fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




TOEIC英文法問題ができると2倍の効果

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第416号 2012/08/29 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」

7,200名以上の方が受講されている、大好評の

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

ですが、第97期生募集の締切が明日8月30日(木)と迫ってまいりました。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


メルマガで、TOEICや英会話等、目標に関係なく、英文法の必要性をお話させて
いただいておりますが、

リスニング、リーディングで、

「全部知っている単語なのに文全体として意味が分からない。」
「スピードが速すぎて着いて行けない。」
「読むスピードが遅くて、時間内に終らない。」

なんてことをなくし、力を発揮するためには、

「文の構造から、それぞれの単語がどんな役割を果たし、どんな意味をもたらし
 ているのかを理解する。」

「英語のまま理解できるようになり、スピードに対応できる。」

「英文を真っすぐに帰り読みせず、日本語訳に頼らずに読む。」

ための能力、「使える英文法」が必要なんです。


「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

では、「品詞」という一番の基礎から英文法を学んでいただけます。

「問題が解ければいい。」

ではなく、「英会話やリスニング、リーディングでも使える英文法」を目指すス
タイルです。


分からない部分がありましても、制作者である私に直接メールでご質問していた
だけます。(こちらのサポート制度が大変好評です)

英語学習を一緒に頑張って行きましょう!
↓無料サンプル、ご質問と回答の例も記載しております。
締切は明日8月30日(木)の24時になります!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆TOEIC英文法問題ができると2倍の効果
------------------------------------------------------------------------

今回は英文法問題。
特にTOEICにおける英文法問題のお話をいたします。


■TOEICのリーディングセクションは時間がない


TOEICを受けたことがある方なら実感していると思いますが、
TOEICのリーディングセクションはとにかく時間がありません。

75分で100問を解かなければいけないのですが、
ほとんどの人は解き終わらずに時間切れになります。

ほとんどの人は最後の数問、十数問は適当にマークして終わります。



■英文法問題の特徴


パート7、長文問題をやっている間に時間切れになる人がほとんどであるため、

「あー、自分は長文を読むのが遅い、リーディングのスピードが遅い」

と勘違いしてしまう人が多いのですが、
実はほとんどの人の場合、原因は、

「パート5、6に多くの時間をかけすぎる」

という点にあります。


リーディングセクションの制限時間75分と言うのは、
パート5、6、7で共通のものです。

こう言われると当たり前かもしれませんが、
意外とこれに気づいていない人が多いのです。

パート5、6に時間をかければ、
それだけパート7の時間が少なくなります。

そうすると、いくらパート7をがんばっても、時間内終わらないのです。


従って、やるべきはパート5、6の対策。

実は「パート5、6を対策して、速く解き終えること」が、
最高のパート7対策なのです。


パート5、6の問題と言えば、語彙と英文法の問題。

語彙と英文法の問題がほぼ半分ずつ出題されます。


そして、よっぽどバランスが悪い人でない限り、
(よっぽど語彙が弱くて、よっぽど英文法が強い人じゃない限り)
対策すべきなのは英文法の方です。


なぜかと言うと、英文法の問題には、

「解ける人は一瞬で解けてしまう」

という特徴があるからです。



■語彙と英文法の問題の比較


例えば、下記の問題。

1. It was such a ------ story that no one wanted to talk about it.

(A) controverse
(B) controversy
(C) controversial
(D) controversially


英文法が分かっている人なら、ほんの数秒で、Cが答えだとわかります。

全文見なくても、

「a ------ story」

せいぜい、

「such a ------ story that」

だけ見れば、英文法が分かっている人なら、

「ここには形容詞が入る」

とわかります。


そして、選択肢を見ると、

「単語の形からして、意味はわからなくても、形容詞はCのcontrovesialだけ」

だとわかります。


※:メルマガではよくお話させていただきますが、英文法の問題は、選択肢の
  単語の意味を知らなくても解ける問題ばかり。

  逆に、意味を知っていても、英文法がわからなければ、例えば今回のケース
  だと、「形容詞が入る」とわからなければ意味で考えても解けません。

  「選択肢の単語が知らない単語ばかりで解けない。語彙不足だ」と勘違い
  する人が多いですが、真の原因は英文法の力不足です。


このように、英文法には「わかっている人ならすぐに解ける」という特性が
あるのです。


一方、語彙問題はそうは行きません。

例えば、以下の問題。

2. It was such a ------ story that no one wanted to talk about it.

(A) courageous
(B) correct
(C) controversial
(D) comfortable

だったら、「一瞬で解く」というのはちょっと厳しいです。

この問題は語彙問題。


※:英文法問題は選択肢の品詞が違う単語ばかり。
  例えば、先ほどの問題は、A~Dまですべて違う品詞。

  語彙問題は選択肢の品詞が同じ単語ばかり。
  例えば上記の問題は、A~Dまですべて形容詞。


語彙問題は、英文法問題と違い、基本的に全文読まないと解けません。

そして、

「"誰も話したくない話"なのだから、悪い話なのだろう。
 選択肢を見ると、A"勇敢な"、B"正しい"、C"議論を呼ぶ"、D"心地よい"で、
 悪い意味はCだけだな。ってことはCが答えだ」

と、じっくりと考えないとわかりません。


「全文を読まないといけない」、「じっくり考えないと解けない」とは言って
も、基本的には30秒以内で解くべき問題で、せいぜいかけても40秒です。

とは言え、英文法の問題のように、「数秒で解く」というのは語彙問題において
はなかなかむずかしいものがあります。


1. It was such a ------ story that no one wanted to talk about it.

(A) controverse
(B) controversy
(C) controversial
(D) controversially

2. It was such a ------ story that no one wanted to talk about it.

(A) courageous
(B) correct
(C) controversial
(D) comfortable

この2つは一見するとそっくりですが、
実はまったく違う問題なのです。



■英文法問題は「一度で二度美味しい」


語彙問題の場合、対策をしても、

「問題が解けるようになる」

という効果しかありません。


「解けるようになる」とは言っても、速く解けるようにはならないので、
時間の節約にはなりません。


ところが、英文法問題の場合、対策をすれば、

「問題が解けるようになる」

という効果にプラスして、

「速く解けるようになるから、ほかの問題に回す時間が増える」

という2つ目の効果があるのです。


パート5、6で、語彙と英文法のうち、英文法の方を優先して対策すべきと
言ったのはこれが理由です。

英文法問題が速く解けるようになれば、
パート5、6のスコアアップはもちろん、

「パート7に回せる時間が増える」

という効果も見込めるのです。

そして、パート7は時間をかけて考えれば解ける問題が多いのです。

また、英文法はリーディングにも欠かせませんから、
間接的ながら、「リーディング力アップ」にもつながります。

実は一石二鳥どころか、一石三鳥かもしれません。


以上が今回のお話になります。

TOEICのリーディングセクション対策には、ぜひ英文法強化がオススメです。

TOEICに限らず、英文法を感覚や暗記ではなく、理解するスタイルで学びたい
方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

がお役に立てれば幸いです。

ちょうど締切が明日30日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

日本で大きな休みは3つあります。

1、年末年始
2、ゴールデンウィーク
3、夏休み

の3つ。

ただ、中華街の友人も言っていましたが、夏休みだけはほかの2つと違う点
があります。

それは、人によって休みがバラバラという点。

例えば、ゴールデンウィークは基本的にみんな同じ時期に取ります。
「ゴールデンウィーク休みを5月末に取る」という人は普通はいません。

ただ、夏休みはけっこうバラバラ。

「15日前後」というのが一般的ではありますが、
それ以外の時期の人もけっこう多いです。

例えば、友人の1人は毎年8月の第1週が夏休み。
15日前後は普通に仕事をしています。


そのためか、私の住んでいる横浜の中心部は夏休みがすごく長く感じます。

というのも、7月の後半から8月下旬にかけては、
いつも賑わっているからです。

冷静に考えれば、
Aさんは8月第1週が休み。
Bさんは8月第2週が休み。
Cさんは8月第3週が休み



というように、1人1人見れば、夏休みは長くないのでしょうが、
そこら辺を歩いている知らない人だと、AさんもBさんも、
「一般人」という同じくくりで見てしまいます。

なので、

「いやぁ、みんな夏休み長いよなぁ」

と錯覚してしまいます。


ただ、中華街の友人も言っていましたが、観光地はこの方がありがたいんだ
そうです。

ゴールデンウィークや年末年始だと、みんな同じ時期に休みなので、
一時期だけものすごい忙しさ。でも、その前後はそれほど忙しくない。

トータルで見れば、それほど儲けが一杯出るわけでもない。


逆に、夏休みのようにばらけると、毎週そこそこ忙しいので、
トータルで見ると、けっこう儲けが出るそうです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典