fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




日本語として自然かは一切関係ない

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第346号 2011/03/09 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」

5,600名以上の方が受講されている、大好評の

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

ですが、第73期生募集の締切が本日9日(水)と迫ってまいりました。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


メルマガで、TOEICや英会話等、目標に関係なく、英文法の必要性をお話させて
いただいておりますが、

リスニング、リーディングで、

「全部知っている単語なのに文全体として意味が分からない。」
「スピードが速すぎて着いて行けない。」
「読むスピードが遅くて、時間内に終らない。」

なんてことをなくし、力を発揮するためには、

「文の構造から、それぞれの単語がどんな役割を果たし、どんな意味をもたらし
 ているのかを理解する。」

「英語のまま理解できるようになり、スピードに対応できる。」

「英文を真っすぐに帰り読みせず、日本語訳に頼らずに読む。」

ための能力、「使える英文法」が必要なんです。


「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

では、「品詞」という一番の基礎から英文法を学んでいただけます。

「問題が解ければいい。」

ではなく、「英会話やリスニング、リーディングでも使える英文法」を目指すス
タイルです。


分からない部分がありましても、制作者である私に直接メールでご質問していた
だけます。(こちらのサポート制度が大変好評です!)

英語学習を一緒に頑張って行きましょう!
締切は本日9日(水)の24時になります!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆日本語として自然かは一切関係ない
------------------------------------------------------------------------

今回は英文法の学び方に関するお話になります。


■英文法は英語を理解するために論理的に学ぶもの


英文法っていうと、どんなイメージがありますか?

「英文法問題をとにかく解きまくるもの」
「細かいルールを暗記するもの」
「英会話には必要ないもの」
「TOEICや英検等の試験を受けなければ必要ないもの」

という方が多いかもしれませんね。

でも、実はそれは間違った認識です。


これは、メルマガでよくお話しさせていただいていますし、
こちらがメインテーマではないので、簡潔にお話しさせていただきますが、

英文法というのは、

「英文の意味を理解するため、正しい英文を作れるようになるために、
 論理的に理解するべきもの」

です。


英文の意味を理解する。

つまり、リーディングやリスニングで、読んだり聞いたりした英文の意味を理解
すること。

正しい英文を作れるようになる。

つまり、スピーキングで正しい英文をしゃべる。ライティングで正しい英文を書
けるようになること。

これが目的です。


そして、論理的に理解する。

「意味はわからないけど、暗記しておけばいい」
「問題が解ければ理解していなくてもいい」

というものではないのです。


英文法というのは、英文の構造の知識です。

「文中で使われている単語や熟語の意味は知っているのに、
 文全体の意味がすぐにわからない」

「自分がしゃべったor書いた英文が間違っていると指摘されたが、
 それがなぜ間違っているのか理解できない」

これは、典型的な英文法力不足の症状です。


英語と日本語はまったく別の言語です。

ただ単に、単語や熟語の意味をくっつければ理解できるわけではありません。

知ってる単語や熟語を適当に文にすれば正しい英文になるわけではありません。


どういう語順で成り立っているのか?
どういう使い方ができるのか?

こういうのが決まっていて、
それが日本語とは違うルールで決まっているのです。

それを学ぶことにより、

「英文の構造を読み取り、英文全体としての意味をすぐに把握する」

「自分が言いたいor書きたいことを正しい英文にする」

こういった力につながってくるのです。


自分自身で身につけた知識を操れないと、これはできませんから、
ただ単に暗記しただけではダメですし、

ましてや、「文法問題さえ解ければいい」というわけではありません。



■日本語に置き換えて考えすぎる


「学ぶ目的の認識が間違っている」
「理解すべきなのに、暗記や問題が解ければいい、と考えている」

という2点の他にも、英文法を学ぶにあたって、
もう1点注意すべき点があります。

こちらが、今回のメインテーマになります。


以下の英語の2文目、

My son passed the exam. That news made me happy.

よく使われる表現ですし、英文法の教材ではほぼ必ず、こういうタイプの英文
は出て来ます。


この英文は、

「そのニュースが私を幸せにした」

という意味です。


ここで、問題なのは、

「そうだよね。そういう意味だよね」
「ふーん、そういう意味になるんだ」

とならずに、引っかかってしまう方が多い点です。


正確に言うと、「妙な」引っかかり方をしてしまう場合が問題です。

「なんでそういう意味になるの?」
「makeは"作る"って意味じゃないの?」
「この文って、どういう構造になってるの?」
「この文の文型ってどうなってるの?」

こういう引っかかり方の場合は問題じゃありません。

むしろ、こう思うべきものであって、
真っ当な引っかかり方で、こういう疑問を持つべきものです。


そういう疑問を突き詰めて行くと、

「makeは第3文型の"作る"という意味で知られているが、
 第5文型で、"OをCにする"という意味がある。

 つまり、この文は、

 .  S     V  O  C
 │That news │made│me│happy │
 └─────┴─┬┴─┴───┘
 .        SP5

 という構造の第5文型である」

※:↑の記号については↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/kigou.html >

※:↑の図がずれて見える方は↓をご覧下さい
→< http://www.thebelltree.com/monospace.html >

※:↑の設定をしても上手く行かない方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/110309.html >

ということが理解できるようになります。


しかし、同じ「引っかかり」でも、

「"そのニュースが私を幸せにした"? 変な意味だな」
「"そのニュースで私は幸せな気分になった"じゃないの?」

と思った場合は、ちょっと注意が必要です。


確かに、日本語として考えた場合、

「そのニュースが私を幸せにした」とはあまり言いません。
「そのニュースで私は幸せな気分になった」の方が自然でしょう。


しかし、それは

「日本語として自然かどうか?」
「日本語として、こっちの方が自然ではないか?」

という、「日本語の問題」であり、「英語の問題」ではないのです。


英語と言うのは、日本語とは別の言語です。

別の言語なのですから、表現方法が異なります。

日本語では、今回の日本語訳のように、モノが主語になり、それを人のように
扱うことはあまりしません。

しかし、英語ではそれを普通に行います。

ほかにも、

This industry has been seeing very intense competition.
「この業界は非常に激しい競争を見ている
 →この業界では非常に激しい競争が起こっている」

That book didn't interest me.
「あの本は私に興味を持たせなかった
 →私はあの本に興味を持てなかった」

のように、日本語では不自然でも、英語ではこういう言い方をするのです。


別の言語なのですから、こういう表現の違いがあるのです。
そのために、英文の構造をしっかりととらえて英文の意味を把握するために、
英文法を学んでいるわけです。


それなのに、こういった日本語訳にこだわってしまって、
英語そのままではなく、日本語として自然な形にして日本語訳の色眼鏡を通して
しか理解しようとしないのは本末転倒です。

英語では、そういう表現をするのですから、
それはそれで理解すべきなのです。


何も、日本語は一切排除して、日本語に訳すべきではないとは言いません。

それでも、

「そのニュースが私を幸せにした」

のレベルで留めておくべきです。

英語ではそういった表現をするのですから。
それはそのまま理解すべきです。

いちいち、それを、「自然な日本語」に直していたら、
時間がかかりますし、英語特有の表現になれることができません。


意味がわからないのならともかく、

「そのニュースが私を幸せにした」

でも、

「私が幸せになった。
 その要因は、そのニュースであった」

という意味はちゃんと取れているはずです。


通訳者や翻訳者であれば、

「英語の意味を理解できている」ことにプラスして、
「自然な日本語に訳せる」という能力が要求されます。

通訳者、翻訳者であれば、

「そのニュースが私を幸せにした」

では、英語の理解はクリアしていても、自然な日本語という2つめの能力が
クリアできていないので、ダメかもしれません。


でも、本メルマガをお読みの方のほとんどは、
プロの通訳者や翻訳者を目指しているわけじゃなく、
純粋に「英語の能力を高めること」を目的として英語学習しているはずです。


だったら、

「英語の意味を理解できる」

これだけで十分なのです。


自然な日本語かどうかは関係ありませんし、
そもそも、英語のままわかるのなら、日本語に訳す必要すらないわけです。


文法教材によっては、わざわざこういった事項を「無生物主語」という項目を
設けて、「自然な訳し方」を解説していますが、

通訳者、翻訳者を目指しているのでなければ、
こういった事項は不要です。


意味がわかればいいのであって、
英語でそういう表現方法をするのだから、日本語として不自然でも、
そのまま理解すべきなのです。



■英文法の構造を学びましょう


以上が今回のお話になります。

日本の学校教育では、「英語は日本語に訳して読むように」習います。

しかし、それは、あくまで、

「試験の問題や授業中に当てて、日本語に訳させることで、
 英語の意味を理解しているかをチェックするため」

でしかないのです。


つまり、誰かに日本語に訳して説明してあげる必要がないのなら、
わざわざ日本語に、特に綺麗な日本語にこだわる必要等ないのです。

それよりも、

・リーディングやリスニングで、英文の意味を理解できるようになるため
・スピーキングやライティングで、正しい英文を作れるようになるため

に、英文法を、論理的に理解することが大切になります。


英文法を学びたい方は、冒頭でお話させていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

がオススメになります。

締切が本日9日(水)と迫っておりますので、
ご検討中の方はお急ぎくださいませ。


最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習をがんばって行きましょう!



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

最近、「駄菓子屋」って見かけないですが、
つい最近、うちのオフィスの最寄り駅、「みなとみらい」の改札横に駄菓子屋が
できました。

臨時店舗的な出店なので、期間限定だとは思いますが、最先端のオフィスビルが
ぞろぞろと立っているみなとみらいの駅に、駄菓子屋というのが、何ともミス
マッチで、目立っていました。

思い出してみると、私は昔はいろいろ駄菓子食べてました。
「チョコバット」とか、「うまい棒」とか。

ただ、今思うと、そこまで美味しいわけじゃないんですよね。
でも、子どもの頃は美味しいと思ってましたし、今も、なーんとなく懐かしい気
分になって、ついつい買いそうになってしまいます。

意外と、みなとみらいの駄菓子屋さんも売れてるかもしれません。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典