TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




suck ネイティヴがよく使う表現

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第786号 2011/06/20 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、745点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、510点アップです!」(受講生さんのご感想)

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

第41期生募集の締切が今週木曜23日と迫っております。


TOEIC対策でオススメなのが、パート5、6の文法問題対策をすること。

なぜなら、パート5、6の半分以上を占める英文法問題のうち、
実に約3/4が「簡単な分野」からの出題だからです。


英文法にはいろいろな分野がありますよね。

品詞や文型のように簡単な分野もあれば、関係詞や不定詞のようにむずかしい分
野もあります。

しかし、TOEICにおいては、簡単な分野からの出題が約3/4を占めており、
英語が苦手な方にはオススメな「狙い目」となっています。


英文法の問題は解ける人なら、素早く解くことが可能な問題。

なので、英文法の問題が解けるようになれば、語彙問題や、パート7に回せる時
間が増えるので、リーディングセクション全体でのスコアアップが期待できます

もちろん、英文法はリーディングに不可欠なものですので、
パート7で、英文を読む力を上げるのにも役立ちます。


つまり、

・パート5、6の英文法の問題で解ける問題が増える
・語彙問題、パート7に回せる時間が増える
・英文を読む力がつく(→パート7に役立つ)
・全体としてリーディングセクションスコアアップ

という効果が期待できるわけです。


そんな、英文法の簡単な分野を、初心者の方でも安心なように、基礎からわかり
やすく解説するのが、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

開講以来、

「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破!
 文法問題は84%正解! さらに3カ月後730点にアップ」

「今までわからなかったところが、どんどん"あ、そういうことだったのか!"
 と、わかっていくのが快感です」

「TOEICの問題が、以前よりもかなりスイスイと解けるようになりました!」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるよう
 になりました!」

とご好評いただいている講座なんです。


また、わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問いた
だけるサポート制度を備えております。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
締切が今週木曜23日と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード10)
------------------------------------------------------------------------

セントラルパーク(喫茶店)。チャンドラー、ジョーイがくつろいでいる。

一方、ここでウェイトレスとして働いているレイチェルは、店長のガンターから
再研修を受けている。レイチェルはこの仕事が嫌いで、あまりやる気がない。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2011/06/free_1.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ガンター: (as he is walking through the tables, training Rachel) And
     when you have a second later, I want to show you why we don't
     just trap spiders under coffee mugs and leave them there.

レイチェル: (crosses to join Chandler on the couch) I'm training to be
      better at a job that I hate! My life officially sucks.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



ガンター:(テーブルが並んでいる中を歩きながら、レイチェルを研修中)それ
     と、後で時間あるとき、なんでコーヒーマグでクモをつかまえて、そ
     のまま放置しないかを教えるね。

レイチェル:(チャンドラーが座っているソファーに行く)嫌いな仕事の向上の
      ためにトレーニング受けるなんて! 私の人生はほんと最悪だわ。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■have a second ガンター

secondは「2番目の」という意味の単語として有名ですが、
実は「秒」という意味もあるのです。

have a secondは直訳すると「1秒を持つ」という意味ですが、
これは、「(話をしたり、相手の話を聞く)時間がある」という意味の表現な
のです。

ガンターはレイチェルをトレーニングしながら、

「後で時間あるとき、なんでコーヒーマグでクモをつかまえて、
 そのまま放置しないかを教えるね」

when you have a second later, I want to show you why we don't
just trap spiders under coffee mugs and leave them there.


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

have a secondを厳密に考えると、「1秒しか話をしないのか」と思いそうで
すが、これは英語ではよくあること。

英語の数字は表現であり、あまり厳密ではないのです。

ほかにもa couple ofは、必ずしも「2」を意味せず、
「数~」ぐらいの意味だったりすることもあります。



■officially レイチェル

直訳すると、「公式に」という意味ですが、
これは英語でよく使われる表現で、日本語にはピッタリとする語がありません

「自分でもそう思うし、客観的に(公式に)見てもそうだなぁ」

というような感じで、「本当に」「実際に」というような日本語が一番合うか
もしれません。

レイチェルは仕事が嫌いなのに、再研修を受けて、

「私の人生はほんと最悪だわ」

My life officially sucks

と言っています。



■suck レイチェル

「吸う」という意味の表現で知られていますが、
実は、これはよくネイティヴが使う表現で、

「最悪だ」「ヘタクソだ」

という意味の動詞なのです。

レイチェルは仕事が嫌いなのに、再研修を受けて、

「私の人生はほんと最悪だわ」

My life officially sucks

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

「ヘタクソ」という意味で使うときは、
その後ろに、「at+名詞」をつけて、何が下手なのかを説明することができま
す。

I suck at singing.
「私は歌が下手です」


★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

うちの周りには小さい子が多く、息子と同じぐらいの子が一杯おり、
うちの子はよく一緒に遊びます。

ただ、子どもによって、全然成長の具合が違いますよね。

ハイハイ、立つ、歩くなど、運動能力の発達が早い子。
しゃべる(まだ言葉にはなってなくても)のが早い子。
「手を挙げる」などの動作の発達が早い子。
食の進みが早い子。
睡眠の安定が早い子。

どれも早い子というのは基本的におらず、
何かが早い子は、ほかのが遅かったりと、個性がありますね。

基本的に、食の進みの遅い子の方が細い分、運動能力の発達が早いですが、
それ以外の関連性はよくわかりませんね。
(うちの子は、けっこう平均、「しゃべる」と「食の進み」は早めで、
 「睡眠の安定」は遅めな気がします)

あと、ビックリするのが、性格が全然違うこと。

昔は運動能力とか音楽の才能とかは遺伝だと思っていたけど、
性格は育った環境とかで決まると思っていましたが、
まだゼロ歳のときから全然性格が違うとなると、これはほぼ完全に遺伝ですよね

うちの子が生まれるまでは、ゼロ歳っていうと性格とかは同じだと思ってました
が、それぞれ個性があって面白いですね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times