fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英語リスニングとリーディングの違い

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第396号 2012/03/28 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までアップ。
 その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」
 (受講生様、R.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「読むスピードが遅くて…」
「長い文、複雑な文を読むのが苦手…」

そんな方にオススメの、リーディング講座、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

の、第31期募集の締切が、明日29日(木)と迫ってまいりました。


学校では、日本語に訳して読むように習いますが、
あれって実は間違った方法なんです。

そもそも、なぜ、日本語に訳させるかというと、

「生徒が英語を理解しているかをチェックするため」

訳させて、その日本語が正しければ、「英語を理解しているな」と採点できる
わけです。


今は、採点されているわけではないのですから、
わざわざ日本語に訳して読む必要などないのです。


英語ができる人は、わざわざ「日本語ならどういう意味になるか?」
なんて考えていません。

英語は英語のままダイレクトに理解しています。

そして、将来的には、「日本語を読むように」返り読みすることなく、スーッと
読めるようになって行きます。


そのためには、

「日本語に訳して読む」
「先頭から、単語や熟語の意味をつなぎ合わせて読む」
「適当にスラッシュ等で区切って読む」

という方法ではダメなのです。


しっかりと構造を意識した、正しい読み方を身に付ける必要があります。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたが、
訳し読みなどはいくらやっても力がつかず。

しかし、正しい読み方を身につけてからは、一気に英語が上達し、
今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


その正しい読み方を身につけていただけるのが、リーディング講座

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

になります。


ネイティヴの音声もついておりますし、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が明日29日(木)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆リスニングとリーディングの違い
------------------------------------------------------------------------

今回はリスニングとリーディングのお話をいたします。

共通点もあるリスニングとリーディングですが、
1つ決定的に違う点があるんです。


■どちらも受動能力


「英語のスキル」は細かく分けるといろいろとあります。

語彙
英文法
リスニング
リーディング
発音
イントネーション
ライティング






しかし、大きく分けると、

1、リスニング
2、リーディング
3、スピーキング
4、ライティング

の4つにわけることができます。


語彙や英文法もそれぞれ英語のスキルですが、
これら単独で必要になるわけではありません。

例えば、語彙は必要ですが、
何のために必要か? と言えば、

「英語を理解するため」
「正しい英語を話せる、書けるようになるため」

です。

語彙自体は目的ではなく、あくまで必要な手段なのです。


そして、さらにこの4つのスキルをまとめると、

A、リスニングとリーディング
B、スピーキングとライティング

の2つにわけられます。


前者のAは、受動能力、「相手の英語を理解する能力」
後者のBは、能動能力、「自分で英文を作り出す能力」

ということになります。


そんな同じ受動能力のリスニングとリーディング。
同じ受動能力だけあり、似た点が多いです。

まず、最初に挙げられる共通点は、

「語彙と英文法ができていないとどうしようもない」

という点。


これはリスニングとリーディングに限った話ではないですが、
英語の一番のコアの基礎は、語彙と英文法。

この2つができていなければ、英語は何もできません。

知らない単語・熟語ばかりでは、全然理解できませんし、
単語・熟語を知っていたとしても、英文法ができていなければ複雑な文になると
意味が理解できなくなってしまいます。


例えば、以前、メルマガで扱った

Andrew Jones, the president of the company considered as one of the best
companies manufacturing televisions in this country, appeared on the news
program, saying that this year would be the most important year for his
company.

という英文だって、使われている単語・熟語をすべて知っていても、
文全体としての意味がわからない人は多いのです。

※:意味は、
 「この国でテレビを作っている最高の会社の1つと考えられている会社の社長
  であるアンドリュー・ジョーンズはニュース番組に出演し、今年は会社に
  とって最も重要な年となるだろうと話した」


The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

という一見簡単な文だって、

「男は非難した」

と意味を勘違いしてしまう人は多いです。
(正しくは、「ウソをついたと非難された男はずーっと真実を語っていた」
 男は非難した方ではなく、された方)


そして、もう1つ挙げられる共通点は、

「リスニングもリーディングも量が勝負」

ということ。


なんだかんだ言って、リスニングもリーディングも量が勝負です。

「どれだけ多くの英語を聞いたか?」
「どれだけ多くの英語を読んだか?」

これが重要です。



■共通しない点もある


しかし、共通点は多くても、やはりそこは別のスキル。

共通しない点も多くあります。

まず真っ先に挙げられるのが、

「リーディングは、語彙と英文法ができていればできるが、
 リスニングは英語の音を聞き取れないとダメ」

という点。


リーディングは単語・熟語の意味を知っていて、
英文法の知識がちゃんとあれば、その英文の意味はわかります。

例えば、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

という英文で、使われている単語をすべて知っていて、
「accusedは"非難した"ではなく、"非難された"」と見抜けるだけの英文法の知
識があれば、問題なく意味が取れます。


しかし、リスニングでは、語彙と英文法ができても、
その音が聞き取れなかったら終わりです。

例えば、accusedを聞き取れなかったら意味がわからなくなってしまいます。


いくら「語彙と英文法は自信がある。読めば簡単にわかるのに!」と嘆いても、
英語の音を聞き取る能力が低ければリスニングはできません。

語彙と英文法に加えて、別途「音を聞き取る能力」を高めないといけません。


そして、もう1つ見落とされ勝ちな共通点があります。

それは、

「リスニングは学習法を間違えることは少ないけど、
 リーディングは学習法を間違えることが多い」

ということ。

意外と、リーディングのやり方を間違ってやってしまっている方は多いのです。



■リーディングの学習法を間違える理由


なぜ、このようなことが起こるかと言うと理由は2つあります。

1つ目は、

「リスニングは学校ではやらないけど、リーディングは学校でやる」

という点。


最近は、センター試験にリスニングが導入されるなど、傾向は変わって来ている
と思いますが、従来、日本の英語学習は、

「リーディングは一杯やるけど、リスニングはほとんどやらない」

という方針でした。


ということは、ほとんどの人は、高校を卒業した時点では、

「リスニングは学校でやらなかったから、やり方がわからない。
 リーディングは学校でやったから、学校で習ったやり方をそのままやる」

ということになります。


しかし、残念ながら、学校で習う、

「日本語に訳して読む」

というやり方は間違いです。


英語と日本語では語順が違いますから、
1文1文キッチリと日本語に訳していたのでは、ムダな時間と労力を使ってしまい
ます。

そもそも、英語ができる人はわざわざ日本語に訳してません。
英語は英語のまま読んでいます。

初心者の方の場合、いきなりそれはむずかしいので、
最初は日本語に頼らざるを得ませんが、それでも、

I think this project is going to succeed.
「私は思う、この計画は成功する」

のように、日本語に訳すにしても、英語の語順で読むべきです。
(「私はこの計画は成功すると思う」と綺麗な日本語にするのではなく)


また、多くの人が行う、

「先頭から意味をつなげて読む」

という方法も間違い。


I think this project is going to succeed.のような簡単な文ならそれでも
読めますが、意味だけに注目して、ただそれをつなげるだけでは、

Andrew Jones, the president of the company considered as one of the best
companies manufacturing televisions in this country, appeared on the news
program, saying that this year would be the most important year for his
company.

のような英文は読めません。


リーディングの学習法を間違ってしまう理由の2つ目は、

「リーディングは自分のペースで読めてしまう」

ということが挙げられます。


リスニングは、他人がしゃべっているスピードに合わせなければいけません。

直接目の前でしゃべっている人になら、「もうちょっとゆっくり」と言うこと
もできますが、それも限度がありますし、
(あまりに「ゆっくり」と言うと、相手も気を悪くします)

CDとかの音声であれば、ゆっくりできるはずもありません。

一方、リーディングは自分のペースで読むことができます。


つまり、リスニングはスピードに対応しなければいけないので、
「日本語に綺麗に1文1文訳す」というような、間違った方法を取りようがない
のです。

いやでも、スピードについていかなければなりませんから、

「英語の順番で、日本語に訳すことなく英語のままで理解すること」を強制
させられるのです。


それに対して、リーディングは自分の好きなようにできますから、
1文1文綺麗に日本語に訳してしまったりという間違いをしてしまう可能性がある
のです。



■量が重要だけど、やり方も気をつけて


以上が今回のお話になります。

リーディングもリスニングと同様、「量」が大切です。
ただ、そうは言っても、やり方も間違えやすいのです。

・1文1文綺麗に日本語に訳している
・文の構造を意識せず、意味をつなげて読んでいる

こんな方はぜひ注意して、正しい読み方を身につけてください。


正しい読み方を身につけたい方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

がお役に立てれば幸いです。

ちょうど、締切が明日29日(木)と迫っておりますので、
検討中の方はお急ぎください。

無料サンプル、ご質問と回答の例も掲載しております。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも、皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

私のオフィスは横浜の中心部にあります。

横浜の中心部は駐車場代が高く、1時間で600円なんていうのは普通。
中には800円のところも。
(もっと高いところもあるかもしれません)

そんな値段なので、メーター式の路上駐車、「1時間300円」の駐車場はとても
重宝します。

普通の駐車場はその場所の需要と供給で値段が決まりますが、
メーター式の路上駐車は全国一律。
(もしかしたらそうじゃないのかもしれませんが、
 それ以外の料金を見たことがありません)

横浜の中心部で、1時間300円はすごく安いです。

ただ、あのメーターっていろいろと不思議なことがあります。

まず、なぜか1時間までしか停められないこと。
「2時間停めるから600円」なんてことはできず、1時間したら出て行かないと
いけません。

どうしても2時間停めたいのなら、わざわざ停め直さないといけません。
あと、料金も「駐車料金」ではなく、なぜか「手数料」なんですよね。

そして、一番不思議なのが、時間が限られていること。
確か、「午前8時から午後8時まで」のはずです。

なぜ、それ以外の時間が利用できないのかはよくわかりません。

確かに「午後8時から午前8時」は利用者が少なそうですが、
何も閉鎖しちゃうことはない気もします。

どうやら、警察が運営していることでこういった不思議なことが起きているよう
なのですが、民間の考え方からすると何とも不思議です。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典