためなのです。

そして、その英文の構造の知識というものこそが、「英文法」なのです。


「語彙を知っていて、あとは一杯読んで、意味のつなぎ方を慣れればよい」

と思っている方もいらっしゃいますが、
それでは、英文の構造の知識が身に付かないので、できるようになりません。

論理でやるべきところを、無理矢理力技でやっては非効率です。


語彙と英文法、この2つができていて初めてリーディングの下地ができるわけな
のです。



■英会話=語彙+英文法+リスニング


次に、英会話を見て行きましょう。

まず、相手の言っていることを理解できないと会話が成立しませんから、
リスニングが必須なのはすぐお分かりいただけると思います。


また、こちらが発言する際にも、発音・イントネーションは重要です。

発音に関しては、何もネイティヴレベルを目指す必要はありませんが、
最低限、相手に理解してもらえるレベルにする必要はあります。

イントネーションに関しては、がんばればちゃんとネイティヴレベルにできる
ので、しっかりと鍛えるべきです。


では、発音とイントネーションはどうやって鍛えるかと言うと、
ネイティヴのお手本を聞いて、その真似をするのです。

しかし、そのお手本をそもそも聞き取れなかったら練習ができませんよね。


語彙が必要なのも一目瞭然だと思います。

相手の使った単語を知らなければ理解できませんし、
自分が言いたい意図を表す表現を知らなければしゃべれませんよね。


語彙、リスニングに比べて、英文法は必要性が理解しづらいかもしれません。

でも、先ほども言ったように、英語と言うのは、語彙さえ知っていれば理解でき
るものではないのです。

先ほど、「長い文、複雑な文は、語彙を知っているだけでは理解できない」と
お話ししましたが、英会話においても、

相手が長い文、複雑な文を話して来たら、語彙だけでは理解できません。


そして、何より、自分がしゃべるとき、
英文法の知識がないと、正しい英文ができません。

「自分の意図を表す単語・熟語は知っているのに、
 それを正しい英文にできない」

という体験は、英会話を体験したことがある方なら誰もが1度は実感したことが
あるはずです。



■ライティング=語彙+英文法


ライティングは、語彙と英文法の応用です。

リーディングと英会話の流れから、ライティングに語彙と英文法が必要なのは、
一目瞭然です。

まずそもそも、自分が書きたいことを表す語彙を知らなければ書けませんよね。

そして、語彙を知っていても、それを正しい英文にできなければ、ダメですか
ら、英文法が必要ですよね。



■ある意味 リスニング=語彙+英文法?


リーディング、英会話、ライティングと、応用例を見て来ましたが、
実は、基礎の中でもちょっと段階があります。

確かに、英語の基礎は語彙、英文法、リスニングの3つなのですが、
この中にも段階があって、

語彙と英文法は基礎中の基礎。
リスニングは基礎ではあるものの、どちらかというと応用的です。


語彙と英文法に関しては、本当に一番の基礎です。

語彙を学ぶ際には、特にほかの知識はいりません。
あえて言えば、英文法ですが、英文法は語彙と同様に基礎中の基礎ですよね。
(単語帳の例文の意味を理解するのに英文法が必要なこともある)


英文法を学ぶ際にも、特にほかの知識は必要ありません。
あえて言えば、語彙ですが、これもやはり、基礎中の基礎。
(英文法の説明で使われている例文を理解するために語彙が必要なこともある)


つまり、語彙と英文法は一番基礎であり、この2つ以外は何も必要ないのです。


しかし、リスニングは語彙と英文法の両方が必要です。

求められるレベルは大して高くないので、
中級者以上であれば、リスニングに語彙と英文法が必要なことは気づかないこと
もあると思います。


ただ、リスニングをやっていて、

「聞き取れないと思って確認したら、知らない語彙だった」
「聞き取れないと思って確認したら、読んでもパッとわかる文じゃなかった」

ということありませんか?


これは、それぞれ、前者は語彙不足、後者は英文法不足が原因なのです。

同じ英文だったら、聞き取る方が読むよりずっとむずかしいです。
つまり、パッと読んでわからない英文は聞き取れるわけがないのです。


なので、場合によっては、

「リスニング教材を買って来たはいいけど、スクリプト(音声の内容が文字に
 なっているもの)を読んでも、パッとはわからない。

 ってことは、語彙と英文法が不足しているじゃん。
 それじゃ、リスニングトレーニングはできないよね」

ということになってしまうことがあるのです。


なので、もし、使っているリスニング教材の英文が読んでもパッとはわからない
のであれば、

・そもそも、語彙と英文法が不足しているから、そっちを鍛える
・もっと簡単な英文が収録されているリスニング教材に切り替える

という行動が必要になります。


そのため、リスニングは、基礎3本柱の中にあっても、
語彙、英文法の2つと比べると、応用色が強いのです。

なので、厳密に言えば、「基礎2+1本柱」的な感じです。



■まずは基礎3本柱に専念を!


以上が今回のお話になります。

英語をやるのであれば、TOEICや英会話といろいろ目標は違えど、
まずは、

「語彙、英文法、リスニングの基礎をガッチリと固める」

これが本当に大切です。

私自身、基礎ができていない状態で無理して応用をやって失敗しているので、
身をもって実感していますが、基礎ができていないと本当に応用はできません。


確かに、基礎は、応用と違って、やや作業的でつまらないこともあります。
しかし、応用をやるためには、それは避けて通れないのです。

車の運転でいきなり路上に出ないで、まずは教習所で練習するのと同じように、
自転車で、いきなり補助輪なしで練習せず、まずは補助輪で練習するように、

ものごとには段階があります。


応用をやるためにも、基礎3本柱。
特に、語彙と英文法をキッチリとやるようにしてみてください。

1月の今からやって、今年は(もしくは、今年も)英語学習で成果を出しましょ
う!


英文法を学びたい方は、

初心者の方は

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

中級者以上の方は、冒頭でお話させていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

がお役に立てれば幸いです。


後者の「分かる! 解ける! 英文法!」は、受講生様募集の締切が、
本日5日(水)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。

※:もちろん、「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」の方も、
  受講生様募集中です。


最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今年も英語学習がんばって行きましょう!



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

早いもので、今年は2011年。
もう2000年代に入って、12年目なんですよね。

私が今のように英語を教え始めたのが、2001年。

2001年と言うと、

・イチローがメジャーリーグデビュー
・小泉純一郎首相が就任
・ニューヨークで当時多発テロ

という年。そう考えると、かなり昔な気がしてしまいますが、
「10年も経つ」と言われると、「えー! もうそんなに?」というというのが
正直なところです。


私の英語指導歴も、6月には10周年ということになります。

厳密に言うと、それ以前にも教えたことはあるのですが、
予備校の質問応答スタッフ的なアルバイトで、
英語だけじゃなく、数学や理科も教えていたので、
本格的には、2001年からなんです。

そんな、2011年。
どんな年になるのかワクワクしますね。

皆様、今年も何卒よろしくお願いいたします。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典