TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




make stuff happen 自分から行動を起こす

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第881号 2012/06/25 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までアップ。
 その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」
 (受講生様、R.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「長い文、複雑な文を読むのが苦手…」という方にオススメの人気講座

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

では、現在第35期生を募集しておりますが、
その締切が、今週木曜28日と迫ってまいりました。


「日本人は、リーディングは学校でやってるのに、あまり得意ではない」
と言われています。

それは、学校で習う「日本語に訳して読む読み方」が様々な欠点があるから。


その解決法として、

「先頭から意味をつなげて読む方法」や「スラッシュ読み」

というものが、提唱されています。


しかし、これらも、根本的な解決方法ではないのです。

先頭から意味をつなげて読むだけでは、構造を無視しているので、
短い文や単純な文は読めても、長い文や複雑な文は読めないのです。

「単語や熟語の意味は知っているのに、文全体を読むのに苦労する」

という経験は多いはずです。


スラッシュ読みも同様に、根本的な解決方法ではありません。

スラッシュ読みとは、

The man / accused of lying / has been telling / the truth / for the
whole time, / which / led to / the public sentiment / that the accusers
/should have apologized.

のように、適宜区切って読む方法です。

「一息つくところにスラッシュを入れる」「ある程度のまとまりで入れる」

というように思っている方が多いですが、何もスラッシュは適当に入れて読めば
いいものではないのです。

例えば、

The man accused / of lying

なんて入れ方は間違っており、

本来「男は非難された」という意味なのに、
「男は非難した」というように、勘違いする恐れがあります。

読みやすいようにスラッシュを入れるには、かなりの英語の力が必要。

そして、そもそも、それだけの力がある人は、スラッシュがなくても読めます。


そうではなく、正しい読み方を身につけていただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

になります。

ネイティヴの音声付きですし、
わからないところは、制作者の私に直接メールでご質問いただけます。

締切が今週木曜28日と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。
詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード11)
------------------------------------------------------------------------

レイチェルとモニカのアパート。

レイチェルは今の仕事がイヤで仕方がなく、ファッション関係の仕事に転職した
がっている。

モニカが働いているレストランで食事をしていたら、隣の男、マークがたまたま
ファッション関係の仕事があるから電話すると言う。

レイチェルは「マークは良い人なの」と信じているが、彼氏のロスは見知らぬ男
が親切にするなんておかしいと疑っている。

以下はレイチェル、モニカ、ロスがくつろいでいる場面。
レイチェルはまだマークが電話して来ていないことにがっかりしている。

ロスは内心、うれしがっていて、喜んでいる所にモニカが一言。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2012/06/_yeah_right.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

モニカ: Wait a minute. Why don't you just call Mark? (Ross looks up,
    Rachel looks at Monica) I mean, who says you have to sit here
    and wait for him? You've got to (slapping her hands together
    for emphasis) make stuff happen! (Rachel starts to get up)

ロス: (pushes Rachel back down) Yeah, but, y- you don't want to seem
   too pushy.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



モニカ:ちょっと待って。レイチェルからマークに電話したら?(ロスは見上
    げ、レイチェルはモニカは見る)その、座って彼を待ってなきゃいけな
    いって誰が言ったのよ? 自分から(強調するため手を叩く)行動を起
    こさなきゃ! (レイチェルは立ち上がり始める)

ロス:(レイチェルを座らせる)あぁ、でも、押しが強いと思われちゃうよ。




────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■who says モニカ

直訳すると「誰が言う?」という意味ですが、
これは、合理的な理由がなくためらっている人に対して、

「~しちゃいけないって誰が決めたんだよ」

というように、積極的な行動を促す表現です。


レイチェルはマークからの連絡を待っているのですが、
なかなか連絡が来ません。

そこで、モニカは、レイチェルの方から電話したら? と提案した後、

「座って彼を待ってなきゃいけないって誰が言ったのよ?」

who says you have to sit here and wait for him?

と言っています。



■make stuff happen モニカ

英語的な表現で、日本語にするのはむずかしいのですが、

「成り行きを見ているのではなく、
 自分から行動を起こして、何かを実現させる」

という意味の表現になります。

モニカは、自分から電話しないレイチェルに対して、

「自分から行動を起こさなきゃ!」

You've got to make stuff happen!

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

モニカはここでhave got toという表現を使っていますが、
これもまたよく使われる表現です。

基本的にはhave to「~しなければならない」と同じ意味です。

ただ、ネイティヴはhaveをhave gotという完了形に言い替えることが多いので
す。

例えば、

I have two books.
「私は2冊本を持っている」

は、

I have got two books.

と言ったりします。

have toでもその現象が起き、よくhave got toと言います。


この「have→have got」の言い換えですが、
形は「have got」は現在完了形ですが、意味はhaveと同じで現在形です。



■pushy ロス

これまた日本語にはなかなかない表現なのですが、

「結果を求めるあまり、強引になる、無礼なことをする」

という意味になります。

モニカは連絡を待つのではなく、レイチェルからマークに電話をすべきだと言い
ます。

しかし、それに対してロスは、

「でも、押しが強いと思われちゃうよ」

y- you don't want to seem too pushy.

と言っています。


★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

この前、池上彰さんの番組でやっていて驚いたんですが、
今って、「氷河期」なんですね!

氷河期っていうと、私の中では、恐竜が絶滅したりするほどすごく寒くて、
日本がアジアの大陸とつながってしまうぐらい海面が下がるイメージだったので
すが、

「氷河が存在する時期」

を氷河期と呼ぶそうです。

今は氷河期の中では暖かい方らしいのですが、それでも氷河が存在するので、
やはり氷河期だそうです。

「氷河が溶けて大変だ」とかニュースになっていますが、地球は氷河がない時期
が今までもよくあったそうなのです。

しかし、今で氷河期って言うんなら、氷河期じゃない時期はどれだけ暑いんで
しょう?

イラクとかは夏は今でも50度とか記録したりしますが、
氷河期じゃない時期なら、60度とか、もしかして100度とか行ってしまうのかも
しれませんね。

そう考えると、赤道周辺には住めなくなってしまう気がします。
逆に、シベリアや南極あたりが快適だったりするのでしょうか。

今では想像しづらいですが、地球の長い歴史の間ではそういった時期があるの
かもしれませんね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times