fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




to the naked eye 肉眼では

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第833号 2011/12/26 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までアップ。
 その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」
 (受講生様、R.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「長い文、複雑な文を読むのが苦手」という方にオススメの新講座、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

では、現在第27期生を募集しておりますが、
その締切が、来週1月5日(木)と迫ってまいりました。


英語リーディングには、「着目ポイント」というものがあります。

例えば、以前お話しした文ですが、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time,
which led to the public sentiment that the accusers should have
apologized.

ちゃんとリーディングができている人は

「accusedの後ろに名詞が来るかどうか」

に着目していて、

「後ろに名詞が来たら、"男は非難した"という意味」
「来なかったら、"男は非難された"という意味」

というのがちゃんとわかっています。

「感覚で適当に読む」
「ただ単に意味をつなげる」
「全部日本語に訳す」

なんてことは、リーディング力が高い人はやらないんです。


「着目ポイント」がわかっているからこそ、
しっかりと、左から右に真っすぐ、返り読みをせずに理解できるんです。

しかし、いきなり「accusedの後ろに名詞が来るかどうかに着目せよ」と言わ
れても、なんでそうなのかわかりませんよね。

そうなんです。
着目ポイントを理解するためには、
英文の構造の知識、つまり英文法も必要なのです。
(リーディングのためであれば、すべてを細かく学ぶ必要はありませんが)


そのために、

・着目ポイントを学び、それを使ってリーディングの練習をする
・着目ポイントを理解するための英文法の知識を学ぶ

これをやっていただけるのが、リリースさせていただきました、新講座

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

になります。


わからないところがあったら制作者の私に直接メールでご質問いただけますし、
ネイティヴの音声もついております。

「リーディング力をつけたい方」
「英語を左から右に真っすぐに理解できる力をつけたい方」
 (これはリスニングでも重要です)

は、ぜひご検討いただければ幸いです。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
締切が、来週1月5日(木)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード11)
------------------------------------------------------------------------

モニカとレイチェルのアパート。レイチェル、モニカ、フィービー、ロス、
ジョーイがいる。

ジョーイが「トランプを見ないで何かを当てる」という「マジック」を披露す
る。

しかし、それはただ単に「こっそりとトランプを見る」というマジックとは呼べ
ないもの。ジョーイ本人は「バレてない」と思っているようだが、みんなからは
ジョーイがトランプを見ているのがバレバレである。

しかし、みんなは気づかないふりをして、ジョーイをほめる。

すると、上の階から「コンコン」と音がする。
上の階の人がカーペットをはがしたので、音が聞こえるようになってきたとの
こと。

モニカは苦情を言うために、上に何回か行ったのだが、「その住民(男)がかっ
こよくて文句を言えない」と言う。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2011/12/at_the_door.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

フィービー: Ewww, that is ...(angrily) silly. I'll go up there, I'll
      tell him to keep it down.

モニカ: Alright. Be my guest.

レイチェル: Good luck.

ジョーイ: Alright, alright, alright, alright, alright! If you really
     want to know how I did it, I'll show you. When you handed me
     back the card, what you didn't see was, I looked at it so fast
     it was invisible to the naked eye! (looks at the top card) I
     just did it. (looks again) I just did it again. Here, I'll
     slow it down so you guys can see it. Ready? (does a slo-mo
     sequence of taking the card, looking at it, and making a face
     of recognition, places it back on the deck)

みんな: Ohhh! Yeah! Okay.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



フィービー:えー、そんなの…(怒って)あほらしいわ。私が行くわよ。静かに
      するように言うわ。

モニカ:うん。どうぞ。

レイチェル:がんばってねぇ。

ジョーイ:はいはいはいはい。どうしても知りたいんなら、見せてあげるよ。
     モニカが俺にカードを返したときに、見えなかったと思うけど、俺
     は超高速でカードを見たから、肉眼では見えなかったんだよ! 
     (束の一番上のカードを見る)今見たぞ。(また見る)また見たぞ。
     はいはい、じゃあ、見てわかるようにゆっくり見るからな。いい?
     (スローモーションで、カードを手に取り、見て、"あ、これか"と
     言う顔をして、束の上に戻す)

みんな:ああー! なるほどねぇ。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■keep it down フィービー

「静かにする」という意味の表現で、
特に、今回のように「近所迷惑にならないように」という意味で使うときによく
使われます。

フィービーは文句を言えないモニカが情けないと思ったようで、
自分が代わりに苦情を言いに行くとして、

「静かにするように言うわ」

I'll tell him to keep it down.

と言っています。



■be my guest モニカ

直訳すると、「私のお客さんになってください」ですが、
これは、相手に許可を出したり、何かをすすめたりするさいに、

「どうぞ」「ご自由に」

という意味で使う表現なのです。

フィービーは文句を言えないモニカに変わって文句を言いに行くと言います。
それに対して、モニカは、

「どうぞ」

Be my guest.

と言っています。



■to the naked eye ジョーイ

直訳すると、「裸の目に対して」ですが、これは、
「肉眼では」という意味になります。

例えば、野球のアウトセーフのきわどい判定なんかは肉眼ではわからず、
ビデオでスローモーションにして初めてわかることがあります。

そんなときによく「肉眼ではわかりませんね」と言いますが、
その意味です。

ジョーイは「ものすごいスピードでカードを見ているから気づかれていない」と
勘違いしているようで、

「俺は超高速でカードを見たから、肉眼では見えなかったんだよ!」

I looked at it so fast it was invisible to the naked eye!

と言っています。


★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

19日(月)の号でお話させていただきましたが、23日(金)の号はお休みとさせ
ていただきました。

また、今年発行のメルマガは今号で最後とさせていただき、
来年は1月6日(金)より発行となります。

(ほかのメルマガではもう少し前の発行もありますが、
 本メルマガ「The English Times」は6日からになります)


12月の中旬ぐらいから「もう今年も終わりだな」と感じますが、
クリスマスも終わると、「もう本当の本当に終わりだな」という感じですよね。

実際に、もうすでに冬休みに入っている方もいらっしゃると思います。


今年は(も)メルマガをお読みいただきありがとうございました。
来年も英語学習のお役に立つ情報をお届けして行ければと思っておりますので、
何卒よろしくお願いいたします。

それでは、皆様、良いお年を。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times