TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




not nice enoughってどういう意味?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第822号 2011/11/14 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました!
 しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」
 (受講生様、H.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「TOEICのパート7の問題が一杯残ってしまう」
「読むのが遅くて…」

という方にオススメの、リーディング講座

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

では、現在第25期生を募集させていただいておりますが、
その締切が今週木曜17日と迫ってまいりました。


日本の英語教育では、英語は日本語に訳して読むように習います。
しかし、それでは、スピードが遅すぎるのです。

わざわざ日本語に訳すことで、ムダな時間と労力を使いますし、
ご存知の方も多いと思いますが、英語と日本語では語順が違うので、
何回も読み直すことになり、ムダな時間を使ってしまうのです。


かと言って、「先頭から意味をつなげて読めば良い」わけではありません。

短い文ならそれでもいいかもしれませんが、
長い文、複雑な文になると読めなくなって来ます。


「単語や熟語は知ってるのに、文全体の意味がわからない」

なんてことありませんか?


これは、「正しい読み方」がわかっていないから。
英語が読める人は、読むポイントというのを知っています。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。

そのときは、日本語に訳したり、先頭から意味をつなげて読んだりしてリーディ
ングをがんばりましたが、全然力がつかず。

ところが、正しい読み方を身につけてからは一気に英語が上達し、
今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


その正しい読み方を身につけていただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

になります。


ネイティヴの音声もついていますし、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
締切が今週木曜17日と迫っておりますので、お急ぎください。
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード10)
------------------------------------------------------------------------

クッキー売りの少女の集まり。

※:日本では聞きませんが、アメリカでは少女がクッキー売りをする組織があ
  り、一番多く売った少女には賞が与えられたりします。

ロスとクッキー売りの少女、クッキー売りの取りまとめをするリーダー(大人の
女性)がいる。

クッキーを売った数の集計をして、誰が1位かを決めようとしているようだ。
ちなみに、ロスはサラという少女の代役で来ている。

ロスはたまたまアパートの階段でサラとぶつかってしまい、サラを骨折させて
しまった。サラはロスのことは恨んでいないし、サラの親も同様。

サラに1位を取らせようと、ロスはサラの代わりにクッキーを売っていたの
だった。

とは言え、この場は普通は少女だけがいる場。
大の大人のロスがいるのは浮きまくっている。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2011/11/mind.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ロス: Hi there! How many, uh, how many did you sell?

カーラ: I'm not gonna tell you. You're the bad man who broke Sarah's
    leg.

ロス: Hey now, that was an accident, okay?

カーラ: You're a big scrud.

ロス: What's a scrud?

カーラ: Why don't you look in the mirror, scrud.

ロス: I don't have to, I could just look at you. (he sits back,
   satisfied with himself)

リーダー: Alright girls ... and man. Let's see your final tallies. Ohhh,
     Debbie. 321 boxes of cookies - very nice.

ロス: Not nice enough.

リーダー: Charla - 278 - sorry dear, but still good!

ロス: Good for a scrud.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



ロス:やぁ、どうも。何箱売ったのかな?

カーラ:あんたには言わないわよ。サラの足を折った悪い男ね。

ロス:あのねぇ。あれは事故だったんだよ。

カーラ:大のスクラッドね。

ロス:スクラッドって何だよ?

※:ロスが理解していないように、scrudというのは一般的な表現ではありませ
  ん。どうやら「アホ」「バカ」のような意味でカーラは使っているようです

カーラ:鏡を見てみなよ、スクラッド。

ロス:見る必要はないな。君を見ればわかるもん。(後ろに座り、満足した表情
   を見せる)

リーダー:さーてと、少女たち…、と男性の方。最後の集計を見てみましょう。
     えーーーと、デビー。321箱ね。とても良いわね。

ロス:十分じゃないけどね。

リーダー:カーラ、278箱。残念! でもよくやったわよ!

ロス:スクラッドにしてはね。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■break カーラ

カーラは

You're the bad man who broke Sarah's leg.

と言っています。

breakは「壊す」という意味でよく知られています。
これを直訳すると

「あなたはサラの足を壊した悪い男」

という意味です。


「壊す」というと、ケガだったり、お腹を壊したりもしますが、
英語でbreakと言うと、骨を壊す。

要するに骨折を指します。

よく日本語では「お腹を壊した」と言いますが、
英語ではbroke my stomachとは言いません。

ただ単に「腹痛がする」

I have a stomachache.

と言います。



■not nice enough ロス

日本語にはない表現なので、むずかしいですが、
直訳すると、

「十分には良くない」

という意味です。

デビーという女の子は321箱を売り上げます。
それをリーダーが「とても良いわね」と褒めます。

しかし、ロスは自分自身がもっと売り上げているのを知っています。

なので、

「普通に見たら良い数字だけど、自分はもっと売っているからそれを超えるに
 は十分な良さではない」

という意味で、

not nice enough

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

この「not 形容詞 enough」というのは英語ではよく使われますが、
なかなか理解しづらい表現です。

しかし、字面ではなく、論理的に考えるとわかりやすいです。

not nice enoughを例にすれば、

「niceである」ということは認めています。
しかし、今求められている基準から照らし合わせると

「もっとniceである必要がある」

と言っているのです。


なので、

「niceだが、今回の話で言えば、もっとniceでなければならない」

ということになります。



■good for a scrud ロス

scrud(スクラッド)というのは、日本語訳の部分でもお話したように、
カーラが使っている独特の表現、「バカ」とかそういう意味のようです。

ここで注目してほしいのはforです。

forは「~のために」という意味で知られていますが、

「~にしては」
「~という基準から見れば」

という意味でよく使われるのです。

ロスはカーラの278箱という数字を聞き、

「スクラッドという基準から見れば、良い数字だね」

Good for a scrud.

と言っています。


このforは本当によく使われるので、いくつか例文を挙げておきます。

Tim is short for a pitcher.
「ティムはピッチャーとしては背が低い」

Emma is smart for a two-year-old.
「エマは2歳児にしては頭がいい」


★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

最近は日が短くなって来ましたね。

暑さのピークは大体7月後半から8月の前半。
寒さのピークは大体1月後半から2月の前半。

でも、日のピークは違うんですよね。

一番長いのが6月の下旬。
一番短いのが12月の下旬。

ちょっとずれているんですよね。

11月って言うとまだ冬ではなくそこまで寒くないのですが、
日はかなり短い方なんですよね。

日の長さと暑さ寒さが違うので、実感しませんが、
5時になるともう真っ暗。

夕日が綺麗な季節になりました。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times