TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




肯定文で使われるany、does、do

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第830号 2011/12/12 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、745点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、510点アップです!」(受講生さんのご感想)

じっくり型、英会話で役立つ応用力も養える、大人気の新講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

では現在第49期生を募集させていただいておりますが、
その締切が、今週木曜12月15日と迫ってまいりました。


「英語がとにかくしゃべれない」
「適当に知っている単語を並べてるだけ」
「知っている単語、知っている構文なのに、いざ英会話になるとしゃべれない」
「TOEIC対策がんばったのに、英会話はあまり進歩してない」

なんて経験ありませんか?


「英語を読んだり、聞いたりしてわかること」
「TOEICの問題が解けること」



「英語が話せること」

はまったく別の話なのです。


「読み聞き」と「TOEIC」は知識を身に付ければ上達します。

しかし、「英会話」は知識を身につけただけでは不十分で、
その知識を使って、自分で英文を作る練習をしないといけないのです。


現に、私はTOEIC 660と、なかなか良いスコアを持っていた時代でさえも、
(今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています)

簡単な英語すらしゃべることができず。

「え!? 自分ってこんなにしゃべれないのか!」
「読んでわかることと、しゃべれることってここまで違うのか!」

とショックを受けたことがあります。


・英文のツールの基礎知識を身に付ける
・身につけた知識を使って、英文を作れるようになり、英会話でも応用できる力
 を身に付ける

こちらをやっていただけるのが、本講座。

基礎からじっくりと説明させていただきますので、初心者の方も安心ですし、

知識を身に付けるだけでなく、その知識を使って、英文を作っていただきますの
で、英会話を上達させたい方にはピッタリの講座となります。

アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)のネイティヴ音声付きで、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。(無料サンプルも公開しております)
締切が今週木曜12月15日と、迫っておりますのでお急ぎください。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >



※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード10)
------------------------------------------------------------------------

モニカとレイチェルのアパート。レイチェル、モニカ、フィービー、ロス、
ジョーイがいる。

ジョーイがトランプで何か手品を見せようとしているようだ。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ジョーイ: (to Monica) Okay, pick a card, any card. (Monica picks a card)
     Alright, now memorize it. Show it to everybody. (shows it to
     Phoebe, then Ross and Rachel) Got it? Alright, give it back to
     me. (Joey blatantly looks at it as he returns it to the top of
     the deck, then he puts the deck to his forehead) Five of
     hearts.

ロス: Real magic does exist.

レイチェル: Wow! Amazing!

モニカ: Wow, Joey how do you do it?

ジョーイ: I can't tell you that, no.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



ジョーイ:(モニカに)よーし、じゃあ1枚選んで。どのカードでもいいよ。
     (モニカはカードを選ぶ)よーし、それを覚えて。みんなに見せて。
     (モニカはフィービーに見せ、その後、ロスとレイチェルに見せる)
     覚えた? いいね。俺に返して。(ジョーイは露骨にカードを見て、
     カードの束の上に乗せる。そして、束をおでこに乗せて)ハートの5

ロス:本物のマジックって実際に存在するんだな。

レイチェル:うわぁ! すごいわ!

モニカ:うわぁ、ジョーイ、どうやってやるの?

ジョーイ:そんなの言えないよ。ダメ。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■any card ジョーイ

anyというと、「someを否定文で使う場合に使う単語」として覚えている方が多
い単語。

例えば、

I have some books.
「私はいくらか本を持っています」

を否定文にする場合、そのまま

I don't have some books.

とするのではなく、someをanyにして、

I don't have any books.

とします。


なので、「anyは肯定文では使えない」と思っている方が多いのですが、
実はanyは肯定文でも使え、その場合、「どの~でも」という意味になります。

ジョーイはモニカにカードを選ばせる際、

「よーし、じゃあ1枚選んで。どのカードでもいいよ」

Okay, pick a card, any card.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

ジョーイは文ではなく、単語で言っていますが、

I accept any offer.
「どんな提案でも受け入れます」

Any restaurant you like is okay with me.
「私はあなたが行きたいレストランどこでもいいよ」

のように、当然、文でも使えます。



■got it? ジョーイ

相手に自分の意図が伝わったかどうかを確認するための表現で、

「わかった?」「覚えた?」「いいかい?」

という意味になります。


ジョーイはモニカ、フィービー、ロス、レイチェルに、見たカードが何だったか
覚えるように指示します。

そこで、みんなにそれが伝わったかどうか確認し、

「覚えた? いいね」

Got it? Alright

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

こちらの表現、本来は、

Did you get it?

が正しく、こう言うネイティヴもいますが、

You got it.という肯定文から、youを取ってしまい、
それで語尾を疑問文のように読むことで、

Got it?

と、ジョーイのように代用してしまう人もいます。



■does exist ロス

does、doというと、疑問文で、

Do you like it?
「それは好きですか?」

という形だったり、否定文で、

I do not like it.

というように使う単語として知っている方が多い単語。

なので、肯定文では使われないように思われ勝ちですが、
実は肯定文でも使われるのです。

その場合、動詞の前に置いて使います。

主語が三人称単数なら、「does+動詞の原形」

He likes apples.

He does like apple.

主語が三人称単数以外なら、「do+動詞の原形」です。

I like apples.

I do like apples.


意味は、その動詞を強調する意味で、「本当に~する」「実際に~する」という
意味になります。

ジョーイは"マジック"を披露しました。
しかし、それは、ただ単に、「カードを見る」というマジックとはとても言えな
いもの。

そりゃカードを見れば、そのカードが何かはあてられます。
(ジョーイは「素早く見てるからみんなは気づいていない」と思い込んでる)

あまりにお粗末なマジックなので、ロスは気づかないふりをしてあげて、

「本物のマジックって実際に存在するんだな」

Real magic does exist.

と言っています。


★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今回のエピソードではトランプが出て来ましたね。

トランプっていうと、カタカナなので、英語のように見えますが、
実は英語では、「trump」とはあまり言いません。

言わなくもないのですが、普通は、ただ単に「card」と言います。
「トランプをする」というのは、play cardsと言います。


あと、もう1つ、「英語っぽいけど、実は英語じゃない」という例で有名なの
が、「アルバイト」。

英語ではアルバイトという単語がなく、そう言っても通じません。
part-time jobが正解です。

当然、アルバイトの略である「バイト」も通じません。
biteという単語はありますが「噛む」という意味になってしまいます。


カタカナだと英語と思い込み勝ちですが、
たまーに、英語では通じないものがあるので、厄介ですよね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times