fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




初心者の方は欲張らずに基礎の徹底を

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第363号 2011/07/13 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、745点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、510点アップです!」

「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破!
 文法問題は84%正解! さらに3カ月後730点にアップ」

「今までわからなかったところが、どんどん"あ、そういうことだったのか!"
 と、わかっていくのが快感です」

「TOEICの問題が、以前よりもかなりスイスイと解けるようになりました!」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるよう
 になりました!」

と、大好評いただいている人気講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

では、第42期生を募集しておりますが、
その募集締切が明日7月14日(木)と迫って来ました。


私は今までに、10年以上にわたり、12,900名以上の方に英語指導させていただいて
来ました。

実は私自身、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だった過去もあります


そんな私の経験からして、「英語が苦手」という多くの方は、

「英文法の基礎をおろそかにしていること」

が原因で、英語が苦手になってしまっています。


「参考書や教材の説明の意味がわからないことがある」
「他動詞とか言われても実は意味を知らない」
「英語を読むときは、ただ単語の意味をつなげて読んでいる」
「文法問題は感覚で解いていて、なぜそれが正解なのかよくわかっていない」

↑のいずれかに当てはまるという方は多いのではないでしょうか?


英語全般に言えることですが、
特に英文法というのは、基礎からの積み重ねが大切。

というのも、基礎ができていないと、それより上のレベルのことが理解できず、
結局、力にならないからです。


「英文法は必要ない」

なんて思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
英語が苦手で、いろいろな教材をやっても効果があがっていないとしたら、
それが原因の可能性が高いのです。


そんな英文法の基礎を、基礎中の基礎から学び直せるのが、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)のネイティヴ音声もついてますし、
わからないところは制作者の私にメールで直接ご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。

締切が明日7月14日(木)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆初心者の方は欲張らずに基礎の徹底を
------------------------------------------------------------------------

今回は初心者向けのお話をいたします。


■基礎がわかっていないと応用はわからない


これは英語学習に限らず、何ごとにおいてもよく言われていることなので、
飽き飽きしている方もいらっしゃると思いますが、

「基礎がわかっていないと応用はわかりません」

これは、英語学習でも非常に大切なことです。


英語学習において、基礎ができていないのに応用をやってしまって失敗する方は
本当に多いんです。

私自身もその1人。

昔は、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だったのですが、
英語が苦手な時代も勉強していなかったわけではありませんでした。

「リーディングができるようになりたい」と思って、
ひたすら英語を読みまくりましたが、点数は上がるどころか下がりました。

逆に、語彙と英文法の基礎からやり直したところ、英語ができるようになり、
今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を取るまでに至りました。


私は今までに、10年間にわたって、13,500名以上の方に英語指導をさせていただ
いておりますが、残念ながらよく、

「あー、もっと基礎の部分がわかっていないのに、応用をやってしまっている。
 その基礎が理解できていないことで、応用が理解できていないなぁ」

という方をお見受けします。



■英語は基礎から順番に理解するもの


「基礎」「応用」というようにザックリを言いましたが、
英語は何も2段階の難易度しかないわけではありません。

すべてが階段のようになっていて、

Bという事項を理解するためにはAを理解していないとできない。

Cという事項を理解するためにはBを理解していないといけない。
つまり、Cの理解にはAとBが必要。

Dという事項を理解するためにはCを理解していないといけない。
つまり、Dの理解にはA、B、Cが必要。






A→B→C→D・・・・・・・・

というように、学ぶべき順番が決まっているのです。


学ぶべき事項は一杯あり、仮にAからMまでを基礎としましょう。
同じ「基礎」の中でも、Dを学ぶにはA、B、Cが必要です。

しかし、残念ながら、A、B、Cがちゃんとわかっていないのに、
Dを一生懸命学ぼうとしてしまっている方をよくお見受けします。



■例えば…


例えば、以下のような場合がその例です。

従属接続詞というのは、いわゆる「基礎分野」の1つです。
ただ、A~Cのような「超基礎」ではありません。


※:以下はザックリとした説明であり、以下の説明だけで理解できなければなら
  ないわけではありません。

  あくまで、順番通り学ばなければならないということを示す例に過ぎません

  「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
   →< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

  などでは順序を追ってわかりやすく解説しております。


従属接続詞は、必ず後ろに文を置いて、

「従属接続詞+文」

というセットで使われます。


そして、従属接続詞+文は名詞か副詞を作ります。
(文を原材料にしているので、名詞節、副詞節とも言う)

つまり、「従属接続詞+文=名詞or副詞」なわけです。


例えば、

Because he is a nice guy, everybody likes him.
「彼はいい人なので、みんなが彼を好きだ」

のbecause he is a nice guyは、

 because(従属接続詞)+he is a nice guy(文)
=because he is a nice guy(副詞)

という形で、副詞になっています。


名詞の例を挙げておくと、

I think that she is a nice lady.
「彼女はいい人だと思う」

のthat she is a nice ladyは、

 that(従属接続詞)+she is a nice lady(文)
=that she is a nice lady(名詞)

という形で、名詞になっています。


ほとんどの従属接続詞は、副詞を作るか名詞を作るか決まっています。

例えば、

従属接続詞thatは基本的に名詞しか作りませんので、
常に「that+文=名詞」です。

従属接続詞becauseは副詞しか作りませんので、
常に「because+文=副詞」です。


しかし、2つだけ、名詞も副詞も作れる従属接続詞があります。
それは、ifとwhetherです。

本メルマガは英文法を説明することが目的ではないので、
ifの部分だけ説明させていただきます。

ifは副詞としても、

If he comes here, we will have a meeting.
「彼がここに来たら、会議をしよう」

 if(従属接続詞)+he comes here(文)
=if he comes here(副詞)

のように使えますし、

名詞としても、

I don't know if he will come here.
「彼がここに来るかどうか知らない」

 if(従属接続詞)+he will come here(文)
=if he will come here(名詞)

というように使えます。


それぞれ意味が異なり、副詞として使うなら、「もし~なら」という意味。
名詞として使うなら、「~かどうか」という意味になります。



■名詞か副詞かわからない?


しかし、ここで、

「副詞と名詞じゃ意味が違うのはわかったけど、
 どうやって名詞か副詞かを見分けるの?」

という疑問が出てくる場合があります。


そして、多くの人は、意味に注目してしまいます。

つまり、

「"もし~なら"という意味なら副詞。
 "~かどうか"という意味なら名詞なんだろう」

と考えてしまうのです。


確かに、それで見抜けることも多いです。

しかし、それでは根本的な解決にはなりません。
なぜなら、

「副詞と名詞じゃ意味が違うのはわかったけど、
 どうやって名詞か副詞かを見分けるの?」

という疑問が出てくるということは、1つ根本的なポイントを理解していない証
拠だからです。


確かに、

「従属接続詞+文が名詞か副詞になる」
「ifは名詞と副詞の両方で使える」

というのは、「従属接続詞」という分野の知識です。

この2点がわからないのなら、従属接続詞の部分だけを復習すれば理解できるよ
うになるでしょう。


しかし、「名詞か副詞かを見抜けない」というのは、
従属接続詞ではなく、もっと基礎の部分、先ほどの話で言えば、A~Cの超基礎分
野である、「品詞」「文型」「副詞」がわかっていないことになります。


※:以下はザックリとした説明であり、以下の説明だけで理解できなければなら
  ないわけではありません。

  あくまで、超基礎がわかっていないと、従属接続詞が理解できない、という
  ことを示すものに過ぎません。

  「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
   →< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

  などでは順序を追ってわかりやすく解説しております。


名詞というのは、S(主語)、O(目的語)、C(補語)、前置詞とセットの名詞、
の4パターンでしか使えません。

逆に、副詞はいわゆる、S、V(動詞)、O、Cという文の構成要素のいずれにもな
れません

その代わり、好き勝手に文に入れられます。


名詞、例えば、the buildingを入れようと思ったら、
S、O、C、前置詞の後ろの名詞のどれかとしてしか入れられません。

そのため、

. S  V   O
│I │like│   │
└─┴─┬┴───┘
.    SP3

※:↑の記号については↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/kigou.html >

※:↑の図がずれて見える方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/110706.gif >

のような、S、O、C、前置詞の後ろのいずれかに穴がないとそこには入れられま
せん。

. S  V   O
│I │like│the building│
└─┴─┬┴──────┘
.    SP3


例えば、

. S  V   O
│I │saw │Jason │
└─┴─┬┴───┘
.    SP3
「私はジェイソンと会った」

のように、すべてが埋まっているのなら、名詞は入れられません。


逆に、副詞はS、V、O、Cのいずれにもなれません。

. S  V   O
│I │like│   │
└─┴─┬┴───┘
.    SP3

のOを埋めるために、副詞thereを入れようとしてもそれは無理です。
あくまでthe buildingなどの名詞が必要です。


しかし、逆に、S、V、O、Cなどがすべて埋まっていても、

. S  V   O
│I │saw │Jason │
└─┴─┬┴───┘
.    SP3



. S  V   O
│I │saw │Jason (there) │
└─┴─┬┴───────┘
.    SP3
「ジェイソンにそこで会った」

のように、文に入れることができます。
(thereはOに入っていますが、これは図の都合上の措置であり、
 Oの一部ではありません)


名詞と副詞にはこういった違いがあり、
こういったことがわかっていれば、

If he comes here, we will have a meeting.

は、

.           S   V      O
│(If he comes here), we│will have │a meeting │
└───────────┴──┬──┴─────┘
.               SP3

というように、S、O、C、前置詞の後ろの名詞のいずれとしても使われていない
ので、副詞である。
(仮にSと考えたら、weと並んで、2つもSがあることになってしまう)


I don't know if he will come here.

は、

. S   V     O
│I │don't know│[if he will come here]│
└─┴──┬──┴───────────┘
.     SP3

と、Oとして使われています。
なので、名詞だとわかります。
(仮に副詞として考えたら、Oが空っぽになってしまう)

※:↑の図がずれて見える方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/110706.gif >



■基礎の理解欠如は深刻な影響を及ぼす


超基礎の理解が影響を及ぼすのはこのようなケースだけではありません。

よく間違えられる、

This is the hospital ------ I visited yesterday.

(A) where
(B) which
(C) who
(D) why

のような、

「場所が先行詞だからwhereだ!」

と間違ってしまう問題もそれが原因です。
(答えはB)


確かにif+文が名詞か副詞かは「意味で見抜く」という方法で、
ごまかしが利く部分もあります。

しかし、名詞とか副詞がわからないのは、
それだけで済む問題ではなく、英語全部に影響を及ぼすものなのです。


こういった問題は早めに解決しておくことが必要です。

そうでないと、グラグラの土台の上に家を立てようとしているようなもので、
ちゃんとした理解はできませんし、非常にもろいものとなってしまいます。

初心者の方はとにかくまずは基礎に専念すること。

最低でも2、3カ月は基礎だけに専念してみるとよいと思います。
よっぽど時間がある方は別ですが、欲張って応用まで進めてしまっても、
あまりいい結果は出ないと思います。


基礎分野をじっくりと学びたい方は、冒頭でお話させていただいた

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

がお役に立てれば幸いです。


最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習をがんばって行きましょう。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今年は梅雨入りも早かったと思ったら、梅雨明けも早く、さーっと梅雨明けし
ちゃいましたね。

私は意外と梅雨は嫌いじゃなかったりするので、
「毎日雨の梅雨らしさをもっと味わいたかったな」
という気がしないでもなかったりもしますが、いざ夏になると、

「夏の日差しの強さ」「突き抜けるような空の青さ」

も大好きだったりします。


横浜は大都市なので、自然から季節を感じることはそこまでないのですが、
人の動きで季節を感じますね。

私のオフィスがある横浜の中心部はオフィス街であると同時に、
観光地でもあります。

そのため、夏休みになると、子連れの人が一杯来て賑わいます。

冬はクリスマスのキャンドルとかのイベントがいろいろあるので、
若いカップルが増えて、それで季節を感じます。

意外と、都会でも季節を感じれるものだな、と感じる今日この頃です。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典