fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英会話に真剣に取り組むなら

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第342号 2011/02/09 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、745点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、510点アップです!」(受講生さんのご感想)

初心者の英語学び直し、初心者のTOEIC対策にご好評いただいている

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

では、現在第35期生を募集しておりますが、
その募集締切が、本日9日(水)と迫ってまいりました。


私自身、昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたし、
(今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています)

9年以上にわたって、11,800名以上の方を指導させていただいた経験があるので
わかりますが、

TOEIC 500を切っているような英語初心者の方の場合、
基礎があまりにもできていないことが多く、
それが原因で英語が苦手になっています。

品詞、文型と言った基礎を理解して、
英語の構造を理解し、英語をブロックの構造で見れるようになる。

これが初心者脱出のカギです。


そして、基礎をやることはTOEIC対策にもなります。

なぜなら、TOEICの英文法問題のうち、75%が簡単な分野からの出題だからです


ただ、残念ながら、こういった基礎は、ほとんどの教材では、

「このぐらいわかっているでしょ」

と吹っ飛ばされてしまうのです。


学生時代から英語が得意な方が作った教材だと、
なかなか、「超基礎がわかっていないことが原因」というのがわからないのです


そんな、英語初心者の方に自信を持ってオススメできるのが、
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」

去年の開講以来、

「今までわからなかったところが、どんどん"あ、そういうことだったのか!"
 と、わかっていくのが快感です」

「TOEICの問題が、以前よりもかなりスイスイと解けるようになりました!」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるよう
 になりました!」

とご好評いただいている講座なんです。


英語の基礎知識を丁寧に解説させていただくだけでなく、
その知識を使って、英文を作る練習までしていただくので、

英会話でも応用が利くようになります。


また、わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問いた
だけるサポート制度を備えております。

さらに、アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)の音声付き!

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
締切が、本日9日(水)と迫っておりますので、お急ぎください。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英会話に真剣に取り組むなら
------------------------------------------------------------------------

「英会話」というと、英語学習の動機としては、「TOEIC」に次いで第2位。

多くの人が「英会話ができるようになりたい」と思っています。
今回はその英会話についてのお話をしたいと思います。


■どのレベルを目指すか


突然、全然関係ない話になりますが、以下の状況を想像してみてください。

友人と2人で、中華料理屋に出かけました。

その友人は、フランス人。

その友人は英語はまったく話せませんが、日本語がけっこう上手で、
日本人並みとは行きませんが、友達として話す分には意思疎通ができます。

そこで、オーダーした小龍包が運ばれて来ました。

しゅうまいだったら、醤油をつければいいとわかるのですが、
小龍包だとどうしたらいいかわかりません。

迷っていると、フランス人の友人が何もつけないで食べ、
そして、その後、醤油をつけて食べました。

それを見て、自分も醤油をつけようとしたら、友人がそれを止めて、

「それ醤油つけた美味しくないよ」

と言って来ました。


この日本語、意味はわかりますよね?

要するに、

「自分は醤油をつけないでそのままでも食べてるし、
 醤油をつけても食べている。

 その感想として、その小龍包は醤油をつけるとあまり美味しくない。
 だから、醤油をつけないで、そのまま食べた方が美味しいよ」

という意味です。


ただ、日本語としてちょっと変ですよね。

恐らく、あなただったら、

「それ醤油つけた"ら"美味しくないよ」

と、「ら」を入れると思います。
(もちろん「それ醤油つけない方が美味しいよ」という人もいると思いますが)



■よく使う英会話表現


フランス人の友人との食事の話はとりあえずこれで終わりです。

では、また全然別の話になります。

英会話表現集ってよくありますよね?


英会話でよく使う表現をまとめたものです。

そこで、非常によく載っている表現として、

「too ~ to …」

という表現があります。

「~すぎて、…できない」というように訳語が載っていることが多いですね。


実際ネイティヴはよく使いますし、
皆さんも、実際の英会話で使った経験がある方もいらっしゃると思います。

例えば、

I was too busy to have lunch.
「私は忙しすぎて、お昼を食べれなかった」

というような形で使われます。


そこでまた、以下のような状況を想像してみてください。

あなたはアメリカ人の友人と2人で、ショッピングに行きました。
目的はあなたが物置に本を保管しておくためのケースを買うこと。

ちなみに、友人は日本語がしゃべれず、英語で会話しています。


そこで、アメリカ人の友人が、良さそうなケースを発見し、

How about this?
「これはどう?」

と言って来ました。


しかし、そのケースはあなたの本を入れるには小さすぎます。

そこで、

「そのケースは小さすぎて、本が入らないよ」

という意味で、

That case is too small to put the books.

と言いました。



■通じるけど…


この英文、実は間違いです。

正しくは、

That case is too small to put the books in.

と、最後にinを入れる必要があります。


ただ、決定的に間違いというわけではなく、意味はわかります。


そう、つまり、先ほど、フランス人の友人が言った、

「それ醤油つけた美味しくないよ」

とまったく同じなのです。


全然だめな間違いではありません。
それに意味も通じます。

でも、間違いなのです。

でも、基本的に意思疎通はできるレベルです。



■どのレベルを目指すのか?


以上の2つのたとえ話で、今回何がお話ししたいのかと言うと、

「仮にあなたが英会話向上を目指しているとしたら、
 あなたはどのレベルを目指しますか?」

ということなのです。

「That case is too small to put the books.」や
「それ醤油つけた美味しくないよ」

でも、

「まぁ、意思疎通できてるし、それでいいじゃん」

と思うか、

「いやー、そうじゃなくて、ちゃんと正しい英語を話せるようになりたいな」

と思うか、ということです。


人によって、なぜ英会話を向上させたいかは違います。

「海外旅行で使いたいから」
「英語で友人と話せるようになりたいから」

というのであれば、別に正しい英語にキッチリとこだわらなくてもいいと思い
ます。


しかし、

「仕事で英語を使えるようになりたい」
「仕事で必要と言うわけではないけど、ちゃんとした英語を話せるようになり
 たい」

というのであれば、正しい英語を話せた方がいいでしょう。



■英会話表現集、英会話スクールは便利ですが


多くの人が、「英会話」というと、

英会話表現集を使って、表現を覚えたり、
英会話スクールに通うことを想像すると思います。


ある程度、力がある人だったら、それはいい方法なのですが、
初心者の場合、それではちょっと問題がある場合があります。

※:あくまで主観的基準ですが、TOEICで言うと500点以下。
  英文法の理解度で言うと、「前置詞や従属接続詞を何となくでもわかってい
  ないレベル」


なぜかというと、初心者の場合、さっきの「too ~ to …」の例のように、
英会話表現集に載っている表現を正しく使いこなす力がないから、

そして、英会話スクールに行っても、「それは違うよ」と指摘されても、
なぜ違うのかがわからないからです。

ネイティヴ講師の場合、感覚で話せてしまうため、

・「間違ってる」と指摘すること
・こう言うのが正しい

というのは説明できても、

「なぜ間違ってるか」

までは、説明できる人は少ないのです。


確かに初心者の方でも、英会話表現集や、英会話スクールで、がんばって行け
ば、徐々に話せるようになります。

ただ、英語の根本的な仕組みをしっかりと体系的に学んでいないため、
どうしても、

「That case is too small to put the books.」や
「それ醤油つけた美味しくないよ」

のレベルで壁にぶつかってしまう傾向があるのです。


英会話表現集や英会話スクールは、仕組み的にむずかしい表現も、簡単な表現も
ごちゃごちゃに習います。

例えば、「too ~ to …」なんかは、使いこなすにはかなりむずかしい表現で、
中級者の方でも、ちゃんと使えない人は多いです。

現に、中級者の方でも「なぜinが必要なのか」わからない方も多いと思います。


もちろん、「意思疎通ができればいい」というレベルを目指している方なら、
それでいいのですが、そうでないのなら、初心者の方は、英会話用の学習をする
前に、しっかりと、英語の基礎を学んでおくことをオススメします。

一見遠回りにように見えますが、
ちゃんと仕組みをしっておいてから、英会話表現を学んだ方が、

「どう使ったら良いか?」
「こうしたら間違い」

というのがわかるため、向上スピードが速く、

「That case is too small to put the books.」や
「それ醤油つけた美味しくないよ」

というレベルで壁にぶつかる可能性が低くなります。


初心者の方で、英語の仕組みの基礎を学びたい方は、
冒頭でお話させていただいた、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

がオススメです。


英語の基礎分野を、初心者レベルから丁寧に学んでいただけます。

また、その知識を使って、英文を作る練習をしていただけるので、
英会話にも応用できます。

本日9日(水)が締切となっておりますので、
ご検討中の方はお急ぎくださいませ。


最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習をがんばって行きましょう!



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

先日のアジアカップで活躍した、長友選手が、
「インテル・ミラノ」に移籍しましたね。

私はサッカーには詳しくないので、「インテル」と聞いて、

「あー、パソコンのCPUのインテルがスポンサーのチームに移籍したんだ」

と思ってました。

例えば、「ミラノ インテル ○○ズ」みたいなチームに。
(「北海道日本ハムファイターズ」のように、
 日本では「地名 企業名 チーム名」ってパターンがほとんどなので)


でも、テレビのニュースで詳しく解説しているのを見ていたら、
CPUのインテルとはまったく関係ないチームなんだそうです。

「インテル」っていうのは、イタリア語のinternationalを意味する単語が、
「インテルナツィオナーレ」と発音されるので、その略称だそうです。

そして正式名は「インテルナツィオナーレ・ミラノ」と言うそうで、
スポンサー名はまったく入っていません。


実は、最初に聞いたときに、

「あれ? アメリカのスポーツチームはスポンサー名を入れないけど、
 ヨーロッパだと入れるんだ。欧米でも文化が違うのかな?」

と不思議に思ったのですが、やはりアメリカと同様、ヨーロッパでもスポンサー
名は入ってないみたいですね。
(アメリカは、スポーツチームは基本的に「地名 チーム名」のみです)


でも、妻も、父も、友人の多くも私とまったく同じ勘違いをしていたので、
CPUのインテルはタダでスポンサーになった効果が得られてるかもしれません
ね(笑)。(日本で、しかもサッカーに詳しくない人限定ですが)
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典