fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英語学習、自分で勝手にむずかしくしてませんか?

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第414号 2012/08/08 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までアップ。
 その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」
 (受講生様、R.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「読むスピードが遅くて…」
「長い文、複雑な文を読むのが苦手…」

そんな方にオススメの、リーディング講座、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

の、第37期募集の締切が、明日9日(木)と迫ってまいりました。


学校では、日本語に訳して読むように習いますが、
あれって実は間違った方法なんです。

そもそも、なぜ、日本語に訳させるかというと、

「生徒が英語を理解しているかをチェックするため」

訳させて、その日本語が正しければ、「英語を理解しているな」と採点できる
わけです。


今は、採点されているわけではないのですから、
わざわざ日本語に訳して読む必要などないのです。


英語ができる人は、わざわざ「日本語ならどういう意味になるか?」
なんて考えていません。

英語は英語のままダイレクトに理解しています。

そして、将来的には、「日本語を読むように」返り読みすることなく、スーッと
読めるようになって行きます。


そのためには、

「日本語に訳して読む」
「先頭から、単語や熟語の意味をつなぎ合わせて読む」
「適当にスラッシュ等で区切って読む」

という方法ではダメなのです。


しっかりと構造を意識した、正しい読み方を身に付ける必要があります。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたが、
訳し読みなどはいくらやっても力がつかず。

しかし、正しい読み方を身につけてからは、一気に英語が上達し、
今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


その正しい読み方を身につけていただけるのが、リーディング講座

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

になります。


ネイティヴの音声もついておりますし、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が明日9日(木)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英語学習、自分で勝手にむずかしくしてませんか?
------------------------------------------------------------------------

今回は「英語学習で無意味にハードルを上げてむずかしくしまっている例」を
お話いたします。


■まずは普通に読めるようになること


これは以前お話しさせていただいたことがありますが、
TOEICのリーディングセクションで時間が足りないがために、

「もっと速く読めるようにならなきゃ!」と思って、

「重要な所だけ読む、飛ばし読みを身につけよう」
「問題で問われているところだけ、飛ばし読みを身につけよう」

というように、

「飛ばし読み」

を身につけようとする方が多くいらっしゃいます。


しかし、私はこれはオススメできません。

TOEICが時間内に終わらないと言うことは、

「飛ばし読みとか高度なテクニックどうこう以前に、
 普通に読むと言うことができていない」

ということを意味します。


私はTOEIC 990(満点)を持っていますが、
飛ばし読みとかはしていません。

「普通に英語を読んで、問題に答える」

という答え方でパート7、リーディング問題は答えています。


TOEICというのは、何も特別な読み方をしなくても、
「普通に読む」だけで終えられる試験なのです。

5問とかそのぐらいなら話は別ですが、
10問も、20問も問題が残ってしまうのは、

「普通に読めていない」

ということを意味します。


普通に読むことすらできていないのに、
それよりさらに高度な「飛ばし読み」を身につけようとするのは、かなり難易度
が高いことと言えます。


日本語で考えてみればよくわかります。

仕事で大量の文書を読む等、飛ばし読みを駆使できる人も多いですが、
普通の日本人が日本語を読む場合でも、そんな飛ばし読みはできない人も多い
です。

私もできません。

「普通に読む」という方法でしか私は日本語は読めません。


そこで、仮に日本語を学んでいるアメリカ人の友人がいるとして、
その友人が、

「新聞を読むのが遅いから、飛ばし読みを身につけたいんだ」

と言って来たらどう答えるでしょうか?


私なら、

「いや、それ以前に、君は普通に読むことができていないじゃないか。
 飛ばし読みなんか僕でもできないよ。
 まずは普通に読むことから身につけようよ」

と答えます。

それと同様に、英語でもまずは「普通に読む」能力を身に付けるべきです。



■日本人は漢字が完璧に書ける?


このように、「無用なことでハードルを上げて苦労してしまっている」ケースは
よく見られます。

その代表的とも言えるのが、英語の「スペルを覚えようとすること」です。


英語学習においては、「単語の意味を覚える」という作業が欠かせません。

知らない単語ばかりではどうしようもありませんから、
まずは基本的な単語帳を1冊用意して、そこに記載されている単語を覚えます。


これは人にもよるのですが、ここで、

「意味だけでなく、スペルもきっちり書けるようになろう」

とする人がけっこういます。

意味を覚えるだけじゃなく、
紙に何回も書いて、ちゃんと書けるようにしようとするわけです。


しかし、私としてはこれはオススメできません。

というのも、スペルを覚える必要性は現代においては薄く、
それよりも大切なことを優先させるべきだからです。


突然質問ですが、日本人は新聞で読む漢字をみんな正しく書けるでしょうか?

「自分は書ける」という人はいるかもしれません。

ただ、平均的な日本人がそれができるかというと、
それはそうとは言えませんよね?


例えば、「携帯電話」という漢字。

しょっちゅう使う言葉なので、100人いたら100人読むことができると思います。

しかし、書けるか?となると話は別です。

100人中何人書けるかはわかりません。ただ、100人全員ではないのは間違いあり
ません。むしろ、実際のところ50人や60人ぐらいかもしれません。


この例に限らず、日本人が母国語とする日本語であっても、
「書く」となると、漢字が書けないのはよくあることです。

では、日常生活で困るか? というと困らないのです。

パソコンや携帯電話が発達した現代では、
自分で書く機会は急激に減っています。

仮に書かなければいけないとしても、携帯電話などですぐに調べられます。


もちろん、

「教養として知っていた方が良い」
「日本人なのだから書けるようになるべきだ」

という人はいます。

しかし、それを実行に移して、大人が漢字の書き取り練習をする例は、
ほぼ皆無と言えるでしょう。


英語のスペルもそれと同様なんです。

「ネイティヴだったら完璧に書ける」とよく誤解されますが、
そんなことは決してありません。

私は、今までに何十人とネイティヴに会って来ていますが、
ネイティヴのスペルの正確性は、日本人の漢字の正確性と同じです。

よく使う単語であっても、間違うことはよくあります。


そう考えると、

「単語帳を使って基礎的な単語の意味を覚える」という段階で、
スペルまで覚えようとするのは、非効率な作業と言えます。

当たり前の話ですが、意味だけ覚えるより、スペルまで覚えよう方がずっと
大変です。


仮に3倍の時間がかかるのなら、

「1つの単語の意味+スペルを覚える」間に、意味だけに専念すれば、

「3つの単語の意味を覚える」ことができるのです。


A、「携帯電話」「建造物」「交通機関」の3つとも意味がわかるけど、
  どれも漢字を正しく書けない人。

B、「携帯電話」だけは意味もわかるし、漢字も正しく書ける。
  でも、「建造物」「交通機関」の意味が分からない人。

どちらが日常生活で困らない人でしょうか?

間違いなくAさんですよね。


「教養としてスペルが書けないのはかっこわるい」

それはわかります。


ただ、それよりも大切なことがあるのですから、
そちらを優先すべきではないでしょうか。

まずは、意味だけに専念して、

「英語を読んだり、聞いたりして理解できるようになる」

この力をさっさと身につけてしまった方が、よっぽど役に立ちます。



■「正しい読み方」を


今回お話しさせていただいた、2つの例が示すように、

「普通に読めるようになる」

この課題をクリアするために、多くの人は、余計な課題を増やして、
ハードルを上げてしまっています。


よくお話させていただく、「日本語に訳そうとする」というのもその例です。
初心者の頃は、英語のままではわかりませんから仕方がありません。

ただ、徐々にレベルに上がって行けば、
わざわざ1文1文、綺麗な日本語に訳さなくても意味はわかるようになって来
ます。

それなのに、

「I think that he is a great man.のgreatは、"素晴らしい"と訳すべきか、
 "偉大な"と訳すべきか」

と日本語の勉強を始めてしまうのは時間のムダになります。

初心者の方は仕方がありませんが、中級者以上であれば、greatの意味は
日本語に訳さなくても、なんとなくイメージがあるはずです。

英語がわかる人は、わざわざ日本語に訳して考えていません。

英語のままわかるのなら、それがベストなのです。

わざわざハードルを上げて、

「英語がわかる+綺麗に日本語に訳せる」

と課題を増やす必要はありません。


まずは、

「普通に英語が読めるようになる」

シンプルにこれを目指すべきです。


以上が今回のお話になります。

正しい読み方を身につけたい方、リーディング力をつけたい方は、冒頭でお話
させていただいた、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

がお役に立てれば幸いです。

ちょうど締切が明日9日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

ちょうど1週間後は8月15日ですね。

8月15日と言えば、夏休みの中心日ですから、
「来週は夏休み」という方が多いと思います。

今年は、「土曜日の祝日(振替にならない)」が4日もあるので、
休みが少ない年と言われていますが、夏休みは今年は長い方が多いようです。

「夏休みは8月15日前後」という方が多いですが、
その8月15日は水曜日。前後、2日ずつ休みとすると、月~金曜日が休み。

すると、前後の土日とつながって、「8月11日(土)~19日(日)が休み」とい
う方が多く、9連休になるというわけです。

去年、震災の影響があって落ち込んでいた反動もあり、
今年は、旅行する人が多いようですね。

皆さんの中にもご旅行される方が多いと思います。

ぜひ、良い夏休みを楽しんできてくださいね。


本メルマガも来週の15日(水)はお休みさせていただき、
次回は8月22日(水)とさせていただきますので、よろしくお願いします。


それでは、皆様、良い夏休みをお過ごしください。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典