fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英会話は総合スキル

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第354号 2011/05/11 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、745点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、510点アップです!」

「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破!
 文法問題は84%正解! さらに3カ月後730点にアップ」

「今までわからなかったところが、どんどん"あ、そういうことだったのか!"
 と、わかっていくのが快感です」

「TOEICの問題が、以前よりもかなりスイスイと解けるようになりました!」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるよう
 になりました!」

と、大好評いただいている人気講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

では、第39期生を募集しておりますが、
その募集締切が明日5月12日(木)と迫って来ました。


私は今までに、9年以上にわたり、12,900名以上の方に英語指導させていただいて
来ました。

実は私自身、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だった過去もあります


そんな私の経験からして、「英語が苦手」という多くの方は、

「英文法の基礎をおろそかにしていること」

が原因で、英語が苦手になってしまっています。


「参考書や教材の説明の意味がわからないことがある」
「他動詞とか言われても実は意味を知らない」
「英語を読むときは、ただ単語の意味をつなげて読んでいる」
「文法問題は感覚で解いていて、なぜそれが正解なのかよくわかっていない」

↑のいずれかに当てはまるという方は多いのではないでしょうか?


英語全般に言えることですが、
特に英文法というのは、基礎からの積み重ねが大切。

というのも、基礎ができていないと、それより上のレベルのことが理解できず、
結局、力にならないからです。


「英文法は必要ない」

なんて思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
英語が苦手で、いろいろな教材をやっても効果があがっていないとしたら、
それが原因の可能性が高いのです。


そんな英文法の基礎を、基礎中の基礎から学び直せるのが、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)のネイティヴ音声もついてますし、
わからないところは制作者の私にメールで直接ご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。

締切が明日5月12日(木)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英会話は総合スキル
------------------------------------------------------------------------

今回は英会話についてお話したいと思います。


■よくあるお悩み


私は今まで、9年以上にわたって、12,900名以上の方に英語指導させていただい
た経験があります。

よく承る相談として、代表的なのが、

「英語が話せない」

というお悩みです。


これは初心者の方に限らず、
英語がけっこうできる方からも承ります。

例えば、先日の方は、TOEICが700点代の後半をお持ちでした。

700点代の後半と言うと、上級者、あるいは「中級の中では最上級」と言えます


このように、「英語を話す」というのは、レベルを問わず、
多くの方が直面している課題と言えます。



■英会話はむずかしい


では、なぜ英会話はレベルが高い人でもむずかしいと感じるのか?

それはごくごく単純に、英会話というものはむずかしいからです。


「英会話スクールに行けばできるようになる」
「英会話表現集を覚えれば話せるようになる」

と簡単に考えている方が多いですが、
そんなことはありません。

英会話はむずかしいんです。


「海外旅行ができればいい」というレベルなら話は別です。

例えば、日本語で言えば、

「すみません。東京タワー行く。どっち?」

みたいなレベルでしたら、そうむずかしくはありません。


海外旅行の表現集を覚えればこのぐらいなら話せるようになりますし、
それはそうむずかしいことではありません。

確かに、ネイティヴレベルとはほど遠いレベルですが、
十分に海外旅行できると思います。


ただ、「英会話ができるようになりたい」と思っている方のほとんどは、この程
度のレベルを目指しているのではないと思います。

先ほどの例で言えば、

「すみません。東京タワーに行きたいのですが、どうやって行けばいいでしょう
 か?」

というように、ちゃんと言えるようになりたいはずです。


こういったレベルになるとむずかしいのです。

現に、皆さんの周りで英語がしゃべれる人って少ないはずです。
(帰国子女やネイティヴは除く)

私自身、英会話スクールに行った経験がありますが、
残念ながらしゃべれるようにならないままやめて行く人がほとんどでした。



■英会話は総合スキル


では、なぜ英会話はむずかしいのかというと、
それは要求されるスキルが非常に多い、総合スキルだからです。

英語にもいろいろなスキルがあります。

リスニング、リーディング、発音、イントネーション…


そして、それぞれのスキルには難易度があります。

例えば、リーディング。

リーディングは中ではどちらかというと簡単な方です。

まず、語彙と英文法の2つができれいれば、
基本的にある程度は読めます。

これでは完璧ではないのですが、
語彙と英文法ができるだけでも、けっこう読めます。

あとは、リーディング特有の訓練をすれば、
リーディングはできるようになります。

ネイティヴのレベルに達することも可能です。


現に、「英語をある程度話せる人」は周りにいなくても、
「英語をある程度読める人」は多いはずですし、
お読みいただいている方ご自身もそうかもしれません。


しかし、英会話はそうは行かないのです。

まず、リーディングと同様に、語彙と英文法は当然必要です。
(この2つはどのスキルでも必要ですが)

相手の言っている単語を知らなかったら理解できませんし、
単語は知っていても、複雑な文になると英文法の知識なしでは理解できません。


しかも、同じ「語彙と英文法」でも、リーディングで求められる語彙と英文法
と、英会話で求められる語彙と英文法では、レベルが違います。

リーディングでは、読めば意味がわかればそれでいいのですが、
英会話の場合、それを自分から使えなければなりません。

「知っていること」と「使えること」

では大きな差があります。


英会話を体験したことがある方ならご存知だと思いますが、

「自分はもっと単語を知っているはずなのにしゃべるとなると出てこない」

「自分はもっと複雑な文を読めるのに、しゃべるとなると単純な文ばかり」

というように、

「知っていること」のほんの一部。
例えば、10%ぐらいしか使えなかったりするのは珍しいことではありません。


しかも、英会話では、さらに、

・リスニング
・発音、イントネーション
・瞬発力
・自然な表現

が求められます。


リーディングでは英語の音を聞き取れる必要はありませんが、
英会話では、相手の話を理解できないといけませんから、
リスニング力が必要です。

そして、自分が言ったことを相手に理解してもらうためにも、
発音とイントネーションはある程度のレベルに持って行く必要があります。

発音は大人になってから身に付けるのはむずかしい部分もあり、
ネイティヴレベルにする必要はありませんが、

訓練すればある程度はよくなりますし、
ある程度のレベルにないと理解してもらえないので、鍛える必要があります。

イントネーションに関しては、発音と違い訓練すればネイティヴレベルに持って
いけます。


そして、英会話ではこれらを瞬時に行わないといけません。

リーディングでしたら自分のペースで読めます。
ライティングでしたら、自分のペースで書けます。

しかし、英会話では、相手がいるので、
瞬時に返さないと行けません。


そして、英会話特有の「自然な表現」というものがあります。

例えば、

My house is located in Negishi.
「家は根岸にあるんですよ」

というのは、意味はわかりますし、文法的にも正しいです。

ただ、ネイティヴはこうは言わず、

I live in Negishi.

というのが自然なのです。


これは、語彙や英文法のレベルを超えたもので、
英会話特有のスキルと言えます。


つまり、まとめると、英会話は、

・語彙
・英文法
・「自分から使える」語彙
・「自分から使える」英文法
・リスニング
・発音、イントネーション
・瞬発力
・自然な表現

これだけのスキルが要求されるというわけです。


語彙と英文法だけで何とかなるリーディングとは難易度がまったく違うわけです



■総合スキルの英会話も基礎から


このように、英会話はいろいろなスキルが要求されるむずかしい総合スキルです

なので、「英会話」を「語彙」と同じように、

「1つのスキルを身に付ける」

と考えるのは間違い。


まずは語彙と英文法の基礎をやり、
そして、リスニングをやり、
発音とイントネーションを鍛え、
語彙と英文法を「使える」レベルにして、
自然な表現と瞬発力を実戦で身に付ける。

というように順序をふんでやって行く必要があります。


ピザを作るとき、いきなり「ピザ」というものを作るというより、

まず生地を作って、
ソースを塗って、
具を載せて、
チーズを載せて、
焼く

というように、ちゃんと1つ1つ作って行くはずです。


そして、物には順番というものがあり、
生地がないのに、具を載せたりはしません。

生地を作ってから具を載せます。


それと同様に、英会話も、1つのスキルとうより、
「1つ1つ順番に作り上げて行く」というようにやっていく必要があります。

なのでまずは語彙と英文法から、特に初心者はまずはこの2つということになり
ます。


初心者の方で英文法を学びたい方は、冒頭でお話させていただいた

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

がお役に立てれば幸いです。


今回のお話は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習をがんばって行きましょう。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

私は日本人なので、日本語に関しては何も考えることなく感覚で使います。
その反面、文法などの知識はありませんし、日本語について考えることもありま
せん。

ただ、つい最近、ふと不思議に思たのが、「疲れた」って日本語。

ひと仕事終えた後、「あー、疲れた!」とか普通に使いますよね。

ただ、これってよく見ると「過去形」ですよね?
(日本語の文法はわからないので、間違ってるかもしれませんが)

しかし、「あー、疲れた!」は、
ひと仕事終えて、今疲れているのですから、意味は現在形です。

現在形で言えば、「疲れてる」なのでしょうが、
あんまりこれって使われない気がします。

確かに、頼まれごとを断ったりするときに、
「ごめん、今疲れてるんだ」とか使いますが、
状況が限られており、

「あー、疲れてる!」

とは言いません。

日本語の文法はまったくわからないのですが、
よく考えてみると、何とも不思議な現象です。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典