TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英語初心者が絶対に取り組むべきもの

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第394号 2012/03/14 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、745点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、510点アップです!」(受講生さんのご感想)

初心者の英語学び直し、初心者のTOEIC対策にご好評いただいている

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

では、現在第53期生を募集しておりますが、
その募集締切が、明日3月15日(木)と迫ってまいりました。


私自身、昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたし、
(今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています)

10年以上にわたって、15,400名以上の方を指導させていただいた経験があるので
わかりますが、

TOEIC 500を切っているような英語初心者の方の場合、
基礎があまりにもできていないことが多く、
それが原因で英語が苦手になっています。

品詞、文型と言った基礎を理解して、
英語の構造を理解し、英語をブロックの構造で見れるようになる。

これが初心者脱出のカギです。


そして、基礎をやることはTOEIC対策にもなります。

なぜなら、TOEICの英文法問題のうち、75%が簡単な分野からの出題だからです


ただ、残念ながら、こういった基礎は、ほとんどの教材では、

「このぐらいわかっているでしょ」

と吹っ飛ばされてしまうのです。


学生時代から英語が得意な方が作った教材だと、
なかなか、「超基礎がわかっていないことが原因」というのがわからないのです


そんな、英語初心者の方に自信を持ってオススメできるのが、
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」

開講以来、

「今までわからなかったところが、どんどん"あ、そういうことだったのか!"
 と、わかっていくのが快感です」

「TOEICの問題が、以前よりもかなりスイスイと解けるようになりました!」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるよう
 になりました!」

とご好評いただいている講座なんです。


英語の基礎知識を丁寧に解説させていただくだけでなく、
その知識を使って、英文を作る練習までしていただくので、

英会話でも応用が利くようになります。


また、わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問いた
だけるサポート制度を備えております。

さらに、アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)の音声付き!

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
締切が、明日3月15日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英語初心者が絶対に取り組むべきもの
------------------------------------------------------------------------

今回は主に初心者向けの話ですが、
TOEICでリーディングセクションが苦手な中級者の方、
英文法が苦手な中級者の方にもぜひお読みいただきたいお話になります。


■1番必要な知識


いきなりですが、3つ問題です。

1. This is a ------ problem.

(A) critical
(B) critically
(C) criticize
(D) criticism


2. ------ he was angry.

(A) Understand
(B) Understandable
(C) Understandably
(D) Understandability


3. She talked about ------.

(A) passion
(B) passionate
(C) passionately
(D) passionless


正解は、

1. A
2. C
3. A

ですが、解けたでしょうか?

※:解けたか解けないかは問題ではなく、
  あくまで、説明のための問題ですので、
  解けなかったとしても、解けなかったこと自体にはあまり気にしないでくだ
  さい。

  逆に言うと、解けた方でも解き方が間違っている場合は、問題アリと言えま
  す。


これらの問題は非常に簡単な英文法の問題です。

レベルが1~100まで100段階であるとしたら、
レベル1とまでは言わないまでも、せいぜい、
レベル2~5ぐらいのレベルです。


しかし、中には、

「問題文の単語、this、is、a、problem、he、was、angry、she、talked、about
 は確かに簡単だけど、選択肢の単語が簡単とは思えないんだけど…。

 知らない単語があるから解けないよ」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。


しかし、これらの問題は、やはり英文法の中では非常に簡単な問題で、
TOEIC 200点台の初心者の方でも、英文法の最初の基礎をわかっている人なら、
全問正解できる問題です。

そして、これは、

「選択肢の単語を知っているから解けた」

のではありません。


「これらの問題が英文法の最初の基礎をわかっているのなら、選択肢の単語を
 1語も知らなくても解ける問題だから」

です。


(A) critical
(B) critically
(C) criticize
(D) criticism

(A) Understand
(B) Understandable
(C) Understandably
(D) Understandability

(A) passion
(B) passionate
(C) passionately
(D) passionless

これらの単語を1つも知らなかったとしても、英文法の最初の基礎がわかってい
る人は、

「意味はわからないけど、単語の形から判断できるよ。
 1はalで終わるからAでしょ、2はlyで終わるからCでしょ。
 3は、sionで終わるからAだよね」

と単語の形から判断できるのです。


逆に、これらの単語の意味を知っていたとしても、
この「英文法の最初の基礎」がわかっていなければ解けません。

意味で考えてみると、

問題1

(A) critical  これは危機的な問題だ。
(B) critically これは危機的に問題だ。
(C) criticize  これは批判する問題だ。
(D) criticism  これは批判問題だ。

問題2

(A) Understand    わかる。彼は怒っていた。
(B) Understandable  理解可能。彼は怒っていた。
(C) Understandably  当然、彼は怒っていた。
(D) Understandability 理解可能であること。彼は怒っていた。

問題3

(A) passion    彼女は情熱について話した。
(B) passionate   彼女は情熱的について話した。
(C) passionately  彼女は情熱的について話した。
(D) passionless  彼女は情熱がないについて話した。

と、けっこうどれでも良さそうに見えてしまうのです。

一部、「それは変じゃない?」というものもありますが、
どれでも良さそうに見えてしまうものが多いですよね。

特に、問題1なんかすべて良さそうに見えます。


先ほどの問題を意味で考えて、なーんとなく解いて正解できた人もいるかもしれ
ません。

しかし、こういった「意味でなんとなく」考えるのは間違い。

今回の問題は簡単なので解けたかもしれませんが、
このレベルの問題なら、

「○○だからこれが答え」

としっかりと理由も言えて正解できないと将来の英語学習で壁にぶつかる可能性
が高いです。


例えば、

What he thought was a computer was a phone.

みたいな、「短いけど、複雑な構造の文」を読めない。

Andrew Jones, the president of the company considered as one of the best
companies manufacturing televisions in this country, appeared on the news
program, saying that this year would be the most important year for his
company.

みたいに、「主語(S)が長い文」を読めない。


Where are you going to?
Where do you think the president is going to?

みたいな間違いを英会話でやってしまうし、
間違っている原因がわからない。


こういった問題に直面している方のお話を聞くと、
かなり、

「実は、この英文法の最初の基礎がわかっていないことが原因」

という方が多いのです。



■一番最初に学ぶべきは「品詞」


では、先ほどから繰り返しお話している、

「英文法の最初の基礎」とは何なのでしょうか?


それは「品詞」です。

英語にはいろいろな「○○詞」があります。

名詞、形容詞、副詞、動詞、前置詞、従属接続詞、等位接続詞、不定詞、現在分
詞、過去分詞、動名詞、疑問詞、関係代名詞、関係副詞…

私が言っている「品詞」というのはこれらのことではありません。


最初に学ぶべき、英文法の「品詞」というのは、

名詞、形容詞、副詞、動詞

この4つだけです。


突き詰めて行くと、英語と言うのは、この4つに「文」を加えた、

名詞、形容詞、副詞、動詞、文

の5つの要素しかありません。


つまり、英語を理解するには、

名詞、形容詞、副詞、動詞、文

これらを学ぶことが一番大切なのです。


でも、なぜか、これは本当に不思議なのですが、
ほとんどの教材で、「名詞、形容詞、副詞、動詞、文」は説明されないのです。

例えば、関係代名詞については学習したことがある人は多いと思います。

「あー、なんか学校の頃やったな」

ぐらいには覚えていると思います。

不定詞だって、
形だけなら「to+動詞の原形」と知っている方は多いと思います。


しかし、例えば、「名詞」について学習したことがある人がどれだけいるでしょ
うか?

He is a good student.

みたいな簡単な英文でも、

「英語ではa good studentは3語だが、1つの名詞として見る」

という基本事項を理解している人は意外と少ないのではないでしょうか?

形容詞、副詞、動詞についても同様です。


なぜか、学校でも、多くの教材でも、「品詞」は説明されません。

でも、品詞は英語で非常に重要なんです。
先ほどの問題だって、

1. This is a ------ problem.

(A) critical
(B) critically
(C) criticize
(D) criticism

「a ------ problemが1つの名詞になる。
 冠詞と名詞の間に挟まれているから、形容詞が入る。
 意味はわからないが、Aのcriticalはalで終わるから、形容詞だな」


2. ------ he was angry.

(A) Understand
(B) Understandable
(C) Understandably
(D) Understandability

「主語(S)のheより前にある。
 ということは、文の構造に無関係な副詞しか置けない。
 意味はわからないが、CのUnderstandablyはlyで終わるから、副詞だな」


3. She talked about ------.

(A) passion
(B) passionate
(C) passionately
(D) passionless

「前置詞aboutの後ろが空いている。前置詞は必ず名詞とセットで使わなけれ
 ばいけないから、名詞が答えだな。
 意味はわからないが、Aのpassionはsionで終わるから、名詞だな」

と簡単に解ける問題なんです。

※:TOEICでは品詞は超頻出問題。「文型」と合わせると、
  「品詞・文型」問題は、英文法問題の半分近くを占める。


それに、先ほどお話したように、一番の基礎ですべてにかかわってきますから、
品詞がわからないまま突き進んでしまうと、将来壁に当たる可能性が高いです。



■初心者、英文法が苦手な中級者は「品詞」から!


以上が今回のお話になります。

「品詞」は英語学習をする際に非常に大切な知識。
英文法は何をやるにしても品詞の知識が必要になります。

初心者の方は、将来壁に当たらないためにも、
ぜひ今から、しっかりと品詞を理解するようにしておいてください。

中級者の方でも、英文法で壁に当たっている方は品詞を見直してみてください。

「英文法は解説を読んでも言っている意味がわからない」

という場合は、品詞の理解欠如が原因である可能性が高いです。


品詞は本当に重要です。

私自身、昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。
先ほどお話したように、学校や教材では、品詞を説明されることは少ないですか
ら、「品詞がわからないことが原因」ともわかりませんでした。

しかし、品詞からやり直したら、どんどん英語が得意になり、
TOEIC 990(満点)、英検1級を取るまでに至りました。

また、今まで、15,400名以上の方に英語指導させていただいた経験からも、
「品詞が重要である」という点は自信を持って言えます。


初心者の方で、品詞をはじめとして、英語の基礎から学びたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日15日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。
無料サンプル、ご質問と回答の例も掲載しております↑。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも、皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

我が家では、日曜日の夕方は「ちびまるこちゃん→サザエさん」を見ます。

あれを見ると、「あー、日本の家族だなぁ」となんともほのぼのとした気分に
なります。

両方とも、現代風にリメークせずに、昭和のまま描いているのが好きです。

例えば、「携帯で連絡すれば良いのに」とか思うところが出て来ても、
絶対に携帯電話を登場させません。

ただ、「将来、子どもに説明するのが大変そうだな」とも時々思います(笑)
私や妻は昭和生まれなので、「昔はあぁだったんだよな」と普通に思います
が、1歳8カ月の息子からすれば不思議な光景かもしれません。

今は「バス!」「apple!」とか単語を言うだけですが、もう少ししゃべれるよう
になったら「ねぇ、なんでケータイつかわないの?」とか、いろいろ聞かれそう
です。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典