TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




I'm just sayingってどういう意味?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第857号 2012/03/26 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました!
 しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」
 (受講生様、H.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「TOEICのパート7の問題が一杯残ってしまう」
「読むのが遅くて…」

という方にオススメの、リーディング講座

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

では、現在第31期生を募集させていただいておりますが、
その締切が今週木曜、29日と迫ってまいりました。


日本の英語教育では、英語は日本語に訳して読むように習います。
しかし、それでは、スピードが遅すぎるのです。

わざわざ日本語に訳すことで、ムダな時間と労力を使いますし、
ご存知の方も多いと思いますが、英語と日本語では語順が違うので、
何回も読み直すことになり、ムダな時間を使ってしまうのです。


かと言って、「先頭から意味をつなげて読めば良い」わけではありません。

短い文ならそれでもいいかもしれませんが、
長い文、複雑な文になると読めなくなって来ます。


「単語や熟語は知ってるのに、文全体の意味がわからない」

なんてことありませんか?


これは、「正しい読み方」がわかっていないから。
英語が読める人は、読むポイントというのを知っています。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。

そのときは、日本語に訳したり、先頭から意味をつなげて読んだりしてリーディ
ングをがんばりましたが、全然力がつかず。

ところが、正しい読み方を身につけてからは一気に英語が上達し、
今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


その正しい読み方を身につけていただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

になります。


ネイティヴの音声もついていますし、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が今週木曜29日と迫っておりますので、お急ぎください。
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード11)
------------------------------------------------------------------------

ジョーイとチャンドラーのアパート。
ジョーイの誕生日パーティーの真っ最中。

ロスがパーティーを楽しんでいると、レイチェルが帰宅。
(レイチェルはジョーイ、チャンドラーとお向かいで、みんな仲がいいので、
 普通に入ってくる)

レイチェルはファッション関係の仕事で良い仕事はないかと探していたのだが、
たまたまモニカが働いているレストランで食事をしていると、となりの客、マー
ク(まったくの初対面で見知らぬ男)から、仕事のオファーを受けていた。

レイチェルはそれが嬉しくて、そのことを興奮気味にロスに話す。

レイチェルはマークがいい人だと信じ込んでいて、何の疑問も抱いていないが、
客観的に見ると、「見知らぬ男が突然仕事をくれる」なんていうのは怪しい。

ロスはマークには裏心があると指摘するが、レイチェルにはそれが信じられない
模様。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2012/03/post_1527.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

レイチェル: (shocked) What?

ロス: Oh, I'm, I'm just saying, I mean, why else would he, just, you
   know, swoop in out of nowhere for no reason?

レイチェル: (as if it's obvious) To be nice?

ロス: (to Joey) Hey, Joey, uh, are men ever nice to strange women for
   no reason?

ジョーイ: No, only for sex.

ロス: Thank you.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



レイチェル:(ショック)え?

ロス:いや、ただ僕はそう思うって言ってるだけだよ。その、そうじゃなきゃ、
   なんでそいつは突然どこからともなく入ってくるわけ?

レイチェル:(当然だと言わんばかりに)親切だからでしょ?

ロス:(ジョーイに)ねぇ、ジョーイ。男が見知らぬ女性に何の理由もなく親切
   するなんてことある?

ジョーイ:いや、セックス目的のみ。

ロス:どうも。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■I'm just saying ロス

日本語にはない表現ですが、英語ではよく使われます。

「それが必ずしも事実だと言っているわけではない、
 あくまで自分の意見として言っているだけだよ」

という意味の表現です。

レイチェルからすると、マークは親切な人ということで何の疑問もないのです
が、ロスからすると裏心があるように思えてなりません。

その点を指摘するとレイチェルはショックを受けてしまったので、
ロスは冷静に、あくまで意見として言っているだけだとして、

「ただ僕はそう思うって言ってるだけだよ」

Oh, I'm, I'm just saying

と言っています。



■swoop in ロス

これもまた日本語にはない表現ですが、

「会話に突然入ってくる」
「生活の中に突然入ってくる」
「人生に突然入り込んでくる」

という意味です。

レイチェルからすると、マークは親切な人ということで何の疑問もないのです
が、ロスからすると裏心があるように思えてなりません。

その理由として、

「そうじゃなきゃ(裏心がないのなら)、
 なんでそいつは突然どこからともなく入ってくるわけ?」

why else would he, just, you know, swoop in out of nowhere for no
reason?

と言っています。



■out of nowhere ロス

「どこからともなく」「まったくの不意打ちの形で」

という意味になります。

レイチェルからすると、マークは親切な人ということで何の疑問もないのです
が、ロスからすると裏心があるように思えてなりません。

その理由として、

「そうじゃなきゃ(裏心がないのなら)、
 なんでそいつは突然どこからともなく入ってくるわけ?」

why else would he, just, you know, swoop in out of nowhere for no
reason?

と言っています。


swoop inだけでも十分「突然」という感覚になりますが、
out of nowhereをつけることで、本当に突然であることを強調しています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

out of nowhereはスポーツ選手や政治家などが、

「まったく注目されていなかったのに突然活躍、脚光を浴び始めた」

という意味でもよく使われます。

ちょうど今、アメリカでは大統領選のための、共和党の候補者選びが行われて
いますが、

「自分は金持ちの家庭で育ったわけでも、政治家の家庭で育ったわけでもなく、
 一般の家庭(むしろ貧乏な家庭)で育った」

という場合、候補者は

I came out of nowhere.

とアピールしたりします。


★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

私のオフィスの近くに公園と言いますか、「歩行者専用の道路」みたいなところ
があるのですが、そこで最近、なんともビックリすることが起きました。

なんと、公園の半分ぐらいがぐるっとバリケードで囲まれて
入れなくなってしまったのです。

ベンチが一杯あって、そこでお昼を食べてたり、友達と会話をしている人たちも
以前はいたのですが、それもできなくなってしまいました。

「工事中なのかな?」と思えば、よくある普通の出来事なのですが、
理由がビックリ。

「駐輪を閉め出すため」だそうです。

しかし、確かに、公園内に自転車は置かれてましたが、
まったくもって「邪魔になる」というレベルではなく、
「ポツポツ置いてあるな」という程度で、せいぜい10台ぐらい。

そのために、公園の半分を閉鎖してしまうのはあまりに頭が悪すぎます…。

これなら公園が自転車で埋め尽くされているのとまったく変わりません。

むしろ自転車で埋め尽くされていた方が、土地が有効活用されている気がします
(先ほど言ったように、せいぜい10台ぐらいしかありませんでしたが)

それに、結局、自転車は10メートルほど離れた別の場所に停められるようになっ
ただけ。

管理しているのが横浜市なのか、区なのか知りませんが、
あまりに頭が悪すぎます。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times